マゾンビ

  

当ブログではSMの出会い体験談から調教プレイの楽しみ方を写真とともにゆる~く解説しています。

▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

クンニ調教を受けたいM男に贈る女王様へのご奉仕舐めペットになる為の道

M男の心得

クンニ調教

女王様へご奉仕するに当たってクンニはM男として基本のたしなみです。

このクンニのこそが地味ですがM男が女王様へのご奉仕としていちばん覚えておくべきテク。

女王様を気持ちよくなってもらうためにはどんなクンニをすればいいのか?
クンニをする時に必要な心構えとは?

M男として、舐め犬として、女王様と長期的な関係を築くためには日頃の努力を欠かしてはいけません。
いかに舌だけで女王様をイカせて差し上げられるか。

この記事ではクンニ調教を受け、ただのM男が一人前の舐め犬になるための方法を紹介します。

さらなるクンニテクを身に付けたいM男の方はぜひ読んでみてください!

ご奉仕クンニは女王様への忠誠の証!

女性のマンコを舌で舐めるという行為がクンニ。
正式名称はクンニリングスといいます。

舐めるということは味がするということで、クンニの際はこの愛液の味が苦手という人もいます。
いくらオマンコが好きでもちょっと抵抗があるという人も結構います。

しかしだからこそクンニという行為はその女性のことを心から思っていないとできないんです。

どれだけマンコを舐め回したところで自分の舌はこれといいて気持ちよくないですよね。
むしろずっとやっていると舌や顎が疲れてきます。
自分が気持ちよくなりたいだけならクンニははっきり言って必要ありません。

クンニをしたいと思う気持ちの強さはその女性を思う強さと言ってもいいと思います。

なのでM男はどれだけクンニが好きかでその女王様への愛と忠誠がわかります。

ダメなクンニってどんなクンニ?

まずは先にダメなクンニというものを知っておいた方がいいと思います。

それは

・ひたすら舐めているだけのクンニ
・短時間のクンニ
・同じ場所ばかり舐めるクンニ

こんな感じです。
どれも単調だったり愛がこもってなかったり、事務作業のようなクンニと言ってもいいかもしれません。
こういったやり方では女性は満足できません。
相手が女王様ならなおさらです。

思い当たるM男の方は今すぐに改善していきましょう!

基本的なクンニのやり方

まずは基本として押さえておくべきクンニのやり方!
ただ舐めるだけではなく細かいポイントが色々とあります。
まずはこれを覚えて他のM男と一味違うところを見せてあげましょう。

基本① たっぷり時間をかけたクンニ

クンニは事務的に行っていてはダメです。
時間をかけてたっぷり愛情を込めて舐めることがご奉仕クンニには最重要。
舐める時はちょっとしつこいぐらいに時間をかけて舐めるようにすれば愛情が伝わります。

クンニは自分は気持ちよくないので淡白になりがち。
クンニって一説によると女性はされたら嬉しいけど、男性はあまりしてくれないプレイのトップだそうです。
なのでまずはテクニック以前にしっかり時間をかけて舐める!これです。

基本② 舐める場所と反応を見る!

クンニは舐める舌先にばかり集中しがちですが、女性の反応もちゃんと確認しておきます。
反応がいいポイントとあまりよくないポイント、力加減による反応の違いなどがあります。
それを覚えておいて、反応のいいポイントの後は鈍いポイント、鈍いポイントから急にいいポイントに移動するなど緩急を付けると効果的!

舐め方もいきなりクリトリスやマンコの中心を舐めるのではなく、外から側から内側へ向かって舐めると女性は興奮します。
ちょっとした焦らし感がポイントです。
太ももの辺りや足の付け根ぐらいから始めてビラビラ、そしてクリトリスといった感じで少しづつ内部に近付いていくといい感じです。

基本③ 舐めるだけではなく「吸う」

フェラにもバキュームフェラという吸うタイプのフェラがあります。
クンニも舐めるに時々「吸う」を混ぜていくとバリエーションが豊かになって女性を飽きさせません。
吸うポイントは主にクリトリス。
ストローで吸うように強く吸い過ぎると痛みを感じてしまう場合があるので、優しく吸ってみましょう。

これも本当にその女性のことを慕ってしないとできない行為なのでおすすめです!

基本④ 音を立てて舐める

クンニする時はピチャピチャといやらしい音を立ててするとよりエロさを演出することができます。
音は脳に伝わって妄想を掻き立てます。
音をさせることで「こんなに美味しくあなたのマンコを味わっている」という愛情表現にもなります。
唾液をたっぷりと使うことはローション代わりになってマンコにも優しいので、どんどん音を出していきましょう!

基本⑤ 舌は先っぽだけではなく腹も使う

クンニは先っぽだけでチロチロ舐めていては刺激が単調になってしまいます。
また、舌先だけでは唾液の量が足りなくなってしまいがちです。
そのため、舌の腹の部分も少し使って舐めることで単調さを回避しつつ唾液をたっぷりと使うことができます。

この時あまり舌の真ん中の方を使うとザラザラして女性は気持ちよくないので、先っぽの

さらに優秀な舐め犬になるために!

舐め犬レベルをさらに上げるちょっとしたテクニックをご紹介。
クンニが上手になれば自信も付き、さらにその自信がクンニの舌遣いにも表れます。
舐め犬としてレベルアップしたいM男の方は次のような方法も使ってみてください!

舌で擬似挿入

マンコの中に舌を入れるというテクニックです。
舌なのでそこまで奥に入れることはできませんが、挿入すること自体は大事な目的ではないのでOK!
あくまでも大事なのは「挿入っぽさ」です。

やり方のポイントは舌をツンとさせて疑似チンポを作って挿入するような感じ。
基本の舐め方に時々織り交ぜるといい刺激になります。

クリトリスを剥いて舐める

これは女王様の許可次第ですがクリトリスを剥いて舐めるという方法もあります。
クリトリスってペニスの小さいバージョンみたいな物なので、勃起します。
それをしっかり剥いて露出を大きくすることで感度がアップします。

剥いたクリトリスはより敏感になっているので、舐める強さや舌の当てる位置に注意しましょう。

着衣の上から舐める

着衣の上から舐めるというクンニ方法もあります。
着衣の上からと直接では全然違った快感が味わえるので、どちらは上とは言えません。
オナニーでも着衣の上からするのと生でするのとでは感触が違いますよね。

クリトリスが着衣に擦れる快感って女性は結構好きなんです。

ミント系のタブレットを食べてからクンニ

クンニをする直前にミント系のタブレットを食べます。
その唾液を使ってクンニすると、ミントのスースー感がマンコにも伝わって刺激的なクンニをすることができます。

ちょっと飛び道具的なプレイですがお手軽で時々やるとアクセントにもなります。
女王様の許可が貰えればぜひやってみて下さい!