妥協無き麻縄のなめし方について

SMを楽しむための情報

麻縄とは植物由来の繊維を束ねたものであり、日本では古くから様々な祭事などに用いられてきた神聖な道具です。

そしてそれは今SM緊縛の世界で特によく利用されており、これを上手く管理することは緊縛の道を志す者にとって避けては通れない道となっています。

今回ここではそんな麻縄の管理方法で最も重要な工程、麻縄のなめし方について詳しく解説していきます。

質の悪い麻縄が持つ危険性を理解する

麻縄は冒頭にも書いたように植物性由来であり、これを湿気の多い環境で長く放置すると、自然とそこにはカビやダニが繁殖するようになります。

ましてやその縄が人体に触れた経験を持つならば、体液の影響を受けてさらに劣化が激しくなるでしょう。

また、通常市販されている麻縄の多くは、さまざまな薬剤や油などで汚れており、それをそのまま緊縛に用いるのは肌にとって良いことではありません。

以上のように麻縄が持つ様々な危険性を理解すると、当然ですが思いつくのは麻縄の消毒と洗浄、その必要性です。

麻縄は緊縛調教に用いる場合、ただ市販されているものをそのまま使ったり、適当に放置しているだけでは危険であるということをまずは知っておく必要があるでしょう。

メンテナンス, 緊縛

Posted by mazotown