金蹴り・殴られなど苦痛プレイ後のセルフチェック・こんな症状が続いてたら危ない!

M男の心得

痛みを快感として受け入れる苦痛プレイ。

よりハードなプレイになればなるほど壮絶な痛みを伴う行為が行われますが、注意したいのはプレイを楽しんだその後についてです。

苦痛プレイこそ、SとM2人の信頼関係があってこそのプレイであり、度を超えたり自分善がりな行為は注意が必要です。

取返しの付かない大ケガや後遺症が残る事態に陥ったりなど危険が潜んでいるので気を付けたいプレイですね。

今回は苦痛プレイをした後に、自身や相手をいたわるためのカンタンに出来るセルフチェックでお互いを思いやる術を再確認していきましょう。

■金蹴り後

痛ければ痛いほど興奮を感じてしまうM男にとって、金玉蹴りは至高の愛撫。

しかし、より苦痛を求めて強い衝撃を与えてしまうと、睾丸を損傷してしまい、そもそもの機能を失いかねないので適度な力加減が必要ですね。

金蹴り後、しばらくしても痛みが引かなかったり、下腹部にまで痛みが広がっている場合は内出血の可能性を疑いましょう。

また、内出血が広がっている場合、陰茎や肛門も痛みを感じるようになるのですぐに気付くことができます。

陰嚢全体が赤黒くなっていたり腫れている場合など見た目で判断できる場合もすぐ治療をオススメします。

■腹パン後

人間の腹部は重要な内蔵がたくさん収まっているのに対して、それを守るモノが皮膚と筋肉しかないため非常にダメージを受けやすい部分。

M男性向け情報

Posted by mazotown