痴女に痴漢されてM男を経験した高校時代の体験談

アブノーマル情報

自分がまだ高校生だったころ、池袋の学校まで電車通学をしていて、部活の朝練もあるためちょっと早い時間から電車に乗っていました。

いつも7時前には家を出て、7時半前の電車へ乗っていたのですが、その時間はちょうど通勤ラッシュで激込みする時間。

もう少し早く起きて家を出れば電車が混む時間を回避できたのですが、朝が弱かったのとズボラな性格のため、朝を改善することなく毎日毎日満員電車に揉まれながら登校する日々が続いていました。

夏も終わってだいぶ涼しくなってきた9月ごろ、満員電車の蒸し暑さや、人と密着して双方じんわりと汗ばんでくる気持ち悪さもある程度収まってきて多少は苦にならなくなった時期の通学時間に、アレは起きました。

最寄りの駅から電車に乗り込んで、各駅で大量に乗ってくる人の波でもみくちゃにされながらもケツに妙な感触が。

誰かのカバンか何かが触れたのかと考えようとしましたが、ケツの下から上へ撫でるような生々しい感触で、今まで満員電車に乗っている時には感じたことがなかったので違和感を覚えました。

そして乗る人が駅員さんに押し込まれて電車のドアが閉まり、人込みの動きも落ち着いて電車が発進した時、その反動で進行方向とは逆向きに客の体が斜めったと同時にまたあの感触がケツに。

その時点で痴漢だと確信しました。

おそらく、自分の後ろにいるキモいおっさんが自分を女と間違えて触ってるか、男が好きな男の人が触ったんだなと。

一瞬だけケツを撫でられただけでずっと触ってくる事はなかったのですが、どちらにしても知らない人だし男だし、気持ち悪くて腹も立ちましたが、いかんせんビビリなので声を上げる事もできず、

満員電車で身動きが取りづらい中なんとかカバンを後ろに回して来るかもしれない次の攻撃に備えました。

右手でつり革、左手でカバンをしっかりケツに押し当てて、次の駅まで揺られる事2,3分。

この時間は何事もなく過ぎていき、電車は停車駅で止まりました。

開くドアがちょうど自分の真正面側だったので、車内の奥の方に乗っているお客さんが降りるため、一度外へ出て道を開けます。

その時、いったいどんな勘違い野郎が俺のケツを触ったんだと探りを入れてみようと、振り返って車内を見ました。

もしかしたら、道を開けるために一度電車を降りた人の中に居たかもしれませんが。

自分の後ろに居て触れそうな人間をぱっと見で把握した感じでは、背の高い仕事が出来そうなおっさんとちょっと太めのおっさん、OL風の女性に、イヤホンで音楽を聴いている大学生っぽい兄ちゃん。

背の高いおっさんは何となく見た目がピシっとしてて清潔感を感じたのでこの人じゃないなと思いました。

イヤホンで音楽を聴いてる兄ちゃんはちょっとひ弱な印象を受けたので、痴漢なんてできる感じじゃない。

OL風の女性が痴漢するワケが無いなと思っていたので、ちょっと太めのおっさんを勝手に犯人だと思い込んでいました。

SM体験談, 痴女, 痴漢

Posted by mazotown