【緊縛】縛られる側で出来る、危険回避の自己防衛

SMを楽しむための情報

SMプレイとはお互いの信頼関係によって成り立つもの。
縛られる側も、安全面に対してS側にすべて任せるのではなく、自らも事前の安全対策が求められます。
緊縛プレイは身体の自由が奪われる分、最も危険を伴うプレイの一つなので、
まだパートナーとなって日が浅い関係なら尚更自身がしっかりと安全に対しての意識を向けておきたいですね。
今回は、縛られる側の立場で出来る、緊縛プレイの事故防止・安全対策などまとめました。

危険信号の合図

SMプレイでの基本中の基本。これ以上は本当に危ない時の合図として必ずパートナーとの間で決めましょう。
特に緊縛プレイは両手足の自由が奪われる事もあるので、覚えやすい合図をいくつか用意しましょう。
危険を感じたとき、決めた合図がセリフを言う事なのに、猿轡をされていたら?
危険を感じたとき、決めた合図が手でサインを送る事なのに、後ろ手に縛られていたら?
危険を感じたとき、決めた合図が目で合図を送る事なのに、目隠しをされていたら?
あまり多くの合図を取り決めてしまうと覚えきれないので、
危険信号のサインを出せなくなるようなプレイは、最初からしない約束をしましょう。

緊縛プレイの前に出来る事

プレイが始まるとお互いに興奮状態となれば冷静な判断はし辛くもなります。
縛られる側が危険回避のために一番重要なことは、やはりプレイ前の入念な注意喚起や心構えの再確認が必要です。

緊縛, 緊縛・拘束プレイ

Posted by mazotown