女王様に好かれるM男 好かれないM男

SMを楽しむための情報

プレイの好みや女王様の見た目の好み以上に、SMの世界は相手との相性が大きく左右する世界。
SMとは深い精神世界の快楽を楽しむものです。そのために肉体があり、人としてのコミュニケーションがあります。

女王様に好かれるM男と好かれないM男。

主従関係といっても紐解けば人と人との関りなのでどうしても好き嫌いが生まれてきます。

ではその好き嫌いはどういったことで起こるのか?嫌われるM男の特徴とはなにか?好かれるM男はどんな男なのか?みていきましょう。

女王様を性交の相手とみるM男

調教を受けていると気持ちよくなって興奮してくることは当然です。M男が気持ちよくなっていればそれを見た女王様も気持ちよくなり調教が深まっていきます。
それを勘違いしたM男は性処理の相手として女王様にセックスを求める輩もいます。セックスではないにしろ女王様に気やすく触ろうとするM男もいます。

それが、恋人や夫婦であるなら問題はありません。そういった関係ではない女王様とM男であるのにセックスを要求するのは絶対にNGです。女王様がその気ならOKですがM男から女王様に発信する行動ではありません。

セックスを目的としていないSMの世界でそれを要求するM男、触っていい許可を出していないのに勝手に触ろうとするM男は嫌われます。

勘違いしているM男は思いのほか多いのです。もし許可が下りているのならセックスの主導権はもちろん女王様。触れるのは足のみと制限されています。

不満タラタラなM男

自分の理想と違うと女王様に逆ギレしたり文句を言ったり説教をするM男も中にはいます。
あわよくば逆に調教してやろうとするM男もいます。既にM男でもなんでもないですね。

自分がMなのかSなのかまだはっきりわからないSM始めたての男性ならまだしも、何かが気に入らない、思い通りじゃない、こうなっているのは気持ちよくさせてくれない女王様が悪いと考えてしまう。

何か違うと感じたら“その女王様との相性が悪かった”というだけのこと。違う女王様を探せばいいだけです。不満タラタラのネガティブ感情に負けて逆に調教してやろう、文句を言ってやろうとは思わないことです。

エゴマゾ男

SMということ。女王様との主従関係なんてお構いなし。女王様は自分を気持ちよく咲いてくれる都合のいい存在だと勘違いしているエゴマゾ男も嫌われます。

自分の欲求を満たしたいだけの小さな子供と同じです。感謝することやコミュニケーションを取るなんてことはなく、こうだからこうに決まってると決めつけた思考、女王様なんだからオレを満足させて当然とふんぞり返っている男。(逆調教をしようとするM男と通ずる部分がある)

もうこの時点でマゾでも何でもないただの自己中男です。
そんなエゴマゾ男は、適当にあしらわれてポイ捨てられるのがオチ。

反応が悪いM男

SMはコミュニケーションを大事にする世界です。
受けたことに対して、気持ち良いのか、悪いのか。痛いのか、無理なのか。どんなことでもちゃんと反応するM男はいいのですが、反応がないのはその後に発展もしないし楽しくもありません。
行動に出さない、声にも出さない何を考えているのかわからない状態のM男はあまり好まれません。

ただ慣れない初心者のうちは声を出すのも恥ずかしいかもしれません。どう行動していいかわからない場合は女王様に初心者だということを伝えればわかってくれます。

SMは自分をさらけ出す場。それなのになんの反応もしないのは困る以外の何物でもありません。

女王様に好かれるM男

なによりもマナーのあるM男はとても好かれます。そして素直であること。
こびりついたプライドは捨て自分の性癖や欲求に素直になり、お互いが気持ちよく楽しい時間が送れるように考えられる人。

これはSMに限らず人付き合い全般に言えることだと思います。
プライベートで遊ぶ友人が相手のことを何も考えない自己中な人だったらどうでしょうか?一緒に居ても時間の無駄だと思えたり、不満が積もると思います。女王様との関係も立場が違えど同じことが言えます。

そしてSMの世界なので女王様は自分よりも上の立場のお方。命令には忠実に従い立場をわきまえること。あいさつやお礼がしっかり言えること。ルールをちゃんと守れること。
ソフトSM嗜好だとしても同じ。歴の浅い女王様だとしても接し方は変わりません。

SMプレイのことはあまりよくわからなくても、礼儀やマナーがしっかり分かっていて守れる人が女王様に好かれるM男なのです。

終わりに

SMは紳士淑女の娯楽。一番最初は興味本位かもしれませんが、コミュニケーションを大事とした大人の遊びです。

上記のような嫌われる行動をしない、上記のような好かれる行動をすれば必ず女王様との調教の時間が楽しく過ごせるというわけではありません。
これらは最低限のマナーであり、頭に入れた上で目の前の女王様の人となりを知り、自分もさらけ出し知ってもらうことでようやく素晴らしい調教の時間を過ごせるのだと思います。

プライベートの女王様もお店のプロ女王様も人との関りを大切に、女王様のお気に入りになれる紳士的なマゾ雄豚でありたいですね。

M男特徴

Posted by mazotown