[2019年最新版]ドローンから小型カメラまで最先端技術を駆使した楽しめるSMグッズ7選

SM向けグッズ

マゾカスタム

あらゆる分野においてテクノロジーは飛躍的な発達を続けており、日進月歩で進化しています。それはSMグッズの分野においても例外ではありません。ハイテクノロジーなSMグッズが次々世に送り出されているのです。

時代は令和。この新しい時代にどのようなアイテムが開発されているのでしょうか。そこでここでは最先端技術を駆使したSMグッズを7つ紹介したいと思います。

空飛ぶチンコの獣に襲われる屈辱感「ディルドドローン」

1

2010年代に突如登場したのがドローンです。軍事用や産業用としては数十年前から開発されていましたが、商業用ドローンは2010年にフランスの会社が開発・販売を行いました。それから数年でメディアに大きく取り上げられるなどして、あっという間に全世界で普及していったのです。

商業用ドローンの本来の使い方としては空撮を楽しむ事にありますが、アダルトグッズに応用開発されたものがディルドドローンです。ハンズフリーでオナニーができるというキャッチコピーで売り出されていますが、SMグッズとしても応用できます。

M字開脚、あるいは四つん這いとなってアナルをむき出しにした状態で待機。そして女王様の操縦でアナルに突き入れてもらいます。女王様にペニバンでアナルを犯してもらうのも嬉しいものですが、女王様の操縦するディルドドローンで犯されるのも空飛ぶチンコの獣に襲われているようで屈辱感を味わえるのではないでしょうか。
ペニバンファックでは味わえないゲーム感覚も味わえるので、アナルを無闇にもてあそばれているという惨めさもM男にとっては快感となりそうですね。

女王様へ臨場感溢れるアナルオナニー報告「Dildoセルフィースティック」

2

2000年代にスマートフォンが普及し、それに伴って自撮り棒も流行りました。最近では見かける事も少なくなりましたが、それでも観光地へ行くとまだまだ持っている人はたくさんいるものです。そんな自撮り棒がまさかのSMグッズに!それが自撮り棒付きディルドです。

使い方は至ってシンプル。自撮り棒にスマートフォンを取り付けて、その反対側に装着されているディルドをアナルに挿入するだけです。これを使ってアナルオナニーすると、女王様に臨場感溢れる報告ができる事間違いナシでしょう。動画で撮影して女王様に、アナルでよがり狂う姿をしっかり見てもらいましょう。

動画撮影だけでなく、テレビ電話モードにして女王様から直接命令や言葉責めをいただくという使い方ももちろんアリです。女王様の顔を真正面で見ながらのアナルオナニーはまるで女王様に直接犯してもらっている気分になるのではないでしょうか。
いずれにしても、必然的にチンぐり返しの体勢で使う事になるので、顔がチンコに隠れてしまわないように撮影するのがポイントです。

IoTでどこにいても遠隔調教できる!「We-Vibe」

3

近年、家電製品をはじめとして、日常のあらゆるものがIoT化しています。IoTとは『Internet of things』の略で、簡単にいえば身の回りの様々なモノがインターネットに繋がる仕組みの事をいいます。
例えば、帰宅時に合わせて部屋の温度を快適にするため外出先からエアコンのスイッチを入れたり、見たいテレビ番組が残業で見られなくなりそうな時、職場から録画予約をする。といった事をスマートフォンを使って行えるシステムもIoTの一つです。

つまり、スマートフォンを通じて遠隔操作ができるものはIoTに対応しているといっていいでしょう。そしてこの遠隔操作にピッタリのSMグッズといえばローターです。
これまでのリモコンローターといえば、電波を送受信する事で作動するため、使用できる範囲は大きくても数十メートル程度でした。
しかし、We-Vibeはインターネットを介すので、インターネットが使える環境でさえあれば範囲は無制限、世界のどこからでも遠隔操作が可能です。

従来のリモコンローターではSMデートで楽しむ事くらいしかできませんでしたが、We-Vibeでは一緒にいられない場合でも利用可能です。なので、職場にいる時に遠隔調教を受けたりなど調教にバリエーションが広がるのは最先端技術を駆使したSMグッズならではといえるでしょう。

ただし、We-Vibeは基本的に女性向けのグッズなので、M男性には使いづらい形状のものもあります。とはいえ、We-Vibeシリーズにはいくつかの種類があるので、アナルにも挿入できそうなタイプのものを選ぶといいでしょう。

相手がいなくても本格SMプレイが楽しめる「VR対応SM動画」

4

VRとはバーチャルリアリティの略で仮想現実の事です。バーチャルリアリティといえば昔はゲームセンターや遊園地といったレジャー施設で楽しむものでしたが、今は個人で楽しむ時代。VRゴーグルに加えVR対応の家庭用ゲームなども多数販売されています。
その最大の魅力はなんといっても、360度見渡す限り、目の前に実体としてあるようなリアルさです。

そしてこれを利用して制作されたのがVR対応のSM動画。目の前には実際そこにいるかのような女王様。その女王様が貴方に向かって卑猥な言葉を投げかけたり、体を弄ったりしてくれるのです。
女王様の動画となるとまだまだ数は少ないものの、これから確実に作品数は増えてくるでしょう。ハイテクグッズを試してみたいけれどそもそも調教してくれる女王様がいない、という人には断然オススメです。

3Dプリンター技術を駆使した近未来的デザイン「Tenga3D」

5

VRで疑似SM体験をするのに用意しておきたいものの一つがオナホールです。そんなオナホールにも最先端の技術が駆使されているものがあります。それがTenga3D。

3Dプリンターの技術を最大限に活用して作られたデザインはまるでオブジェのような仕上がりです。このオナホールの最も画期的なポイントは裏返して使うところでしょう。つまり、このオブジェのような幾何学的なデザインの方をチンコに擦り付ける形になります。
となるとどんな使い心地なのか、とても気になりますよね。Tenga3Dは5種類あるので、デザインによってどのような違いがあるか、どれが一番好みか、試してみる価値はあるでしょう。

ディルドはカスタマイゼーションが当たり前の時代がやってくる!?「DilDIY」

6

3Dプリンターの技術を駆使した性具としてもう一つ紹介したいのがDilDIYです。先に紹介したTenga3Dはオナホールでしたが、DilDIYは3Dプリンターで作られたディルドです。

これまでのディルドはメーカーから発売されたものを購入するのみ、つまり与えられたものを受け入れる事しかできませんでしたが、DilDIYはユーザーが長さや太さ、デザインなどを指定して特注で作ってもらう事ができます。
VRで女王様に調教されながら特注したDilDIYでアナルオナニーをすれば最先端のSMオナニーが実現する事でしょう。

カメラ搭載ワイヤレスバイブ「Siime Eye」

7

SMは時に探究心をくすぐるものでもあります。アナルの中は一体どんな風になっているのだろうか、とプレイしていると一度は考えた事がある人も多いのではないでしょうか。

そんな探究心を満たしてくれるのがSiime Eyeです。世界初のワイヤレスビデオカメラバイブとして大人気のアイテム。女王様にアナルの中をじっくり見られながら蹂躙してもらうのは快感も羞恥心も味わえて一石二鳥です。
パソコンやスマートフォンにも接続可能なIoTグッズでもあるので、使い方次第でSMプレイの幅も広がりそうですね。

さいごに

世界最古の性具は古代中国の青銅器で作られた張型とも、クレオパトラが作った蜂を詰めたひょうたんだとも言われています。いずれもその時代にとっては画期的な発明品だった事でしょう。
当時の人達は2000年以上経つと張型が空を飛ぶ時代が来るなど思いもしなかったはずです。それと同じように、現代人もこれから性具がどんな進化を遂げていくのか想像もつきません。
科学技術が日に日に進歩していく中、今後どのようなハイテクグッズが生まれるのか、期待に胸を膨らませながら見守っていきたいですね。