【アナル初心者も安心】アナルセックスで気持ち良くなるためのHow to アナル開発、アナルセックス!

SMプレイ解説

マゾカスタム

001
アナルセックスで気持ち良くなるなら結局初めてで、どれだけ気持ち良く出来るかが重要です。とはいえ、まずはどうしたらいいかわからない方多いと思います。きちんと知識をつけ準備をした上で行うのが成功への近道と言えます。
ここではアナルを気持ちよくする為のコツをいくつか紹介していきます。これからアナルに挑戦したいと思ってる人がいれば参考にしてもらえればと思います。
まずはこの5つを実施してみましょう!

①腸内洗浄で腸をキレイにする。

汚いと思ってしまったら気持ちよくなれません。それに腸に残っているとプレイ中にも出てきてしまう可能性もあるのでキレイにしておきましょう、そうすれば感染症などの予防にもなります。一般的にはイチジク浣腸が有名ですし、薬局でも購入できるので初心者にもおススメです。

②肛門マッサージでほぐす。

痛みを感じるのはアナルがセックスに向く状態になっていないからです。いかにアナルをセックスできる状態に仕上げるのかが大切なんです。具体的なやり方は以下の通りです。
・肛門の外側から中心に向かってマッサージする
・肛門の中心から外側に向かってマッサージする
・指の腹でくるくるとマッサージする
・軽く指圧する
面倒くさいと思うかもしれませんがコレをするとしないでは大きな違いが出てきます。

③道具を使う

おススメなのはアナルプラグやエネマグラがオススメです。特にアナルプラグは小さいものからあるので簡単に出来ると思います。これでアナルセックスへの入り口が開くと言われていもいます。
ただ道具を使うときにも注意したい点があります。まずは無理をして入れ過ぎないことです。異物が入るわけですから無理やり入れると粘膜も傷つけてしまいますし抜けなくなってしまう場合もあります。
次に大便は済ませておいて下さい。大便が残ったまま入れてしまうと、残った大便が逆流してしまう恐れがあります。一番いいやり方としては取り出してはローションを塗って、また入れるといった動作を繰り返して行う。これが一番です。長時間アナルに入れて我慢するというのがプレイの一つにありますが、そうするとお尻の穴が乾いてしまい抜く時に悲惨な事になってしまいますので安全にプレイをする為にも注意事項は守ってもらいたいです。
最初は1時間位からはじめて長くても8時間位までにするのが無難です。もし取れなくなってしまった場合は病院に行くしかないです。そうなった場合に恥ずかしい思いをするのは自分ですからね。あと言い忘れてしまいましたが使った道具はきちんと清潔にしっておいて下さい。入れるときもそうなんですがアルコール除菌をしっかり行って清潔に保ってください。菌が膣から入ってしまうおそれもありますので気を付けて下さい。

④ローションを使う

やはり滑りを良くするにはコレです。アナルセックスの基本中の基本。ローションは必須です。AVなどを見るとチンコをそのまま突っ込んでますが、言語道断。とくに初めてのアナルセックスでは絶対にローションが必要です。実はアナル専用ローションがあるんです。普通のローションでも出来ないことはないんですが、アナル専用ローションの方が乾きにくい為、痛みがないまま行うことが出来ます。普通のローションは垂らせばどこまでも伸びるトロ~ッとしたものですが、アナル用ローションはそれよりももう少し固く、どちらかというとジェルのようにプルプルしています。その為乾きにくいんです。ただアナルはデリケートな場所です。ローションによっては肌が荒れてしまう場合があります。アナル用ローションを使うときは粘膜に優しい成分が入っているものを選んで下さい。また普通のローションにはグリセリン配合のものが多いです。これをアナルに使うと下痢になってしまう事もあります。アナル用ローションには粘膜保護成分が入っているものが多いので大丈夫だとは思うんですが微量のグリセリンが入っているアナル用のローションもあるので購入の際はきちんと成分を確認する事をおススメします。

⑤ピストンはゆっくり激しく突かない

アナルの中はとっても繊細なんです。そもそも何かを挿入するようにはできていないので当たり前ですが、膣内同様傷つきやすいです。なので、挿入できたからといって激しくピストンするのはやめて下さい。

まとめ:初めてのアナルセックスする人でも5つのコツを使えば気持ち良くなれる!

https://www.fuzoku-move.net/special/anal-sex.html

002

初めてのアナルセックスで感じるのに重要なのは大きく分けて2つ。開発と丁寧さです。今回はこの2つのポイントに役立つ5つのコツを紹介しました。他にもありますが、できるだけ誰にでもできる簡単なコツが今回紹介した5つの方法です。
アナルセックスは普通のセックスでは感じられない深い快感を得られます。しかし、初めては痛みを感じやすく、失敗しやすいもの。なので今回紹介した5つのコツを使って、最高の初めてを体験しましょう。
一度成功すれば、あとはやみつきです。アナルセックスを行うにはやはり心配事が多いですよね、不安な事も多いと思います。これを読んで少しでもアナルが気持ちよくなってもらえたら幸いです。
ここからは少し余談になってしまうんですが、アナルを楽しんでいる方が実際に行っているプレイやオナニーの仕方もお話させて頂きます。もし5つのコツをマスターし物足りなくなってしまった時に試してみるのもいいかもしれません。
内容によっては上級過ぎて出来ないって思われる方もいるかもしれないんですけど、アナルプレイにもそれぞれ個性がある事をわかってもらえたらなと思います。まずはオナニーについてです。
アナルに入れるものは必ずしも道具とは限りません。日常的な物でアナルに入れれるものといえば、キュウリ、バナナ、リンゴ、うずらの卵、350mlの缶やビール瓶などがあります。
リンゴや350mml缶などかは大きいので拡張しきってからじゃなきと入れる事は難しいです。
それにビール瓶も割れてしまう危険性があるので、万が一入れるときは割れないように注意が必要になってきます。
その中でも手軽にできるとしたらキュウリやバナナやうずらの卵だと思います。うずらの卵は小さいので何個入るのか試します。限界まで入りきったら所で、ウミガメの産卵のようにポコポコ出すんです。
ローターとはまた違った快感があり興奮するそうです。基本的に細長い物や丸いものであればわりかしアナルに入るようです。
普段の生活の中で自分のアナルに入るるものは何か考えるのも楽しいと思います。それに、例えばキュウリをアナルに入れてオナニーを楽しんだとします。その後スーパーでキュウリを見たときに自分のアナルに入ったことを思い出すと思います。
こんな物をアナルに入れてしまって自分は変態だ…。はしたない…と思うと逆に興奮してくると思います。
気づかない内にアナルがヒクヒクして反応をしてしまったらアナル開発が進んでいると思っていいと思います。そのアナルの疼きを解消する為に今度は何を入れようか考えるのも一つの楽しみかもしれません。
自分にあったアナルオナニーの仕方を見つけてもらえたらと思います。あとはちょっとマニアックになってしまうんですけど、女性のハイヒールでアナルをグリグリされたいっていう方もいます。
アナルフィストといいますが拳を入れってもらいたいという方もいます。フィストに関しては肘ぐらいまでは入れる事が出来るようになります。それに女性のハイヒールも意外とヒール部分が細かったり太かったりして感じ方も違います。
話を聞くまで気づかなかったんですが、ハイヒールはアナルにジャストフィットなんです。アナルフィストやハイヒールでグリグリしてもらうのは一人では出来ません。やってもあう場合は普通は女王様にお願いするのが一般的です。
ただ、そう簡単に相手が見つかるわけではありません。ただ女王様と出会いそういったプレイで楽しんでいる方もいます。あくまで体験談ですしこれが全てではありません。
アナルプレイをする中でどういう風にするのがいいかは自分次第です、何が感じるのかも人それぞれです。ゆっくり自分に合ったものを見つけアナルを楽しんでもらいたいと思います。