快楽拷問強制絶頂プレイ!異性を強制的にイカセるためのSMテクニックTOP3

SMプレイ解説

「もうやだ…やめて…」
と涙目で訴えるも、押し寄せる快感に抗えず何度もイキ狂ってしまう様を見るのはSにとって最高の嗜虐ですし、何度も責められて辛いはずなのに、オルガズムの快楽も求めてしまうという苦しさと快感がごちゃ混ぜになる感覚はMにとってこれ以上ない歓びとなります。
このように、パートナーを強制的にイカせるという行為は、イカせる側もイカされる側も興奮度が高く、SMプレイの中で特に好まれるプレイの一つでもあります。それだけに人それぞれ、自分なりのイカせ方をもっているのではないでしょうか。
しかし、その責め方が一辺倒になってしまってはそのうちマンネリになりかねません。
できれば最低でも2つ3つくらいはイカせ技をマスターしておきたいもの。
そこで今回は、特に人気の高い異性を強制的にイカせるためのテクニックを3つ紹介したいと思います。

強制責めのテッパン!『拘束責め』

pn062_190319_001
SMの基本でもある拘束は強制的にイカせるテクニックとしても大活躍です。
人は強烈な刺激を与えられると、本気でイヤではなくても本能的に抵抗してしまうもの。
その抵抗がオルガズムを迎える妨げとなり、イカせる側もイカされる側も不完全燃焼になります。
そこで、手足を拘束して体の動きを封じてしまう事で、強制的に強烈な刺激を与え続ける事ができます。

拘束責めで男性をイカせるには?

拘束責めで男性をイカせる場合は亀頭責めが最適です。
通常の射精では味わえないほど強烈な快感で、M男性には特に大人気の強制責めとなっています。
男性でも女性のように何度もイケてしまい、中には潮まで噴いてしまう人もいるほど。
この亀頭責めは名前の通り、亀頭のみをフェラや手コキで刺激して快感を与えるというシンプルなプレイで、特に一度射精した直後に行うのが最も効果的です。
しかし、男性は射精直後にペニスを刺激されると敏感になりすぎてくすぐったいような感覚になるため、触ってほしくないと抵抗する男性も多く、実際に亀頭責めでイッた事があるという人は少数でしょう。
そこで拘束し、動きが取れない状態にする事で、簡単に亀頭責めができ、強制的にイカせる事が可能です。
注意点としては、滑りが悪くなると痛みを伴い絶頂を迎える妨げとなるので唾やローションなどの潤滑剤を用いて滑りを良くするようにしましょう。

拘束責めで女性をイカせるには?

拘束責めで女性をイカせる場合にはクリトリス責めがおすすめです。
クリトリスは女性の性感帯の中でも最も敏感な場所なので、執拗に弄り続けると刺激が強すぎて反射的に抵抗されたり、暴れたり逃げたりしてしまうでしょう。
そこで拘束しておくと自由が利かなくなるため責め放題となります。
クリトリスは男性でいうところのペニスに相当すると言われているので、亀頭責めと類似する点も多くあります。
男性の亀頭責めと同じく、唾やローションなどの潤滑剤は忘れず使うようにしましょう。

拘束責めのオススメグッズ

拘束責めで強制的にイカせるためには拘束グッズが必須です。
SM用の拘束グッズはたくさんありますが、その中でも拘束責めに適したものを選ぶようにしましょう。オススメは以下の通りです。


ファー付き手錠

ボンデージテープ

開脚拘束具