金玉蹴り・金玉責めのやり方や注意点まとめ

SMプレイ解説

金玉(キンタマ)とは男性が持つ生殖器で、左右一対あります。
医学的には精巣、睾丸という名称を使いますが、金玉の方が一般人には頻繁に使われています。
急所としても知られており、軽くぶつけただけでもかなり強い痛みを感じる部分でもあります。

なので、普通の男性はキンタマをぶつけたり、蹴られたりといったことはしたくないと思っています。
ですが、一部の男性はマゾという性癖を持っており、程度の大小にかかわらず、金玉を痛めつけたい、痛めつけて欲しいと考えています。
マゾでない場合はソフトな刺激程度なら好きな人は多いです。
人類の多様性を感じますね。

マゾの人は一口にマゾといってもそれぞれで異なる嗜好を持っています。
似ている人ももちろんいます。
同じようなものはまとめて名称がつけられることも多いですね。

金玉をイジメることはCBT調教、ペニス責め、金玉責め、と言われます。
金玉を執拗に蹴る金蹴りが特に人気があります。
他にもつぶしたり叩いたり、引っ張ったり伸ばしたりと様々な形で金玉を責めます。
キンタマ責め専用の道具や器具もあります。
道具は通常では手に入りづらかったり、サイズが合わなかったりで、自作する人もいます。

金蹴り・金玉責めのやり方

1・セーフティー・ワードを決めておく

SMでは途中でやめてほしい時に「痛い」「やめて」では、ほぼ中止されません。
予想以上に痛かった時、耐えられそうにない時、具合が悪くなった時など、止めて欲しい時に確実にやめてもらえるように、セーフティー・ワードを決めておきましょう。
できるだけ場違いな言葉の方が本当にやめてほしいということが伝わります。

また、口枷などで声が出にくくなっている場合には挙手するなど、分かりやすいボディランゲージにしましょう。

サディストはセーフティー・ワードを言われた時、中止の合図をされた時には必ず止めましょう。

また、急所であることも踏まえて、万が一のことを考えて、NGプレイや事故が起こった時の保障などを決めておきましょう。
お互いがやりたくてやるプレイなので、何かがあった時はどちらも責任を負うようにした方がいいです。
ですが、どちらか一方が大きく負担する形でもお互いが納得するなら問題ありません。

2.マゾ男を拘束・動けなくする。

痛みに強いマゾでもキンタマ責めをされると本能なのか、反射的に逃げようとします。
それを防ぐために、体の一部を拘束したり、全身を拘束したりして、あまり動けないようにしておくと良いです。

逃げ回るM男をイジメたい場合は放し飼いでも問題ありません。

3.金蹴り・金玉責めをする

金玉を足で蹴ったり、踏んだり、手でつかんだり殴ったりしましょう。
最初はどれだけ耐えられるのか分からないので、優しく触ることから始めていき、徐々に強くしていくと良いでしょう。
延々と優しく撫で続けて焦らすプレイもありです。
何度もプレイしている仲であれば、最初から強めにおこなっても問題ないでしょう。

体勢はM男を立たせて前から責める、または後ろから責める、またM男を寝かせて踏んだりして責めるの3通りがよくあります。
プレイ内容によってやりやすい体勢にしましょう。

道具を使う場合は使用方法を確認して、正しい使い方で金玉を責めましょう。
専用の物でない場合は想定外のことがおこる可能性もあります。

4.ケアをする

終わった後は、氷やアイスノンなどで金玉を冷やしたり、怪我をしていたら清潔なガーゼなどで止血するなどのケアをしましょう。
氷は直接あてると凍傷などになる可能性もあるのでタオルなどにくるんで当てるようにしましょう。

明らかに変形していたり、潰れている場合は病院に行きましょう。

M男性向け情報, 金的責め

Posted by mazotown