女王様と出会うのに使った課金額とその調査結果報告

S女・女王様と出会う方法

女王様とチャットで調教

マゾ男性が女王様と出会うためにする行動はさまざまな種類がありますが、今どきはSM専門の出会いサイトを利用することがスタンダードな手法として知られています。
十数年前などはまだSMに特化した出会いサイトも少なかったため、SM愛好者のほとんどは大手の出会い系サイトで地道にSMに興味を持つ相手との出会いを探していたものです。

そんな苦しくて非効率な時代が終わりを告げて、今ではすっかり専門の出会いサイトで気軽に出会い探しとプレイを楽しむ時代となっています。
しかしそのような時代になってもまだ問題は残っているもので、たとえばそのてのSM専門サイトを利用している間に必要な課金額は、どの程度が妥当なのか悩んでしまう人も多いことでしょう。

そこで今回はSM女王様との出会いを得るまでに至ったマゾ男性が、実際にSMサイトで消費した課金額がどの程度かを調べた結果を公開したいと思います。

最低でも一か月5000円以上?

口コミなどで高く評価されている有料出会い系サイトの多くは、ジャンルを問わずざっと確認しても一か月3000から5000円は最低課金額と設定されていることが多いようです。
もちろん基本的な機能は無料で使えるサイトもいくつか見つかるものですが、そのほとんどは結局課金しなければ成果が得られないものばかりだったりもするものです。

そのためより確実に出会いを得たいと考えるなら最低でも一か月に5000円程度は課金して、可能であればたまに万札を用いる必要があると思います。
より具体的にそれらの費用の内訳を見ていくと、やはり最も費用の割合を占めるのはメッセージやメールのやり取りに関するもののようです。

意思の疎通は男女が交際を続ける中で最も大切なことですから、これを円滑に行うために最初から出し惜しみなくこのての機能をフル活用することはとても重要なポイントであると言えるでしょう。
なおたまにどのジャンルの出会い系サイトでも、このてのメッセージのやり取りをコスト削減のためにサイト外の全く関係ないサービスで行おうと提案してくる人がよく居るようです。

もちろんそのような行為は出会いサイトの運営者から禁じられている上、全く関係ないサイトへ誘導している時点で荒らしや業者などと揶揄されて距離を置かれる迷惑行為の代表例のようなものです。
しかし残念ながらそのような行為を正当化しようとしたり、それに対応できない人を全て逆に業者認定するようなとんでもない人も多いのが現実です。

そのような無茶苦茶なトラブルメイカーを寄せ付けないためにも近頃は有料であることをちゃんと打ち出して広告している出会いサイトが増えているという点は知っておいて損はないでしょう。
また、そのようなあり得ない迷惑を多くの出会いサイト利用者にかけてしまわないように、やはりどれだけ高くつこうとも、自分が望む限りは出会いサイトでの出費の出し惜しみはやめておいた方が良いと思います。

見落としがちなプレイに関わる費用とは?

どのような出会いサイトを使っていようとも、最後に自分好みの相手と出会うことができれば、その人はすでにその時点で出会いサイトを有効活用できた人物と評価できることでしょう。
ただ男女の交際やSMプレイにおいては、出会いがゴールではもちろんありません。むしろそれはスタートで、そこからも様々な費用がかかってくるものです。

たとえばマゾ男であるあなたが女王様から調教を受ける場所はどこになるでしょう?自宅でSM調教を受けたいと考える猛者も居そうですが、プレイの際に発生する物音のことを考慮すると、実家暮らしは当然ですが一人暮らしの家に誘うのも問題があるでしょう。
そのため結局ラブホテルを利用するのが自然な流れになりますが、その際に場所代、休憩代として払う費用は女王様ではなくマゾ男性側が払うことが多いものです。

どれだけ安くても数千円はかかるのがホテル代ですが、SM調教の内容によっては休憩では足らずに宿泊が必要だったり、通常よりもグレードが高かったり特別な設備が備わった部屋を借りる必要も出てくる場合があります。
となると結局ラブホ代のために一万程度は必ず使うと最初から考えておくのが無難と言えるでしょう。

また、普通の男女の付き合いではなく、あくまでSM男女のSM調教を軸にした交際ですから、その交際に必要なSM調教アイテムの数々は、マゾ男性が率先して用意するのが良いと言えるでしょう。
となるとまたこれだけで費用はホテル代を軽く超えて数万単位で見積もる必要すら出てくるかもしれません。

結局は財力がモノを言うという現実

ここまでの調査結果報告や考察を読んできただけでも、いかに出会い探しにコストがかかるものなのかよく分かったと思います。
単にサイトの課金額だけを見た場合は、冒頭で書いたようにそれほど短期間では費用がかかりません。

しかし出会った後のプレイに関わる費用はさらに追加でかかりますから、総合的に見ればマゾ男性が女王様とお付き合いするには想像以上にコストがかかるということです。
そしてここでよくよく注意しておかなければならないのは、そういった出会いに関わるコストは出会い探しを始める最初から出し惜しみしてはいけないということです。

ホテル代や調教代に金がかかるから、出会いサイトでは課金を少なくしようと考えていると、想像以上に出会いが得られず、出会い探しにただ時間を浪費するだけで終わってしまう場合があるため注意が必要です。
また、SM専門の出会いサイトのみならず、婚活用の出会いサイトですら、今どきは高額課金をして当たり前という風潮があることは覚えておく必要があると思います。

特に自分が女性にモテるような顔をしていなかったり、性格に難があると自覚していたり、職業も年収も良くないのであれば、出会いサイトを利用する間だけは背伸びしてでも出費に制限をかけない方が良いでしょう。
世の中結局金がものを言うというのは社会人として最低限の知識みたいなものですから、そういった基本的なことを振り返る意味でも、リアルに効果のある金額を出会い探しに使って行くように心がけて行ってほしいと思います。

SMプレイ, 調教アイテム

Posted by mazotown