初めてのアナルセックスでも安心!ゼロから始めるアナルセックス!はじめての浣腸編

SMプレイ解説

アナルセックスについてみなさんはどう思いますか?

きっと初めて聞く方にとっては不潔そう…臭そう…と思ったり、怖いなと思うことってありませんか?

実はアナルセックスには開発をすればするほど強い快感が味わえるのが特徴の1つです。

その為に昔からアナルセックス好きが多いのですがもちろん危険もあります。

今回はそんなアナルセックスについて細かくお話をしていきたいと思います。

【そもそもアナルセックスって?】

アナルセックスは知っている方の方が多いと思いますが、お尻の穴(肛門)を使ったセックスになります。

その起源は古く、ヨーロッパでは紀元前はよく男性同士での性行為が行われていたようです。

日本でも奈良時代ごろから徐々にアナルセックスが広まっていき、基本的に女性との性行為が認められない僧侶同士でアナルセックスが行われていたことが有名です。

そのあとから男女感でもアナルセックスを好む人が増えていき、現在のようになっています。

【アナルセックスはどうして気持ちがいいのか】

アナルセックスをしたことがない人には「どこが気持ちいいんだろう…?」そう思ってしまうのが普通ですよね?

直腸にそのままペニス を挿入するのですからその刺激は直腸→胃→口と体の中心に快感が行き渡るのです。

その体の内部を通じて全身に行き渡る快感がやみつきになってしまってやめられないという方が多いです。

男性には前立線がありますからそれが反応して突かれるたびにイクような快感が得られると言う人もいるくらいです。

ただアナルセックスをした後の疲れは尋常じゃなく、しばらくは動けなくなってしまう方もいるほどです。

また、アナルセックス中に射精をしてしまうことがあり、その見た目から「トコロテン」と呼ばれることもあります。

【アナルセックスによる危険】

前述でも述べた通りアナルセックスには危険が伴う場合もあります。

切れ痔になる

準備なしでアナルセックスを行なってしまうと肛門の入り口が傷つき、切れ痔になってしまうこともあります…

あとで記載する準備をしっかりと行なって正しい方法でセックスをしましょう。

うんち垂れ流し!?

アナルセックスをするだけではそのようなことになったりはしませんが、肛門括約筋の断裂などによってうんちなどが垂れ流し状態になってしまうこともあります。

こちらもどのようにして防げるかは後ほど記載します。

感染病のリスクの向上

お互いの粘膜と粘膜が触れ合うセックスなので、通常のセックスより性感染症の感染リスクが非常に高くなります。

必ずコンドームを使用して性感染症のリスクを減少させましょう。