痴女に痴漢されてM男を経験した高校時代の体験談

アブノーマル情報

マゾカスタム

自分がまだ高校生だったころ、池袋の学校まで電車通学をしていて、部活の朝練もあるためちょっと早い時間から電車に乗っていました。

いつも7時前には家を出て、7時半前の電車へ乗っていたのですが、その時間はちょうど通勤ラッシュで激込みする時間。
もう少し早く起きて家を出れば電車が混む時間を回避できたのですが、朝が弱かったのとズボラな性格のため、朝を改善することなく毎日毎日満員電車に揉まれながら登校する日々が続いていました。

夏も終わってだいぶ涼しくなってきた9月ごろ、満員電車の蒸し暑さや、人と密着して双方じんわりと汗ばんでくる気持ち悪さもある程度収まってきて多少は苦にならなくなった時期の通学時間に、アレは起きました。

最寄りの駅から電車に乗り込んで、各駅で大量に乗ってくる人の波でもみくちゃにされながらもケツに妙な感触が。
誰かのカバンか何かが触れたのかと考えようとしましたが、ケツの下から上へ撫でるような生々しい感触で、今まで満員電車に乗っている時には感じたことがなかったので違和感を覚えました。
そして乗る人が駅員さんに押し込まれて電車のドアが閉まり、人込みの動きも落ち着いて電車が発進した時、その反動で進行方向とは逆向きに客の体が斜めったと同時にまたあの感触がケツに。

その時点で痴漢だと確信しました。
おそらく、自分の後ろにいるキモいおっさんが自分を女と間違えて触ってるか、男が好きな男の人が触ったんだなと。
一瞬だけケツを撫でられただけでずっと触ってくる事はなかったのですが、どちらにしても知らない人だし男だし、気持ち悪くて腹も立ちましたが、いかんせんビビリなので声を上げる事もできず、
満員電車で身動きが取りづらい中なんとかカバンを後ろに回して来るかもしれない次の攻撃に備えました。
右手でつり革、左手でカバンをしっかりケツに押し当てて、次の駅まで揺られる事2,3分。
この時間は何事もなく過ぎていき、電車は停車駅で止まりました。
開くドアがちょうど自分の真正面側だったので、車内の奥の方に乗っているお客さんが降りるため、一度外へ出て道を開けます。
その時、いったいどんな勘違い野郎が俺のケツを触ったんだと探りを入れてみようと、振り返って車内を見ました。
もしかしたら、道を開けるために一度電車を降りた人の中に居たかもしれませんが。
自分の後ろに居て触れそうな人間をぱっと見で把握した感じでは、背の高い仕事が出来そうなおっさんとちょっと太めのおっさん、OL風の女性に、イヤホンで音楽を聴いている大学生っぽい兄ちゃん。
背の高いおっさんは何となく見た目がピシっとしてて清潔感を感じたのでこの人じゃないなと思いました。
イヤホンで音楽を聴いてる兄ちゃんはちょっとひ弱な印象を受けたので、痴漢なんてできる感じじゃない。
OL風の女性が痴漢するワケが無いなと思っていたので、ちょっと太めのおっさんを勝手に犯人だと思い込んでいました。

それから改めて車内へ入り、おっさんからは距離をとった配置に移動してその後は何事もなく池袋まで到着。
途中、何度かの停車駅で車内のお客さんも入れ替わり、自分が下車するときにはおっさんも居なくなっていました。
朝から気持ち悪い体験したなと気分も下がりつつ、学校へ到着。
友達と挨拶を交わして早々に、あの変態痴漢おっさんの事を話題に盛り上がりました。
そしてその日はいつも通りの学校生活を終えて帰宅。
帰りの電車もそこそこ混むので、またあのおっさん居たら最悪だなと感じながらも何事もなく帰れました。

翌日の金曜日。
この日もいつも通りの時間に電車に乗車。
乗ってからあのおっさんに勘違い痴漢された事を思い出し、またあのおっさん居たら気持ち悪いな、次触ってきたらどうしようかな、などと考えていました。
この時はまだ、女と間違われて痴漢されたから次は無いだろうという気持ちが大きかったし、車内にはあのおっさんも見当たらなかったので楽観的でした。
ところが、相変わらず鮨詰めな車内で揺られながら次の駅を目指す中、またあの生々しい感覚がケツに感じて思わずビクっと動揺し、咄嗟に昨日と同じくカバンでケツをガード。
緊張して心臓もバクバクなるし、冷や汗もえげつなかったです。
心を静めながら、昨日のおっさん居なかったじゃん!! じゃあ誰だよッ
などと叫んでいました。
次の駅に着いた時、これまた昨日と同様にいったん車外へ出たときに後ろに居ただろう人間を確認。
確かに昨日のおっさんはいません。
ハッキリと顔や雰囲気を覚えているワケではありませんでしたが、あの兄ちゃんも背の高いおっさんも居ません。
ただ一人、ちょうど自分の真後ろに位置する場所に、昨日見たOL風の女性が立っていました。

そんなまさかね、ハハ。なんて思いながらも元居た位置とは違う場所へ。
扉が閉まり、電車が発進してしばらく走ったのち、また次の駅についた時に気付いたのは、その駅での乗り降りが一通り終わった後にあのOLの女性が自分の近くまで移動していました。
まさか俺のケツを触ってきたのはこの女の人?
と疑いはじめ、体全身が緊張感に包まれながらも電車は出発。
すると来ましたケツの違和感。もちろんカバンでケツをガードしていましたが、その隙間に手を入れられて今回は片ケツをつかむように撫でてきました。
もう間違いなくこの女だ。
疑いが確信に変わり、痴女に出会った怖さと妙なエロさと何の抵抗もできないもどかしさで感情がごちゃ混ぜになる中、その手はケツの割れ目をなぞるような事もしてきます。
不覚というか、正常な反応というか、思春期な男子高校生の自分は、これに対してムクムクと勃起をし始めました。
満員電車というこの空間がさらに状況を悪化させ、自分の前方に密着しているスーツ姿のお兄さんに自分の勃起していくチンポがぐいぐい当たってしまう。
これは二次災害を招くと判断。それを避けるためにケツをガードしていたカバンを股間にスライドさせて前にいるお兄さんに当たらないようにしました。
そうしたことから、ケツを撫でているであろうOL風の女性に対して、この痴漢行為を受け入れたような気がして妙な屈辱感を味わいながら、抵抗しないと分かったからなのか前回と前々回よりも撫で方が大胆になってきたのがわかりました。

次の駅までの時間が永久のように長く感じます。
完全にガチガチに勃起している自分のチンポをカバンで無理やり押さえつけ、太ももの内側を伝わる感触があるぐらい大洪水なカウパー。
鼻息も若干荒くなってる自分が恥ずかしかったのですが、電車が少しでも揺れてチンポに押さえつけているカバンが擦れたら、それだけで逝ってしまいそうなぐらい、ギリギリの状況です。
今こうしているだけでも膝が笑って腰から砕け墜ちそうなのに、逝ってしまったらどうなることか。
焦りと興奮の感情が大きくなり、すると幸か不幸か電車は駅に到着。
ブレーキの反動で体が揺れ、カバンにチンポが擦れ、この時が一番最強にヤバいと思った瞬間でした。
自分を褒めてあげたくなるほど、あの極限の状況でよく耐えたし、逝かなかった。

学校のある池袋はまだ先ですが、これ以上は頭がおかしくなりそうでたまらず下車。
勃起チンポを隠すようにカバンは前に固定し、若干足元がふらつきながらもホームに降りながら後ろを振り返ると、やはりOL風の女性は自分の居た位置の真後ろに立っていました。
その時の女性の様子は、何もなかったかのようにしれっとした表情でしたよ。

当然ながら、そのままトイレへ駆け込み一発しごいて朝オナ完了。
パンツはおもらししたかのように我慢汁でぐちょぐちょになり、制服のズボンにもシミができるぐらいあふれかえっていました。
人生で二度とない、しかも思春期に起きた官能的な出来事に、この時のオナニーほど気持ちよかったことはありません。
パンツも制服のズボンもギトギトなのでこのまま学校に行くのはなんか忍びない。賢者モードでパンツとズボンを丹念に拭く手つきは妙に手際よくこなしていたのを覚えています。

SM体験談, 痴女, 痴漢

Posted by mazotown