貞操帯の知識について紐解いてみる

SMを楽しむための情報, SM向けグッズ

貞操帯に関して、この世界に生きる人間であればSMプレイの一環として、
装着した経験が無いにしてもどんなSMグッズなのかは知っている人がほとんどだと思います。
その名の通り、装着する者に貞操を持たせるための器具ですが、多くの場合で女性に対して装着させるために作られたのが始まり。
現在のSMプレイでは本来の目的とは違って辱めるためのアイテムとして使われる事が多いこの貞操帯の長く深い歴史を、今回は掘り下げていきたいと思います。

貞操帯の発祥とは

中世のヨーロッパで、十字軍の騎士が従軍などで留守にする間、自分の妻や愛人に対して浮気を防ぐために作られたのが始まりと一般的には知られています。
嫉妬深かったといわれる中世ヨーロッパの男性なので、十字軍時代より前には存在していた説や、強姦や純潔を守るために女性が自発的に装着し始めたという説まで様々です。

当時の貞操帯

20190626_2

中世の時代に生まれた貞操帯ですが、その当時の貞操帯はまだまだ加工技術が未熟で発展途上な分、素材や作りに荒さが目立つものでした。
日常生活や排便・排尿時にも相当な支障が出るため長期間の装着が出来たのかは疑問ですが、
その不便さからか犯罪者への拷問や刑罰で使用されていたという説もあります。
また当時のキリスト教では自慰行為を悪とみなす考え方が根付いており、そういった行為の抑制のため青少年にも装着させていたそうです。

現代の貞操帯

現在では様々な種類の貞操帯が作られ、その形状によっては貞操器具と呼ぶなど主にSMプレイのアダルトグッズとして広まっています。
女性用だけでなく男性用の貞操帯もより高機能に、装着しやすい素材で改良されてプレイを楽しめる仕様に進化していきました。