痛いの大好きなM男!ペニス拷問・睾丸責め・CBT調教について

M男の心得

M男なら性器を攻めまくられるCBT調教は好きでしょう。

CBT調教とはCock and Ball Tortureの略で、陰茎と睾丸に対する拷問調教のことです。

ペニス責め、玉責めなどともいいますね。

陰茎や睾丸を引っ張る、叩く、潰す、蹴るなど、道具を使ったりもして責めまくります。

通常なら痛みが上回り耐えられませんが、好きな人には苦痛すらも快感に昇華されます。

マゾ男なら、痛みの程度に差はあれど、性器をイタズラしてもらうのは大好物ですね。

とはいえ、CBT調教というとたいていハードな責めを指します。

ソフト嗜好の方にはあまり好まれません。

普通の手コキやフェラでの強制射精程度のソフトめな責めまででしょう。

なので、CBT調教がしたいという場合はハードSMのこととなります。

M性感やソフトSMで性器を気持ちよくしてほしい場合には使わないように気を付けましょうね。

CBT調教のやり方いろいろ

・下準備

調教をするときに痛みで手や足が動いてしまう時もあるので、手足は別に拘束しておくことが多いです。

マゾだから大丈夫と思っていても、反射的に動いてしまうこともあります。

うっかり女王様を殴ったり蹴ったりしないためにもおとなしく拘束されましょう。

・握る、潰す、挟む

竿や玉を手で握ったり、潰したりします。

手コキよりもっと強く握ります。

さらにハードになると道具や器具を使って挟んだり潰したりします。

潰す用の専用の道具もあります。

・拘束する

縄や紐で緊縛したり、専用の道具で拘束したりします。

拘束具は玉だけ、竿だけ、玉も竿も両方、ペニスと手を拘束する物など様々な物が市販されています。

様々な拘束具があるので、いろいろ試したくなります。

特にコックリングは有名です。

勃起時にさらに食い込むように中にトゲが付いているものもあります。

また勃起しないように拘束する道具もあります。

貞操帯が代表となりますね。

・引っ張る、伸ばす

ペニスを大きくしたい、肥大化させたい時などに引っ張ったり伸ばしたりして大きくしようとします。

おもりをつけて伸ばすこともあります。