メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

女王様とS男、相手を従順に仕立てるのはどちらが上手?

SMを楽しむための情報

女王様とS男性、どちらも調教で支配する立場の人間ですが、どちらがより従順に相手を躾けられるか?と考えた事がある人は少ないのではないでしょうか。

基本的にM男は女王様に、M女はS男性に調教を受けるものなので比較する必要はなく、気にも留めた事がないという人がほとんどだと思います。

しかし、今回あえて女王様とS男性はどちらがより相手を躾けるのが上手かという事を比較してみた結果、面白い事がわかったのです。

女王様は性的ロールプレイが得意、S男性はルーティンプレイが得意

pn064_200806_001

女王様やS男性には誰でも得意とする調教を一つは持っているものです。

もちろんその内容は人それぞれですが、相対的に見て、女王様の方が圧倒的に性的ロールプレイが得意、S男性はルーティンプレイが得意だという事がわかりました。

性的ロールプレイとは簡単に言うとなりきりプレイ、イメージプレイの事を指します。

代表的なものでいうと赤ちゃんプレイが一番思い浮かべやすいのではないでしょうか。その他にはナースや女医と男性M患者、女教師と男子生徒といったシチュエーションもよく見聞きすると思います。

女王様はこういった性的ロールプレイを得意とする人が多いといった特徴があるのです。

その理由として、

・女王様は想像力が豊か

・役になりきる事に抵抗がない

といった事が挙げられます。

人間の脳には右脳・左脳があり、それぞれに違った役割を果たしているというのは有名な話ですよね。

一般的に右脳は感覚的、直感的な能力が高く、左脳は論理的で分析力に優れていて、男性は左脳派、女性は右脳派が多いとされています。

性的ロールプレイでは想像力の豊かさが最も重要とされますが、この想像力を司るのは右脳の分野。

女性である女王様は右脳の働きが活発なだけに想像力豊かで、性的ロールプレイに向いているというわけです。

また、性的ロールプレイでは役になりきる事も大事なポイントです。S男性はこの“役になりきる”という事に抵抗を感じる人が多いようですが、女王様はノリノリで役に徹する人が多くいます。

なぜ女王様の方が役になりきる事に抵抗がないのか。これについても右脳の働きによるものと考えられます。

右脳は感性や感情を豊かに表現する能力にも長けており、何かの役を演じるという事に楽しみを見出す事ができます。

こういった事から、女王様は性的ロールプレイで抵抗なく役に徹する事ができるのです。

一方、S男性が得意とするルーティンプレイを分かりやすく言うと日課命令の事。

「毎朝必ず30分はオナニーをしなさい」

「寝る前には御主人様を思い浮かべてディルドに奉仕をしなさい」

といった毎日決まった行いを命令し、習慣化させるプレイです。

S男性がルーティンプレイが得意な理由としては、

・効率的に一定の成果をあげたい

・最小限の発想力で躾けるのが得意

といった点が挙げられるでしょう。

ルーティンプレイでは決まった命令を毎日実行させる事になりますが、同じ事を何度も反復させる事で確実にその行為を覚えさせ習慣化させる事が可能。

つまり、自分の思い通りに相手を従わせるという目的を効率的に達成する事ができます。

これは前述の右脳・左脳で言うと、左脳的思考です。

女性が右脳の働きが活発なのに対して、男性は左脳の働きが大きいと言われているだけに、S男性の方がルーティンプレイが得意というわけです。

また、左脳が活発なS男性は臨機応変な想像や発想をするのは苦手分野です。ルーティンプレイでは、基本的に同じ行為を繰り返し行なわせるので、最小限の発想で躾けができるという点もS男性に向いていると言えます。

女王様はご褒美に性器奉仕をさせる、S男性はご褒美にセックスをする

pn064_200806_002

SM調教において、飴と鞭は重要な要素。特に飴=ご褒美を与えられる事は、奴隷にとってこれからも女王様や御主人様に従順に従おうというモチベーションに繋がります。

そんなご褒美にも女王様とS男性で違いがあるのです。

SM, 女王様, 調教

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!