緊縛拘束プレイをもっと手軽に!縄以外にも、緊縛プレイに使える身近なアイテムはこんなにある。

SMプレイ解説

マゾカスタム

images

緊縛プレイが好きな方って実は結構多いんです。
貴方のパートナーももしかすると縛りたいor縛られたいという願望を持っているかもしれません。
今日はそんな恥ずかしくてなかなか言い出せない…だけど縛り縛られよりお互いの性癖を露わにしたい…そんな緊縛プレイについてお話ししていきます。

緊縛プレイに必要なものはもちろん縄ですよね。
でもセックスのときにいきなり麻縄を取り出し…パートナーはドン引き…なんてことにはなりたくないですよね?
最初は麻縄ではなく身近なものを使って相手を慣れさせてあげることも大事です。
なので今回は縄以外にも使える身近なアイテムを紹介しようと思います。

【緊縛を始める前に】

緊縛というのは危険がつきものです。
100%安全という保証はないので正しく知識を身につけて実践しましょう。
例えば手首を縛るだけでも、必然的に手首に力がかかるのでしばらくすると青くなってしまったりします。
縛られている方も気づかないことが多く、気づいたときにはもう遅いという状態にもなったりします。
そんなことがない様に今回は緊縛をする際の注意点を少しだけ紹介します。

-チアノーゼ-

先ほど述べた様に、手首が青くなったり、紫色になってしまったりすることです。
これは縛られることによって血液中の酸素が少なくなって起こる症状の様で痕が数時間~数日残ってしまうので注意しましょう。
もし症状が現れた場合はマッサージなどをしてみましょう。

-体の冷え-

指を切ってしまったりした方はわかると思いますが、出血した際に止血をしますよね?
その際に指先が冷たくなったりしませんか?
その状態と同じことが緊縛をしていてもなったりします

こういった場合もマッサージなどをし、冷えた部分を温めるのが効果的です。

-吐き気やめまい-

吐き気やめまいを感じることもあります。
少なからず心臓に負担をかけているため起こる場合があります。
この様な状態になったときはパートナーにすぐに伝え、縄を解いてもらい、安静にすることが大切です。

以上が大まかな注意事項です。以上のことを守って緊縛を楽しむ様にしましょう。
それでは身近なアイテムについてお話しをしていきたいと思います。

【緊縛プレイに使える身近なアイテム】

-ネクタイやタオル-

2207

どの家庭んも必ずあるであろう道具でもはや緊縛プレイの入り口だと言っても過言ではないでしょう。
あらかじめ用意していました…という様なものでもありませんし、気兼ねなく取り出せるアイテムです。
まずはパートナーに体の後ろで手を組ませ、緩く縛ってみたり、頭の上で縛ってみたり…どんな使い方だってできますよね。
新しいネクタイを購入したとベッドのそばに置いておくといいかもしれませんね?

-ガムテープ-

k2110598sl

ガムテープもよく使われる拘束の道具ですよね。
拘束以外にも体に巻きつけ、本当に緊縛をしているのではないかと思わせる様なことができます。
でも、ガムテープは肌が荒れてしまったりかぶれてしまったりと、肌の弱い方にはあまりおすすめできません。
そんな時は医療用のテーピングなどを使うこともできます。
医療用のテーピングは伸縮性のあるものもあったりと安全面でもおすすめできるものではないでしょうか。
他にも拘束のために作られたテープもあり、テープ同士しか粘着性を発揮せず、肌には一切くっつかないというテープなどもあったりします。

-ベルト-

69_312991_mb

ベルトも拘束プレイに使えそうな身近なものですよね。
最近ではガチャベルトというベルトが流行っていて、普通のベルトよりも素早くつけたり外したりすることができます。
ベルトはそのまま鞭としても使用できることからSM好きにはたまらないアイテムの一つとも言えるでしょう。

-サランラップ-

soukai_4901670110197

アダルトビデオなどでもよく見かけるのではないでしょうか?
ぐるぐると体の周りに巻くだけで拘束ができる簡単なものです。
巻いたときに見える体がたまらないとSM好きの方からは人気なアイテムです。

-犬用リード-

1_87beaf8b4f083160d4b433af1457206c09562610_583x585

犬を飼っている方なら犬用のリードなんて使ってみるのもいかがでしょうか?
リードで手首足首を縛るのもいいですし、リードがあれば首輪もありますよね?
首輪をつけてペットの様に扱うプレイもできちゃうんです!
1つの道具で2つのプレイが楽しめちゃうのは嬉しいですね!

-包帯-

ear2

包帯も緊縛に使える道具の一つだと言えるでしょう。
包帯は市販のものでもかなりの長さがあるので本格的な緊縛を始めたいけどやり方をまず確認したい、麻縄で縛るほどでも…という方にもおすすめです。
中には自分だけの新しい緊縛方法を見つけたいという方が練習のために使用することもあるみたいです。
短くカットしてそのまま手足を縛るのにも最適な包帯はまさに万能の緊縛アイテムともいえるでしょう。

-結束バンド-

000000000486

結束バンドもよく使用されますがこちらは使い方には要注意です!
結束バンドは一度締めたら緩めることはできませんよね?
そのため締めすぎると前半部分でも紹介した様に体調不良や病院搬送なんてことにもなりかねません。
気をつけてプレイをすればその緊張感やスリルを楽しみたいという方にもおすすめです。

-おもちゃの手錠-

97445673_o1

ゲームセンターなどで見かけたことはありませんか?おもちゃの手錠のUFOキャッチャーなどがありますよね?
もしくはあらかじめ購入しておいて友達からもらったと誤魔化せるくらい簡単に手に入ると思います。
ただおもちゃの手錠なので軽くぶつけたり力を入れたりすると壊れてしまうことがありますし、子供用のものでしたらサイズがそもそも違ったり…ムードを壊さないために十分に注意が必要です。

-プラスチックチェーン-

61uq5ZmsyKL._SY355_

緊縛はできませんが軽い拘束ならプラスチックチェーンでもできますよね。
あまり持っている人もいないかもしれませんが筆者の知り合いにプラスチックチェーンを使って拘束をした方がいるので紹介しておきます。

-ビニール紐-

450-2012071007295851196

新聞などを縛るビニール紐も緊縛に使えるアイテムですよね?
こちらも縛りすぎて住まうことに注意しましょう。
もし何かあった時のためにハサミを用意しておくのがいいとおもいます。
ハサミはあるべく、裁ちばさみなどの大きめのハサミを用意しておきましょう。

-思い切ってホテルに行く!-

DSCF9102

ホテルのベッドの脇にはベッドに直接繋がっている手枷足枷があったりします。
ホテルに行ってこんなものがあるよ!とさりげなく言ってみるのもいいかもしれません。
あとは自分から拘束具を付けてみたりパートナーに付けてあげたりして楽しむのもいいですね。
他にもアメニティに充実しているホテルには手錠や軽い拘束グッズから本格的な縄やロープを取り揃えているところもあります。
なかなか自宅にあるものでも言い出せなかったりする場合はホテルに行っていつもと少し違う雰囲気の中で一度心まで裸になってみるのがいいと思います。

【まとめ】

自宅にあるアイテムだけでこれだけのものがあります。
まだまだここで紹介したもの以外で貴方の身近にも気づかないだけで意外と使えるアイテムがたくさんあるかもしれません。
何を使うのもどんな風に使用するのかも全てが貴方次第です!
ただし前半で述べた注意事項などはしっかり守って相手を思いやり、安全に緊縛、拘束プレイを楽しみましょう。
みなさまが安心安全に緊縛プレイに入門して、美しい淫らな緊縛の世界に足を踏み入れることを心から願っております。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。