ゼロから始める緊縛拘束!日常用品を使ったソフト拘束、緊縛プレイのススメ。

M初心者向け

マゾカスタム

緊縛はちょっと敷居が高いから、始めるには躊躇してしまいます。
そこでお手軽にできる日常用品を使ったソフトな拘束プレイを紹介します。

本格的な緊縛は縄を用意しないといけませんが、そうそう縄なんてありません。
そうすると身近にある物で代用すればいいですよね。

拘束プレイと緊縛プレイの違い

拘束プレイは緊縛プレイのソフトバージョンと思っている人もいるかもしれませんが、かなり違います。
緊縛プレイは長い縄を駆使して全身を縛ります。
縛り方のルールはありますが、それさえ守れば自由な体勢で縛ることができます。
亀甲縛りのようにただ飾りで縛る緊縛プレイもあります。
縄自体が飾りのようになり、見栄えも良いものになります。
縄を何本も使えばいいので、対象のサイズはあまり関係ありません。

拘束プレイは紐などで縛る以外に拘束具などで簡単に拘束します。
紐で縛る場合、特にルールはありませんが、特定の部位のみを縛ります。
拘束具も拘束具によりますが、だいたい決まった部位のみを拘束できます。
その分、誰でも簡単にできるというのが利点です。
人によってはサイズが合わないこともあります。
ボンデージテープなら特にサイズは関係なく使えるので便利です。

拘束プレイに使える日常用品

タオル、ネクタイ、包帯、ラップなどが代表的です。
だいたい細長いもので、適度に柔らかく、適度な長さがあれば使えます。
あまり細いもの(糸や針金など)は肌に食い込むので向いていません。

特に急にSMすることになった時に、タオルなどはホテルにあるので使いやすいですね。
ホテルにある浴衣の帯なども使えます。

また腕や脚を拘束するだけでなく、ベッドや椅子の足などに拘束するのもいいでしょう。

日常用品を使うと、初心者でもSMに入り込みやすいです。
SM専用のものだと嫌がられるかもしれませんが、日常用品ならそこまで抵抗なく受け入れられます。
全身を拘束するのはよくないですが、一部だけの拘束でも初心者は興奮します。
また、自身が普段使っているネクタイなら、その人に支配されているという感覚も強くなります。

拘束というほど拘束をしないアイマスク・目隠し

タオルで目隠しをするだけでも非日常感があり、どこから何をされるのか分からなくて、気分が高まります。
目隠しなら痛くないので、安心です。

タオルで口をふさぐ猿轡

口をふさぐと普通の会話ができなくなります。
しゃべれない存在として楽しめます。

いろいろな楽しみ

拘束プレイもいろいろ工夫すれば楽しめます。
ソフトが基本ですが、工夫すればハード系のプレイにもなります。
初めは優しく、慣れてきたら激しくプレイしましょうね。

緊縛・拘束プレイ

Posted by mazotown