▼▼女王様に人気のコミュニティ▼▼

絞りつくす搾精プレイと寸止め連続射精管理、M男性が快感を得られるのはどっち?

SMプレイ解説

絞りつくす搾精プレイと寸止め連続射精管理、M男性が快感を得られるのはどっち?

散々嬲られた末の射精。それはM男性にとって最高のご褒美ですよね。
沢山弄ばれて、快感を放出したいのを我慢させられて…そして射精するんですけど、単に射精させるだけでは勿体ないというのがS女性側の本音。
射精させるにしても、徹底的に搾精し尽くすか、もしくは寸止め連続の末に射精させる射精管理。大きく分けるとその2択で、骨の髄までM男性を可愛がってあげようと考えるんです。
でも、搾精プレイと射精管理、各々のプレイの詳細とか、どんなモノを使うのかとか、具体的にどんな感じでさせられるのか…気になるけど分からないって方、結構居るんじゃないでしょうか?
というわけで、 搾精プレイと射精管理のそれぞれについてよーく見て行きましょう♪

①とことん絞り尽くす!搾精プレイとは

搾精プレイは、あらゆる手段でM男性をとことん辱めながら、容赦なくとことん連続で搾り尽くすプレイです。
勿論ただ単に搾り尽くすのではなくて、M男性を家畜のように四つん這いにして、背後に回り罵りながらしごき上げたり、それで射精してもお構いなしでしごき続けます。
使う手段は手だけでなく、円形の透明なおしゃぶりのような器具をチンポに装着して、空気圧で強制的に吸引を繰り返して射精させる搾精マシンや、オナホを装着させて、イキ狂っても延々射精をさせたり、アナルにローターを挿れて、尿道にプラグを、乳首をつねられながら気絶するまで、いいえ、気絶しても責め側が飽きるまで責められ搾り尽くされる、それが搾精プレイなのです。
また、オナホを内蔵させたマシンがあり、オナホ部分を延々と自動でピストンさせる機能があります。
資金に余力のあるS女性はこういったマシンを購入し、お気に入りの奴隷に使う場合があります。
ですがそうでない女王様の場合は、アナルローターや尿道プラグ、バイブ等と上手く併用し開発を行います。

また、M男性が「もうイケない…」とギブを出した場合でも、軽く電気を通して刺激を与えて強制的に勃起させる方法があります。
これにより、M男性がどれだけ悲鳴を上げても容赦なく、責め手が満足するまで責め上げる事が出来ます。
そして忘れてはならないのが言葉責め。
言葉で責め上げる事によってM男性側がより興奮、没頭、そして射精し易くなります。
そして、そんなM男性のあられもない姿を見てS女性は大興奮出来るというわけです。

②泣いてもやめない!寸止め連続射精管理とは

搾精と打って変わり、射精管理は、S女性の管理の下射精を禁止する状態を作り上げます。
場合によっては貞操帯を付けたり、コックリングを使用する事もあります。
また、射精禁止期間中(オナニー禁止期間中)は積極的にM男性を誘惑します。
写真を送ったり、性欲を増強させるようなメール、ラインを送ってみたり。
そうしてM男性側をムラムラさせるんです。
会った時に、わざとチンポに自分の脚を擦りつけてみたりするのも効果的。(でも勿論、射精はさせない)

そうしてムラムラが頂点に達して、M男性自身がムラムラに達しているのかどうかすらわからないレベルになった時、つまり寸止めし過ぎておかしくなった時を見計らって、思いっ切りオナニーさせます。
一回目は大体三こすり半ほどでイッてしまいますが、二回目、三回目と続けて行く内にどんどん息切れして行きます。
やがて勃起すらしなくなりますが、それでも無理矢理手コキ・フェラ・ローター等の道具を駆使して刺激します。
射精出来なかったら?無論、お仕置きタイムが待ってます。
一回目の射精では素晴らしい解放感と気持ち良さがありますが、その後はS女性になすがままにされる快楽も合わさって脳みそがぐちゃぐちゃになるような感覚に襲われます。

③実際やってみて、どんな感じ?

・搾精プレイの場合

M男のゆうた君(32歳)のケースを見てみましょう。
ゆうた君は体重100kg超えの巨漢のフリーター。
当然、モテる気配ゼロ。
そんな彼ですが、モテは諦めてもせめて童貞は卒業したい!と意を決してダメ元でSM系コミュニティサイトに登録。
その結果何と、巨漢大好きな女王様を発見、必死でアピールし童貞を捨てさせて貰う事になりました。

ホテルの部屋に入ると同時に全裸になり、女王様の指示通りベッドに四つん這いになります。
「アナルにトイレットペーパーついてるわよ、きったない豚ね。」
女王様は壇蜜似の美人なので、いくら罵られても壇蜜に罵られてると思うと興奮してしまって、ますます勃起してしまうゆうた君なのでした。
アナルについていたトイレットペーパーを剥ぎ取られ、鼻の穴に突っ込まれました。自らのウンコの匂いが鼻腔一杯に充満します。
涙目になっていると、女王様は手にローションを垂らすと、ゆうた君の乳首にローションを塗りたくって爪先でしごき始めました。
デブ特有の野太い鳴き声で鳴くゆうた君に、女王様も嬉しそう。
「そうそう、その汚い野太い声。もっと聞かせてね。」
そう言うと、ゆうた君のチンポに手を添えて、手首をスナップさせながらしごき上げ始めました。
早漏のゆうた君は、情けないことに1分ほどでイッてしまいました。

息つく間もなく、ゆうた君のアナルにローターがズブゥッ、と挿入されます。
ブブブブブ、と音を立てて前立腺を刺激してきます。
「あぁっ、気持ち良いです!イキます!イッちゃう!!!!!」
大声で叫びながら懲りずにすぐイくゆうた君。
女王様が、「何でそんなすぐイくの?情けない豚ね。」と、ヒールでゆうた君のアナルをガッ、と蹴り上げます。
あひぃっ、と鳴いて前のめりになるゆうた君ですが、女王様は小ぶりなローターを取り出すと、テープを貼りつけ、ゆうた君の乳首に装着。
すっかり刺激に弱くなってしまったようで、乳首にローターを貼りつけられただけで白目を剥いてしまいました。
ですが、それだけでは終わりません。
女王様は、ベッドの傍らのトランクを開くと、ファッキングマシーンによく似た装置を取り出しました。
ファッキングマシーンで本来張り子が装着されているべき場所に、オナホが装着されています。
そう、全自動強制射精機です。
女王様は無言で、白目を剥いて失神寸前のゆうた君を四つん這いの前のめり状態にさせると、腕を縄で縛り。
その情けないチンポに、マシンのオナホを装着しました。

女王様がスイッチを入れると、ガシャン、ガシャン、と音を立ててゆうた君のチンポを責め立てます。
いきなりの強い刺激に、ゆうた君は跳ね起きました。
逃げようとするのですが、腕を強く縛られているので無様に転がる事しか出来ません。
もたもたと動こうとするたびに、女王様の脚で蹴り戻されます。
「いひぃっ!いひぃぃっ!!!」
そのまま何度も何度もイカされ、失神してしまう度に女王様から聖水をかけられ、起こされ…。

何度イッたか分からない頃、仰向けにされ、顔の上に馬乗りになった女王様が指でオマンコをくぱぁ…と開きました。
それを見せられて、精力が潰えていたはずのゆうた君のチンポはわずかに勃起。
それを見逃さなかった女王様がゆうた君のチンポをねっとりとフェラすると、かろうじてオマンコに挿入出来る程度にまで起き上がりました。
勿論そのままゆうた君の童貞は女王様に食べられたのでした。
食べられた後も、時間を掛けて何度もイカされたそうです。
ゆうた君は「この世の天国だった」と言ってました。

・寸止め連続射精管理

前回の調教でSMの味をしめたゆうた君。
今度は射精管理に興味を持ち、同じ女王様に射精管理をお願いしてみることにしました。
まずは一か月の射精・オナニー禁止令。
サルのように毎日オナニーしていたゆうた君にとっては耐えがたい拷問のようなものですが、女王様を信頼してひたすら守る事にしたのでした。

ですが、そうは簡単にいかないのが射精管理というもの。
女王様はおもむろにご自分のセクシーショットを送りつけたり、言葉で責めてきたり(メールで)、焦らして来ました。
デートの時も、わざとその長い脚でゆうた君のチンポを刺激してみたり。
そうやってムラムラし過ぎてチンポから我慢汁が常に垂れるようになった頃、女王様から連絡が来ました。
「今度の土曜日、ホテルに行くわよ」と。

これは射精させてもらえる!とウキウキのゆうた君でしたが。
ホテルに着き、入室するやいなや「さ、オナニーしてみて」と女王様の有無を言わさぬ命令が降りかかりました。
てっきり手コキやフェラで射精させてもらえることを想像していたのですが、贅沢は言ってられないので命令通りにズボンを下ろし、しこしこと自分のチンポをしごき始めました。
「女王様、イッてしまいそうです!」とフィニッシュにとりかかろうとした時、「何?まだイッちゃダメに決まってるでしょ。」と制止がかかりました。
「そのまましごき続けて。でも、私が良いと言うまでイかないこと。

そ、そんな…一か月我慢してもう限界を迎えているチンポに、何て仕打ちを…。
そう思いましたが、ぐっと我慢してしごき続けます。
なかなか女王様の許可が下りません、でも無心でひたすらしごき続け…気持ち良さと抗っている間に、白目を剥いて来ました。
どのくらい経ったでしょうか。
「ほら、イッていいよ。」
そう許可が下りたので、思いっきりイッてしまったのでした。
その後も幾度となく寸止めを繰り返してはイかされ、念願の手コキやフェラまでも受けたのですが、もう無理です!と言ってもやめてもらえない程の寸止めをされてしまったので、
「頭がおかしくなりそうな位気持ち良かった、ある意味地獄だったけどまたしてもらいたい…クセになる」と、言ってました。

④おわりに

どちらもM男性を快楽で限界まで追いつめる、という点は共通してましたね。
焦らされたいのが好きとか、女性に支配されたいという願望の大きい人は射精管理を。
女性に支配されたいけど焦らされるのはあまり…思いっきり快楽にのめり込みたい、という場合は搾精プレイをチョイスすると良いでしょう。
自分の好みに合わせて選んでみて下さいね♪

Posted by mazotown