実家暮らしでもできるドライオーガズム

SMを楽しむための情報

アナル好きのM男性なら誰もが一度は体感してみたいと憧れるドライオーガズム。実践するには時間をかけたアナルオナニーが必須ですが、実家暮らしだと家族の存在もあるだけに、気づかれたらどうしよう…となかなか踏み込めないのが実情です。
そんなアナルでドライオーガズムを感じてみたいのに、実家暮らしだからできないと悶々としているM男性のために今回は実家暮らしでもできるドライオーガズムについて、詳しく解説したいと思います。

実家暮らしでドライオーガズムを行うのに困る事

pn064_190830_001

まず、実家暮らしでドライオーガズムを行う際、どんな事に困るものなのでしょうか。具体的な例を挙げてみました。

声を出せない

普通のオナニーではさほど声は出ないかもしれませんが、ドライオーガズムに達した時は思わず声が漏れてしまうという人はとても多いのです。自分のエロい声が家族に聞かれてしまうのは、気まずい事この上ありません。そのため、声対策はしっかり行った方がいいでしょう。

道具の管理に気を遣う

学生の頃、ベッドの下に隠していたエロ本が学校から帰ってくると机の上に置かれていた。なんて経験をした男性は多いはずです。
学生時代のエロ本ならまだかわいいものですが、アナルで使う道具が見つかった時の恥ずかしさはエロ本のそれとは比べものになりません。下手をすると家族から変質者のレッテルを貼られてしまいかねないだけに、道具に関する危機感はしっかりともっておくべきです。

集中できない

ドライオーガズムは普通のオナニーに比べて集中力やリラックスが必要です。
もしかしたら今こうしている間に家族が部屋に入ってくるかもしれない、そんな状況の中では集中もリラックスもできませんよね。
それゆえに、実家でも集中してアナルオナニーできる状況を作り出す事が、ドライオーガズムに達する最大のポイントといえます。

ドライオーガズムまでの流れ

実家暮らしでもできるドライオーガズムの方法を紹介する前に、基本的なドライオーガズムまでの流れを簡単におさらいします。

排便して腸内をきれいにする

アナルを弄っている最中に便意を催してしまうと、集中力が欠けるので、ドライオーガズムの妨げとなります。
また、腸内をきれいにする事で、ウンコで周囲を汚す事もないのでウンコの臭いで家族に怪しまれる事ような事態を避ける事ができます。
それだけに、事前の排便と腸内洗浄はしっかり行うようにしましょう。

アナルマッサージを行いアナルをほぐす

ドライオーガズムを感じるには前立腺を開発しないといけない、という事で早速アナルの中に指や器具を挿入する人もいるかもしれませんが、アナルがほぐれていない状態で行うと、違和感の方が勝ってしまいます。
そこで、まずはアナル周辺のマッサージから行うようにしましょう。
アナルの入り口を撫で回しながらアナルをリラックスさせるようなイメージで、指が2本程度入るくらいまでほぐしていきます。最低でも2,30分行うのが望ましいでしょう。

前立腺を刺激してドライオーガズムを促す

アナルマッサージが終わったらいよいよ前立腺刺激です。
指や器具で前立腺を刺激しながらドライオーガズムを促します。前立腺を刺激したからといってすぐに体感できるわけではありません。何十分も時間をかけて刺激しながら開発していくものなので、焦らずじっくりと取り組みましょう。

実家暮らしでもできるドライオーガズムのやり方

それではいよいよ、実家暮らしでもできるドライオーガズムの方法を紹介します。

ステップその①:トイレでウンコをする

pn064_190830_002

まずはトイレでウンコを出しておきます。
この後、お風呂でさらに腸内をきれいにするので、浴室内でウンコの塊を出さないようにおなかがスッキリするまでしっかり出してしまいましょう。

ステップその②:お風呂で腸内洗浄を行う

pn064_190830_004

ウンコを出したらお風呂で腸内洗浄を行いましょう。
洗浄にはエネマシリンジのような専用の浣腸器を使う事も多いですが、このような道具を保管していて見つかるのが嫌な場合や、お風呂場に持ち込む際にも家族の目が気になる場合はシャワー浣腸がオススメです。
シャワーヘッドを取り外してアナルにあてがい、少しきばるような感じで肛門を広げた状態で腸内にぬるま湯を送り込みましょう。
中に入ったのを感じたら、ウンコを出す要領で腸内のぬるま湯を出します。
これを2,3回繰り返し出てくるぬるま湯が透明になったら完了です。
もし浣腸汁で汚してしまった場合でもシャワーで流してしまえば、証拠隠滅可能です。

ステップその③:お風呂でアナルマッサージをする

pn064_190830_003

腸内をきれいにしたらそのままアナルマッサージに移りましょう。
自室で行うでも構わないのですが、温かいお湯に浸かってからアナルをマッサージする事でより効果的にほぐせますし、プライベートな空間なので自分のペースで落ち着いてマッサージが可能です。
まずは、温かいお湯に浸かり体の力を抜きながら肛門周辺を愛撫します。湯船にリラックス効果のある入浴剤を入れてもいいでしょう。
体が温まってきたら、湯船から出てアナルに潤滑剤を塗って指を挿入してみましょう。潤滑剤にはローションやワセリンを使うのが一般的ですが、浴室に持って入るのが難しい場合は固形石けんを潤滑剤代わりに使っても構いません。
ただし、界面活性剤が入っているボディソープなどを使うのは腸内の粘膜が傷つくため厳禁です。
指が2本程度入るようになったらマッサージ完了です。

ステップ④:ドライオーガズムは自室で

pn064_190830_005

アナルマッサージが終わったら次はいよいよ自室で前立腺刺激を行います。
ベッドや布団に横たわり、指や器具を使って前立腺を刺激しましょう。指や器具に潤滑剤を塗り、アナルに挿入します。そして前立腺を探し当てたら刺激してみましょう。
基本的に前立腺刺激は時間こそかかるものの、あまり動きはないので、布団をかぶって行えば万が一家族が部屋に入ってきたとしてもバレる事はありません。
何か興奮する材料が欲しい場合はスマホなどにイヤホンをつけて動画を見ながらしてもいいでしょう。
また、アナル洗浄した際、腸内に水が残っていると出てくる事があるのでシーツを汚さないためにもバスタオルなどを敷いて行うと安心してドライオーガズムに臨めます。
そして、いよいよドライオーガズムが迫ってくる段階になると、声が出そうになる事があります。ここまで家族に知られずドライオーガズムに励んでいても、声が出てバレてしまうと全て台無しとなってしまいます。
もし声が出そうになったら、ハンカチなどを口に咥えて声が漏れないようにしましょう。

安心して実家でドライオーガズム生活を送るために

実家暮らしでもできるドライオーガズムの方法を紹介しましたが、それでもひょんな事から家族に知られないかと思うと、心からドライオーガズムを楽しめないですよね。そこで、さらに安心して実家でドライオーガズム生活を送るためにすべき事をまとめてみました。

道具には極力頼らない

実家暮らしで一番心配なのが隠している道具が見つかってしまわないかという事。
そこで、いっその事道具に頼らない方法で行うのも一つの選択肢です。
浣腸器を使わずに腸内洗浄をする、エネマグラのような器具は使わずに指で前立腺刺激をするなど、できるだけ実家に道具を置かなくても済むような工夫をしてみましょう。
ただし、潤滑剤だけは必要不可欠なので、医療品としても使うワセリンを用いたり、100均で売っている化粧ボトルに専用のローションを移し替えておくと、万が一家族に見つかっても怪しまれる事はありません。

お風呂場の鍵は必ず閉める

実家暮らしでドライオーガズムを行うにあたって、一番注意したい場所がお風呂場です。
本来ならリラックスできる場所なので、先に書いた通りアナルマッサージを行うのには適しているのですが、日常的にいきなりお風呂場のドアを開けられるような家庭もあるかもしれません。
もしアナルマッサージや腸内洗浄をしているところを開けられると致命的ですよね。こういった家庭でなくても、もしかしたら開けられるかもしれないと思うとリラックスして臨めません。
なので、お風呂場の鍵は必ず閉めるようにしましょう。

いかがだったでしょうか。実家だからドライオーガズムの開発までできないと諦めている人も少なくないと思いますが、今回紹介した方法なら安心して実行できると思います。
ドライオーガズムに興味のある実家暮らしの皆さんは是非試してみてください。

ドライオーガズム

Posted by mazotown