足コキプレイが得意な長身美脚女性はかつての○○だった!

アブノーマル情報

pn064_191101_001
脚フェチな僕は美脚の女性にしか興味がありません。美人で胸が大きくても美脚でなければ興奮できないのです。逆に言えば足がキレイなら見た目はイマイチでも気にしません。
顔が大久保佳代子でも足が菜々緒なら大歓迎というわけです。

ちなみに長身ならなお好みで、理想を言えば170cm以上の美脚女性が大好きです。

このように、女性に対するこだわりがかなり強い男なので、出会いはなかなかありません。
付き合った女性も片手で数えられる程度です。

そんな僕がある日、ネットで脚フェチ向けの動画を見ていた時の事。

『モデル級美脚女王様と魅惑の出会い』

というキャッチコピーと共に足長女性が足を組んでいる画像広告を見て思わずクリックしました。
それが僕にとって運命的な女性との出会いのキッカケとなったのです。

――175cmの長身なので普通の男性には敬遠されてしまう方です。
でも脚フェチのM男性には好かれるようで、これまで付き合った男性はみんなM、そして私の脚に執着する人ばかりでした。

最初はその事に抵抗があって別れたりもしましたが、次の男性にもその次の男性にも求められるものが脚ばかりなのでこういうものなのかなと慣れてきた部分もあります。

そしてもうすぐ30歳を迎えるにあたり、本気で男性との出会いがほしくなりました。そのためには脚好きの男性が集まる場所で出会いを探すべきだと考え、今ここでこのようにメッセージを書いています。

正直言うと私はSではありません。脚フェチの男性に好かれるというだけの普通の女です。なので本格的なSMプレイなどはできません。普通の恋人、カップルのようにデートも楽しみたいです。

このような身の上を理解した上でアプローチしてくれる男性がいたらメッセージ待っています。

これは、僕が気になった女性のプロフィールです。他の女性はいかにも女王様といった雰囲気のプロフィールでしたが、彼女だけは他の人にはない女性らしさを感じたからです。もちろん長身というのも大きなポイントでした。

僕はメッセージを送り、彼女からの返事を待ちます。もう他の男性と繋がっていたら諦めるしかないですが、彼女からの返信は翌日にやってきました。

そこから僕達はたわいもない話をしながら、最初のアポイントメントを取りつつ、初対面の日を迎えます。
待ち合わせ場所、待ち合わせ時間に現れた女性を見て僕は驚愕しました。

「淳くん?」

同時に相手の女性もビックリした表情を浮かべながら、教えていないはずの僕の本名で声をかけてきました。無理もありません。実は僕と彼女は7年前にほんの2,3ヶ月の間、付き合っていた事があったのです。

「えっ?マミちゃん!??」

僕も思わず当時呼んでいた名前で呼びかけます。僕の数少ない彼女遍歴の一人であるマミちゃんとの再会に僕は運命的なものを感じました。
とはいえ、少し不安もありました。

というのも当時、僕がフラれた側でしたが、その理由はやはり性癖です。プロフィールに書いてあった“抵抗があって別れた事もある”というのはまさに僕の事だったわけです。
それだけに、やってきた相手が僕ではガッカリするのではないだろうか。こんな考えも頭によぎりました。

「まさかこんな形で再会するなんてね」
「ホントにビックリ」
「えっと…僕でいいの?」
「とりあえずどこかでお茶しましょ」

当たり障りのない会話を切り出しつつ、彼女の内心を探ってみたものの答えにならない答えで返され、ひとまず近くのカフェに入りました。

7年前に短期間とはいえ、一度付き合っていた事のある者同士なので、会話はスムーズに進みます。
そしてマミちゃんからも本心を聞く事ができました。

『確かに当時は性癖が受け入れられなかったけれど、優しいし、一緒にいて楽しかったし、性癖以外で不満に感じたところはなかった。今になってやっと脚フェチの性癖が受け入れられるようになったところで再会できて嬉しい』

こんな風に語ってくれたマミちゃんをその場で抱きしめたくなる衝動に駆られました。それくらい僕にとっても嬉しかったのです。

この日は普通にデートをして解散。マミちゃんとホテルへ行ったのは再会して3回目のデートをした日でした。

この時を期待していた僕の股間はホテルに着く前から張り詰めていました。

ソファに腰掛けキスをして、滑らかな脚を撫で回して…いよいよ僕は最初のお願いをします。

「マミちゃん…足、舐めていい?」
「…うん」

僕はソファに座るマミちゃんの足下にひざまずく形で屈み、マミちゃんの足の親指から口に含みました。発酵しきったチーズのような香りが口内から鼻腔へと広がります。
そう、マミちゃんの足はちょっと臭いのです。でもそれは僕にとっては喜ばしいポイントでもあります。僕はさらに股間を膨らませながらマミちゃんの足の指を夢中で舐めました。

マミちゃんは僕の口内をなぞるように足指を動かします。僕にはこれがとても嬉しく感じました。足を舐められる事に拒否反応がある人は足を硬直させるからです。7年前のマミちゃんもそうでした。
でも今は、僕の口内を弄ぶという余裕があります。それだけ足舐めを受け入れてくれているんだと思うと喜びがこみ上げてきました。

両足を舐め尽くした頃には僕のペニスはジンジンを疼き、金玉がキュンと縮こまるのを感じる程でした。
もう我慢できない…

「ねぇマミちゃん…足でしごいてくれる…?」

僕はその場に座り、足を広げながら言いました。ズボンの上からでも勃起しているのがわかるくらい、僕のペニスはビンビンです。

「じゃあズボンとパンツ脱いで」

昔のマミちゃんから聞けなかった言葉が聞けて嬉しい気持ちを噛み締めながら僕はいそいそと下半身を露わにしました。

先端からはすでに我慢汁がにじみ出ていて亀頭をヌルヌルに濡らしています。

「いくよ」

マミちゃんは僕のペニスに足を伸ばすと親指で亀頭の先端を円を描くように撫で始めました。

「んあっ…」

思わずエロい声が漏れてしまう僕。マミちゃんはそんな僕を楽しそうに見つめながら、尿道口を擦るようにしたり、裏筋をくすぐるようにしたりと、様々な方法で僕のペニスを弄びます。

「ローション持ってきてるんだよね?どこかな?」

マミちゃんの問いにソファ脇の鞄を指さすと、マミちゃんはその中からローションを取り出し、僕のペニスに垂らしました。

「今度は足の裏で擦ってみるね」

というと、マミちゃんは僕のペニスを軽く踏みつけるようにしながら竿全体を擦り上げます。
ヌルヌルのローションの感触と、マミちゃんの足でしごかれている…と思うとそれだけでもうイキそうでした。でもまだ足コキは始まったばかり。ここでイクのはもったいない気がしてぐっと堪えました。

マミちゃんの足が動くたびにスカートの隙間から下着がチラチラ見えるのも、マミちゃんの長くて綺麗な足そのものにも興奮が収まりません。

やっぱりイキそう…!

そう思った瞬間、マミちゃんの足の動きが止まりました。

「まだ早いよ?」

そう言ってマミちゃんは今度は金玉を足の指で弄り始めました。金玉はペニスよりも刺激が少なくて、クールダウンにはピッタリです。
今のマミちゃんはそんな事も分かるんだ…誰に教えてもらったんだろうか…?
そう思うと、過去の男性への嫉妬と共に興奮を覚えます。もしかすると僕は寝取られフェチな部分もあるのかもしれません。

少し落ち着いたところでマミちゃんは再度ペニスにローションを垂らしました。そして竿を足の親指と人差し指の間に挟むと上下にしごき始めました。
上から下へ、下から上へ。特にカリの部分は重点的に。しごかれるたびにヌチュヌチュとエロい音が響きます。
僕のペニスが小刻みに震えます。いよいよもう…限界です。

「マミちゃん…イキそう…もうダメ…イク…」
「いいよ、いっぱい出してね」
「あぁ…出る出る出る…!!!!」

ドクドクドクッ!!

僕は白濁の汁を盛大にまき散らしました。

はぁ…はぁ…と息を切らす僕を見て、嬉しそうに笑うマミちゃんはもう完全に僕の理想の女性そのものです。

この運命の再会から一年後、僕達は結婚する事になりました。

奥様は長身足コキ名人。

僕にとってはこれ以上の幸せはありません。

Posted by mazotown