苦痛調教を経験するにはまずは事柄を知ること!苦痛調教はこういうプレイだ!

SMを楽しむための情報

苦痛調教を経験するにはまずは事柄を知ること!苦痛調教はこういうプレイだ!

苦痛調教ってパッと聞いても、名前の通り痛みを与える調教っていうイメージしか湧かないですよね。
それって普通のSMとどう違うの?と漠然とした疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。
苦痛調教…それは、奴隷に徹底的に苦痛を与え、心身共に服従させること。
そして普通のSMと違うのは、常軌を逸した痛みに耐えさせた上で、快楽を感じるようになるのを目標に調教して行くという事。
そして、その快楽なしでは生きて行けないような存在に作り変える事。
並のM奴隷ならば本気で泣いて拒否するような調教も、平気な顔で行っていくんです。
世間一般の人や並みのSMしか理解出来ない方々からしてみたら、何故そこまでするのかと疑問に思う事でしょう。
答えは至極簡単、本能レベルでの忠誠心を植え付けるためです。
そのためには、生半可な調教なんてしてられないのですよね。
では具体的に苦痛調教ってどういう事をして行くのでしょうか?
一つずつ見て行きましょう。

①洗濯ばさみで…有刺鉄線で…

まずは奴隷に目隠しをし、猿ぐつわを噛ませます。
こうしてうるさい声が漏れないようにし、目隠しをする事によって体への刺激を敏感にさせます。
この時点で、奴隷の胸中は「これから何をされるのか…」と期待と不安で一杯のハズ。
お次は、乳首を洗濯ばさみで挟みます。
木製の物ではなく、プラスチックのバネがしっかり効いているものが良いです。
かなりの痛みが走るので、慣れない奴隷ならば叫ぶかもしれませんが…容赦なく引っ張るか、つねり上げましょう。
泣き叫んでも手を止めてはいけません。
次は、鼻の穴に洗濯ばさみを挿入しはさみます。
これだけでも相当な痛みが走りますが、更に瞼にも洗濯ばさみを挟みます。

知ってますか?目元の皮膚って、ティッシュペーパー1枚ほどの薄さなんですよ。
ですので、目元を挟まれてぐーっと引っ張られたら…想像を絶する痛みが奴隷に与えられます。
うるさく泣き叫ぶでしょうけど、まぁそこは猿ぐつわを噛ませてあるのでご安心くださいね。
どうしても泣き叫ぶようであれば、お腹に蹴りを入れましょう。
これも苦痛調教の一環です。

お次は、奴隷が男性ならばチンポに洗濯ばさみを挟みましょう。
あるいはタマに洗濯ばさみを挟んで、そのまま伸ばして遊んであげるのも楽しいですね。
アナルの薄皮を挟んで引っ張るのも良いのですが、これは大暴れする可能性がありますのでしっかり拘束しておきましょう。
拘束の際ですが、有刺鉄線を使ってギチギチに拘束しておくと奴隷が動くたびに苦痛を与える事が出来て、奴隷は大人しくなるしお仕置き効果もあるしで一石二鳥です。
女性の奴隷ならば、クリトリスの皮を剥いて洗濯ばさみで挟んであげましょう。
濡れている場合は、洗濯ばさみより事務用のダブルクリップの方が挟みやすいですね。
分厚い書類も易々と挟める、あのクリップです。
苦痛慣れしてない奴隷なら絶叫するでしょうし確実に暴れると思いますから、これまた有刺鉄線で縛っておきましょう。

一通り暴れさせておいて、気が弛んだ頃におもちゃを挿入してやりましょう。
奴隷は快楽と苦痛とで訳が分からなくなり、混乱するでしょうが、そこをグッと堪えて延々と刺激し続けます。
そうなると、苦痛を感じているのに気持ち良い…という状態のままイッてしまうので、回数を重ねて行く内に苦痛を感じただけで気持ち良い、という体質になります。
これこそが苦痛調教の最終目標ですが、同じ調教ばかりだと体も慣れて来てしまうもの。
そこで、後述する調教を駆使して奴隷の体が慣れないようにして行きます。

②針で…マスクで…

適当な針を準備しておきましょう、どんな針でもOKです。
ですが太さがある方が刺し心地が良かったりします。
そして、針を乳首に刺すのも良いのですが、乳そのものに刺して行くのも見た目が華やいで楽しいです。
勿論、刺す時はタテではなくヨコ向きに刺しましょうね。
そして脂肪のある部位(太もも、尻)に刺す事を意識しましょう。脂肪の少ない部位ですと事故に繋がる可能性があるため避けた方が無難です。
なお針は太さが太くなるほど激痛を与える事が出来ると言われているため、太い針を沢山用意して、隙間が無くなる程刺して行くのも、刺す奴隷の悶える反応が針を増やす毎に絶妙に変わって行くので観察のし甲斐がありますよ。
また、この場合奴隷からは最初、目隠しを取っておいた方が良いです。
というのも、針の場合は視覚的にも奴隷に痛みを認識させやすく、「ほぉら、刺すぞ~」なんて言って恐怖を与えながら刺していく時の奴隷のこわばった顔がまた、絶妙で最高なんですよ。
勿論出血はしますけど、少量ツーッと垂れて行くだけですから処理も楽です。

クリトリスや亀頭をツンツン突っついて、「刺しちゃおうかな♪」なんて脅すのもオススメです。
さぁ、刺しちゃうぞ~なんて言いながら実際は別のところを刺したり、刺すと見せかけて氷を当ててやったりなどすると奴隷としても予想外の刺激に身構えてないので、普段の数十倍鋭い反応を示したりします。

また、呼吸管理用のマスクを装着させながら針責めするのもアリです。
呼吸が浅くなるとそれだけ苦痛と感覚の鋭さも増すので、苦痛も感覚の鋭さも増した中での調教は、奴隷の調教に対する没入感を一層増幅させます。
また、管理されている感覚を普段以上にずっと感じる事になりますので、ご主人様に服従しているという意識がより高まります。

③水や火で…

水、火責めです。
やり方はごく簡単で、水を張った風呂に、身動きを取れなくした奴隷を入れて呼吸出来ない状態にさせます。
苦しみだしたら、頃合いを見て水から揚げます。
ある程度呼吸を整えて安心したら、また水の中へ沈める。
この繰り返しとなります。
普通の調教と併せて使いたいなという欲張りな貴方には、調教空間の横に水槽を置いておく事をオススメします。
調教中に貴方の気が向いたら、奴隷の頭部を水槽に突っ込みます。粗相をした時でも良し、貴方の気が喰わない時でもよし。

火責めの場合は、ガスコンロの上に奴隷をしゃがませて、弱火で徐々に炙っていくとか。
またはライターで、皮膚をじりじり炙っていく…それで足りないようであれば、線香に火をつけて、性器やアナルに挿入するのも良いです(勿論、火のついていない部分から挿入して下さいね。)
もっと火力を強くしても良いんですけど、痕が残りがちですので、痕が残るのが嫌だな…という場合は強火力は避けておいた方が無難です。

また、彫刻刀等で軽く彫った肌に火あぶりしていくと、痕が残ったりします。
奴隷に痕を残したい方には良いかもしれませんね。
あと、火責め水責め両方に言える事ですが、どちらも徹底的に行うと奴隷にトラウマを残しがちです。
そういうトラウマを植え付けて奴隷を精神的に支配したい、という方は両方を交互に行うと効果的です。
そして、トラウマがあるのに快楽を得てしまうという状態になればしめたものです。
滅多なことでは貴方から離れられなくなるでしょう。
蛇足ですが、電流責めと組み合わせるのも効果的です(水責めの際は、水から揚げた後に使いましょう)
言うことを聞かなかったり、命令に従うのにしぶるような素振りを見せたら容赦なく電極を装着し、電流を流してやりましょう。

④黄金と鞭

ご主人様の黄金と鞭を使った苦痛調教のやり方です。
これは、まず奴隷を仰向けに寝そべらせます。
その後ご主人様の黄金を、奴隷の口にひねり出します。
鼻呼吸はしづらい状態の方がよりベターです。
そのまま、鞭を奴隷の体に奮って行くのですが、痛みから黄金を口から漏らしたり、飲み込んでしまったりしない事。
口いっぱいに黄金を詰め込んだまま、ご主人様の調教を一身に受けるんです。
ちょっとでも漏らしたら、その黄金を鼻の穴に塗りたくります。
もしくは体中に塗ってあげましょう。
時間はかかりますがやがて、黄金に対して抵抗があったはずなのに、黄金がとても芳醇な香りを放つ物体に感じてくるんです。
鞭は鞭で、打たれたところから甘い痺れが走るようになります。
こうなるとしめたもので、口に黄金を含んで鞭打たれたまま達する事が出来るようになります。

⑤まとめ

苦痛調教の奥深さを解って頂けたでしょうか。
手軽にチャレンジしやすい調教方法をメインに紹介してみました。
内容が世間一般的にはハードなだけに、こういう調教内容に付いて来れる奴隷は中々居ないのですが、観点を変えれば、奴隷をこういう調教に付いて来れるように作り変えれば良いと思いませんか?
軽めの調教から徐々に重めの内容にしていくも良し、奴隷のポテンシャルを信じていきなり重めの内容の調教で洗礼を受けさせるも良し。
いずれにせよ、本能レベルで忠誠心を植え付けるには苦痛調教は避けては通れない道なのです。

でも、普通のM奴隷にこんな調教をするのは無理があるんじゃって思う人もいますよね。
私の場合ですが、自分の彼女をこれらの調教方法で並のM奴隷から、ドM奴隷に変貌させる事が出来ましたよ。
コツとしては、やはり根底に信頼関係を築いておくことですね。
日頃から、調教以外の時間でも奴隷の事を考えて動いてやる。
そうすると、奴隷もバカではないので、奴隷の事を考えてご主人様が動いてくれている、というのを察知するわけです。
そしていざプレイとなった時、未知のこういった苦痛プレイに挑戦する時でも、怖気付く事なくご主人様を信じて挑戦したり、痛みに耐えたりして忠誠心を育てていく事が出来るというわけです。
彼女自身からも、「貴方でなければ付いていけなかったかもしれない。でも、ああいうハードな調教を乗り越えられて、自分自身でここまで貴方を信じてるんだって実感出来た。これからもずっと傍で仕えていたい」と言って貰えましたので、信頼関係というのはどんなプレイにも欠かせないと改めて思いましたね。
というわけで苦痛調教、奴隷を心の底から自分に従わせたいのであれば、是非取り入れてみて下さいね。

Posted by mazotown