“アナルでメスイキ”もうやめられない…

M奴隷調教

一度快楽を味わってしまったら、もう後戻りはできない魅惑のメスイキ。

アナルで感じるドライオーガズムは射精とは全く違う快楽として楽しむことができるのです。

とは言っても、ほとんどの人は「やらない」を選択します。どれだけアナルが気持ちいといってもその気持ちよさを想像できないので興味がある人以外は実際にやることは少なく、射精で満足の従来型快楽のままで終わってしまうことがほとんど。

アナルにチンコを入れるならまだしも、入れられるのはちょっと…。。。と。

M男性ならアナル開発は必須!アナルでメスイキする悦びを知らなくてどうするのか!
と、思ってしまいます。

アナル開発による不安とは?

やりたがらない理由の一つは「拡張怖くない?」というもの。

・穴が広がったら我慢するの大変じゃない?

・ガバガバアナルは悲惨だ。

・開発しているのがバレるのが嫌だ。

と、アナル開発にネガティブなイメージがあるからです。

まず、アナルセックスができる程度の拡張でアナルがガバガバで戻らなくなるというのは低いということ。

確かに拡張しているので処女アナルと比べると若干緩さを感じますが、アナルは締まろうとする力が働くので常に開きっぱなしで固定、極太の何かを入れられるように広げているというわけではないのなら通常通り生活できます。

太さにもよりますが、うんこをしてアナルが閉まらなくなったという人がいないのと同じでそれぐらいの太さまでは普通に開くし広げたからと言ってすぐ戻らなくなるわけではありません。

感覚がマヒしてとんでもない太さのものを入れている筋金入りのアナラーのアナルはもう戻らないかもしれませんが、アナル開発は度を越さなければ本当に新しい感覚・気持ちよさを体験することができます。

アナル開発はポイントをおさえが重要

男性には前立腺というものがあります。

男性生殖器で男性にのみあり、膀胱の下、尿道を取り囲むように存在しています。よく言われるのが栗ぐらいの大きさのもの。

メスイキをするならこの前立腺開発が必要なのです。

よく、前立腺の刺激でイッてしまった。と聞きますがその内の何割かは実は前立腺ではなく膀胱を刺激することによって気持ちがいいと錯覚しているのです。

確かに膀胱も前立腺も隣り合わせで目視できないためわかりにくく、触った感じ尿意を催したくなるような感じになります。どちらも内側から刺激される感覚が気持ちよく感じるので膀胱も前立腺も実際にはわかり“にくい”です。

しかし膀胱を刺激してもメスイキ(ドライオーガズム)はできないのです。だって膀胱ですから。

アナル, アナル開発

Posted by mazotown