貴方がお気に入りの浣腸液5選!

SM向けグッズ

浣腸プレイを行う時に用いられる浣腸液。今回はおすすめの浣腸液を市販の浣腸液と自作の浣腸液でそれぞれ紹介していきたい。
1)イチジク浣腸

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_43_056Z

浣腸プレイで用いられる浣腸液と言えばイチジク浣腸、という位有名な浣腸液です。よく聞くグリセリンの濃度が高いものになります。ドラッグストアに行けば簡単に手に入るという利点があります。浣腸液は20cc、30cc、40ccと種類があり、人肌に温めて使い注入後、最低5分は我慢させます。
(※グリセリンとは… アルコールの一種で、砂糖と同じように体内の酵素によって分解されます。
医薬品や化粧品、食品などに欠かせない素材となっています。グリセリンは、肌をしっとりとさせ、保湿効果、 そして肌を柔らかくする柔軟効果もあります。アナル用ローションにも微量入ることが多いのも、デリケートな粘膜で行うアナルプレイにおいては頷けます。)

2)食塩水(生理食塩水)
粘膜への負担、刺激も割合少なく腸内洗浄に適すしています。

※話は逸れますが珍しい浣腸液として、珍 牛乳、コーラ等を注入するという珍ユーザーもいるそうです。 下ネタでアナルを”下のお口”と称される事がありますが、あくまで排出器官ですので、過剰な選択は思わぬ事故につながりかねません。慎重に注入液を検討ください※

3) 水・ぬるま湯
物理的な刺激による排出促進が可能。適温は体温より若干高めが理想的です。
尚、温度が冷た過ぎると腸が委縮し、十分な効果が得られません。

4)医療用浣ディスポーザブル浣腸器
これもイチジク浣腸と同様、グリセリンが主体です。但しこの医療用浣ディスポーザブル浣腸器は大半の薬局では処方箋なしには販売してくれないのが難点です。最大液量は150mlほど入っています。イチジク浣腸などより量が多く、奥まで注入され便が一気に出て残りません。これも人肌に温めて5〜10分我慢させると効果的です。

5)石鹸水
まず、ニオイを和らげる利点が一つに挙げられます。アルカリ性により腸を刺激し、蠕動運動を促す。また、便を軟化させる作用もあります。
※デリケートな腸粘膜には刺激がやや強めですので、使う際には注意を払う必要があります。又、石鹸の種類によっては危険なものもあるので、注意が必要です。

※浣腸をする上でのポイントは?
浣腸後に内部に水、あるいはグリセリンが残っていると、数分後に再度強い便意を催す事があります。
完了後もすぐプレイに移行せず、10分くらいは時間をおいて、様子をみてみる”時間のゆとり”も大切と言えるでしょう。

※浣腸をする上での注意点
浣腸プレイはSMプレイの中でもマニアックであり、相手の女性に同意させるにはかなりハードルが高いプレイになります。いきなり浣腸プレイの要求をしてもおそらく殆どの女性は応じないでしょう。その為にしっかりM女性を見つけてマゾヒストとして仕込んでいくことが大切です。浣腸プレイはアナル開発がきちんと済んだ延長線上にあるものだと思ってください。じっくり焦らず、プレイに持ち込んでください。また、アナルプレイが苦手な女性には強制しないことも大切です。

※浣腸器の種類
球体ポンプタイプ
注入液が入ったゴムポンプをギュッと握り、ノズル先端から液体が噴射させるシンプルな仕様。簡易的ながら初心者でも扱いやすいタイプです。
但し、逆止弁がない場合はコツを要します。逆流を防ぐために一度注入したら握ったまま引き抜き、再度注入…を繰り返してください。ノズルの形状は多種多様で、挿入時の快感値を上げられるよう工夫されたものも。ローションなど粘度のある液体も注入できるため、汎用性にも優れます。

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_45_954Z

注射器型タイプ
浣腸グッズの中でもっともスタンダードといえるのが、このシリンジ型。ガラスやプラスチック製があり、サイズ展開も大体50~200mmまでと豊富に揃います。狙った分量を確実に注入でき、作業スピードを自在に操れる点もメリットでしょう。
プレイ中のビジュアルが、“いかにも浣腸中”といった雰囲気なのも高揚感を刺激します。潤滑ジェルなども注入できるので、幅広い用途で楽しめます。

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_48_736Z

ノズル付き簡易ポンプ
いわゆる“携帯ビデ”に近いタイプです。ノズル、本体ともにプラスチック製であることが多く、中には使い捨てを前提としたものも。ノズル先端がシャワー状に拡散できるタイプの場合、効率的な洗浄や注入が可能です。
ゴムポンプタイプ同様、逆止弁のないものが多いので、取扱いには十分注意しましょう。

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_51_640Z

ゴムポンプシリンジタイプ
ホースは吸水と排出側に分かれており、吸水口は液体の入った容器へセットし、もう片方はアナルに挿入して準備完了。ポンプを押した分だけ着実に注入できます。
定番の浣腸グッズで、多くはホースもゴム素材のため安心して使えます。注入だけでなく洗浄もできる噴射力も利点で、バランス性に優れるタイプといえるでしょう。

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_54_313Z

タンク型タイプ
タンクとノズルが別型になっている希少なタイプ。 1回の充填で洗浄や注入をこなす大容量が魅力です。 プッシュキャップやポンプで噴射でき、ノズルの長さもある程度確保されているので、セルフでの扱いやすさは随一です。

Skype_Picture_2020_02_03T03_20_57_242Z

※AFやアナルプレイにおいて、事前の準備(浣腸)をする事で、心身共に安心して、 感情移入をしプレイを堪能する事が可能となります。
プレイの最中に便意を催したり、あるいは初心者にありがちな、プレイ中に導入物の感覚を 「便が出てしまう」と訴える事などがありますが、こういった際も、事前の浣腸を済ませることで 「それは導入物の違和感で、浣腸もしたし大丈夫だよ」と声をかけてあげる事が出来ます。
また、ペニスやグッズに、便が付着すると、責め側も気分が萎える場合もあるでしょうし、 受身側はそれ以上に恥じらいを感じ、プレイに専念できなくなる可能性もあります。
浣腸と一言でいっても、アナルプレイ前の前準備から、ハードなSMプレイにおいて我慢を強要され許しを請うなど、 その様なシーンでも浣腸は登場します。
アナルプレイやSMといったコアなジャンルに関係する浣腸は、非常に重要なポイントの一つであり奥も深く、 おろそかには出来ない、是非押さえておきたい基本と言えるでしょう。面倒がらず、 時間をかける気持ちで行って頂きたいものです。

Posted by mazotown