女王様とS男、相手を従順に仕立てるのはどちらが上手?

SMを楽しむための情報

女王様とS男性、どちらも調教で支配する立場の人間ですが、どちらがより従順に相手を躾けられるか?と考えた事がある人は少ないのではないでしょうか。

基本的にM男は女王様に、M女はS男性に調教を受けるものなので比較する必要はなく、気にも留めた事がないという人がほとんどだと思います。

しかし、今回あえて女王様とS男性はどちらがより相手を躾けるのが上手かという事を比較してみた結果、面白い事がわかったのです。

女王様は性的ロールプレイが得意、S男性はルーティンプレイが得意

pn064_200806_001

女王様やS男性には誰でも得意とする調教を一つは持っているものです。
もちろんその内容は人それぞれですが、相対的に見て、女王様の方が圧倒的に性的ロールプレイが得意、S男性はルーティンプレイが得意だという事がわかりました。

性的ロールプレイとは簡単に言うとなりきりプレイ、イメージプレイの事を指します。
代表的なものでいうと赤ちゃんプレイが一番思い浮かべやすいのではないでしょうか。その他にはナースや女医と男性M患者、女教師と男子生徒といったシチュエーションもよく見聞きすると思います。
女王様はこういった性的ロールプレイを得意とする人が多いといった特徴があるのです。

その理由として、

・女王様は想像力が豊か
・役になりきる事に抵抗がない

といった事が挙げられます。

人間の脳には右脳・左脳があり、それぞれに違った役割を果たしているというのは有名な話ですよね。
一般的に右脳は感覚的、直感的な能力が高く、左脳は論理的で分析力に優れていて、男性は左脳派、女性は右脳派が多いとされています。

性的ロールプレイでは想像力の豊かさが最も重要とされますが、この想像力を司るのは右脳の分野。
女性である女王様は右脳の働きが活発なだけに想像力豊かで、性的ロールプレイに向いているというわけです。

また、性的ロールプレイでは役になりきる事も大事なポイントです。S男性はこの“役になりきる”という事に抵抗を感じる人が多いようですが、女王様はノリノリで役に徹する人が多くいます。

なぜ女王様の方が役になりきる事に抵抗がないのか。これについても右脳の働きによるものと考えられます。
右脳は感性や感情を豊かに表現する能力にも長けており、何かの役を演じるという事に楽しみを見出す事ができます。
こういった事から、女王様は性的ロールプレイで抵抗なく役に徹する事ができるのです。

一方、S男性が得意とするルーティンプレイを分かりやすく言うと日課命令の事。

「毎朝必ず30分はオナニーをしなさい」
「寝る前には御主人様を思い浮かべてディルドに奉仕をしなさい」

といった毎日決まった行いを命令し、習慣化させるプレイです。

S男性がルーティンプレイが得意な理由としては、

・効率的に一定の成果をあげたい
・最小限の発想力で躾けるのが得意

といった点が挙げられるでしょう。

ルーティンプレイでは決まった命令を毎日実行させる事になりますが、同じ事を何度も反復させる事で確実にその行為を覚えさせ習慣化させる事が可能。
つまり、自分の思い通りに相手を従わせるという目的を効率的に達成する事ができます。

これは前述の右脳・左脳で言うと、左脳的思考です。
女性が右脳の働きが活発なのに対して、男性は左脳の働きが大きいと言われているだけに、S男性の方がルーティンプレイが得意というわけです。

また、左脳が活発なS男性は臨機応変な想像や発想をするのは苦手分野です。ルーティンプレイでは、基本的に同じ行為を繰り返し行なわせるので、最小限の発想で躾けができるという点もS男性に向いていると言えます。

女王様はご褒美に性器奉仕をさせる、S男性はご褒美にセックスをする

pn064_200806_002

SM調教において、飴と鞭は重要な要素。特に飴=ご褒美を与えられる事は、奴隷にとってこれからも女王様や御主人様に従順に従おうというモチベーションに繋がります。
そんなご褒美にも女王様とS男性で違いがあるのです。

まず、女王様はご褒美に性器奉仕をさせます。奉仕というと奴隷が身につけておくべき教養の一つであり、調教メニューのうちに含まれそうなイメージですが、実際は調教の最中に性器奉仕を取り入れる女王様は少ないもの。
というのも女王様の性器はとても神聖なものであり、おいそれとひけらかされるものではありません。
たとえ、奴隷に相応しい奉仕活動の一つだとしても、気軽に行なわせる事はしないのです。
なので、女王様が調教の中で命令をする奉仕というのはマッサージや身の回りのお世話というのが多いもの。
性器奉仕は、命令に従順に従った奴隷だけがご褒美に奉仕という形で触れさせてもらえるのです。

一方、S男性はというとご褒美にセックスを用いる事はごく一般的です。
というのもS男性にとって自分の性器というのは奴隷を支配するための道具という認識があります。
女王様の性器とは違って神格的な意味をもたないので、当たり前のように通常の奉仕の一環として性器奉仕もさせますし、快楽というご褒美を与えるために性器を使う事に特に疑問も抱かないのです。

ちなみに女王様はご褒美で奴隷とセックスする事はあるのか、についてですが本格的な女王様になればなる程、その確率は低いです。
先で伝えた通り、女王様の性器はとても神聖なもの。そこへM男の汚らしいペニスを挿入するなどもってのほかであり、それを許す女王様は少ないでしょう。
ただし、主従関係とまではいかないS女×M男カップルであればセックスも珍しい事ではありません。
また、女王様の代わりにご褒美としてM女とセックスをさせてもらえる事はあり得ます。

女王様はお仕置きに放置する、S男性はお仕置きに体罰を与える

pn064_200806_003

女王様とS男性が与えるご褒美には違いがあるというのはお伝えしました。実は同じようにお仕置き方法にも相違があったのです。

というのも、女王様はお仕置きで放置という方法を用います。
SMの世界では痛めつけるという行為も許される中、放置というと生ぬるいように思われるかもしれないですが、奴隷には意外と効果的です。
それは、マゾという生き物は被虐を与えられる事で歓びを感じられるからです。
そんなマゾにとって直接的な被虐は一切与えられず、ただ存在しないものとして長時間無視され放置される事は精神的苦痛の何物でもありません。
女王様はこうしたマゾの精神的思考を熟知しているため、お仕置きとして放置という方法を取り入れます。

とはいえ「お仕置きとして鞭百叩きよ!」なんてシチュエーションもよくありますよね。でもこれは、本当のお仕置きというよりも最初に紹介した性的ロールプレイに近いものだと言えます。肉体的なお仕置きは被虐が快感になるマゾにとっては喜ばしいもの。女王様にとってはあくまで“お仕置きプレイ”というロールプレイの一環でしかありません。
本当のお仕置きはやはり放置となるのです。

しかしS男性は体罰という方法でお仕置きを行ないます。
これは、S男性はマゾがどう感じるかというよりも自分がどうしたいか、という事に重きをおく傾向にあるからと言えるでしょう。
女王様に比べてS男性は攻撃性が高く、視覚的な刺激に興奮を覚える性質があります。肉体的陵辱はS男性にとって最高の享楽なのです。
ですが、ただ意味もなく相手を痛めつけるのは興がありません。そこで自分の嗜虐欲を満たす事を優先するためにお仕置きという名目で肉体的に痛めつけるというわけです。

言ってみれば、女王様は相手のためにお仕置きを与え、S男性は自分のためにお仕置きを与える、という違いがあるのです。

女王様は身内に見せつける、S男性は不特定多数に見せつける

pn064_200806_004

SM調教の中には時には第三者が参加するようなシチュエーションもあります。
例えば、SMショーや露出調教がその代表と言えるでしょうか。
そういった第三者が参加するようなシチュエーションにおいての女王様・S男性間での大きな違いは身内に見せつけるか、不特定多数に見せつけるかという点です。

女王様はあまり不特定多数の人に奴隷の痴態を見せつけるような事はしません。多くは自分の知り合いである身内の前での公開調教を行ないます。もしくは不特定多数であっても、SMバーのようなSMに理解のある人々が集まる場で行なうのが主流です。

それに対してS男性は不特定多数の人に痴態を見せたいと考える傾向にあります。
これは全く無関係の第三者に見られる可能性のある露出調教を行なう女王様は極端に少ないのに比べ、露出調教を好むS男性は多い事からもわかるのではないでしょうか。

なぜこのような違いが生まれるかというと、女王様は安全性を重視しているから、S男性はスリルを重視しているから、という事が言えるでしょう。
第三者に見られるという行為は時に危険を伴う事があります。知られたくない人に自分の恥ずかしい性癖を知られる可能性だってありますし、全くSMに興味のない無関係の人に見られると警察のお世話になってしまう事だってあります。
女王様はそういった危険性を極力排除した上でSMを楽しむ事で最大限のポテンシャルを発揮できる調教を目指します。
その一方で、S男性はむしろそういった危険性こそにスリルという興奮を見出し、SMの醍醐味としているのです。

女王様とS男性では調教への意識に大きな差がある!

女王様とS男性はどちらがより相手を躾けるのが上手かという観点で、その調教の違いを比較してみた結果、女王様とS男性の調教では多くの相違点がある事がわかりました。

もちろん全ての女王様が、S男性が今回紹介した事象に当てはまるわけではありません。女王様の中にはS男性寄りの調教をされる方もいるでしょうし、その逆もまた然りです。

どちらがより相手を従順に躾けるのが上手かについては、相手との相性もあるだけに優劣を付ける事はできませんでしたが、今回紹介した女王様とS男性の調教における相違点を確認しながら、自分に合ったパートナーを探してみるのをオススメします。
相性ピッタリの御主人様に出会えるかもしれません!

SM, 女王様, 調教

Posted by mazotown