奴隷市場は実在する!?調教された奴隷の告白談

M奴隷調教

皆さんは奴隷市場なるものをご存知でしょうか。

奴隷市場とは名前の通り、供給側と需要側とで奴隷を取引する場の事を言います。

よく、漫画やゲーム、AVの世界で見かけられるシチュエーションでもあり、複数の男性が全裸でステージの上に上げられ、女性に値踏みされるというシーンに興奮を覚えるM男性も多いのではないでしょうか。

SMの世界では主にSMバーなどで行なわれる事がありますが、それはあくまでショーという形であり実際にそこで奴隷取引をする事はありません。

それだけに、やっぱり奴隷市場はファンタジーの世界でしょ、と思われる人も多いと思いますが、実は奴隷市場は実在するようです。

今回は、実際に奴隷市場で出品された経験を持つM男のKさんに当時の様子を告白してもらいました。

きっかけは風俗店での出会い

僕は年齢=彼女いない歴というくらいモテない男です。それでも人並みに性欲はあるので、週一のペースで風俗店へ通っていました。

そこで働いていた僕のお気に入りだった子がいるのですが、その女の子が奴隷市場へ出品されるきっかけとなったAちゃんです。

僕は毎週、ロングコースでAちゃんを指名していました。Aちゃんは明るくて、綺麗で、でもちょっとイジワルで。そんなところも好きでした。

プレイ中は焦らされたり、時にはイカせてもらえず帰らされた事もあります。風俗店でそんな事をされたら普通は怒るところですが、僕が元々Mっ気があったのか、Aちゃんだからなのか、僕が怒る事はありませんでした。むしろそんなAちゃんにますます心惹かれていく自分がいました。

風俗嬢と客という関係が数ヶ月続いたある日、Aちゃんは

「私と個人的なお付き合いをしない?」

と言ってきました。

まさか、Aちゃんからそんな風に言ってもらえるなんて思わず、すぐにOKしました。

お店的にはNGなのかもしれませんが、Aちゃんから言ってくれた事だし、とそこはあまり深く考えずに返事をしました。

個人的な関係を持った先に待っていたのは調教生活でした

Aちゃんと個人的に付き合う事になった僕。そんな僕を待っていたのは調教生活でした。

といっても、いきなりAちゃんが鬼畜に豹変したわけではありません。

でも、最初の関係で剃毛を指示され、二回目の関係で縛られて、三回目の関係でアナルを開発されて…

こんな感じで、着実に僕はMの体へと調教されていきました。

元々お店でのプレイでも少しイジワルだなと感じつつ、受け入れていた僕にとっては個人的にこうして関係をもってくれる事だけでもすごく嬉しかったですし、どこかで気持ちいいと感じる自分がいたので抵抗よりも喜びの方が勝っていました。

それに、こうしたSMプレイの後は優しく接してくれたので、そのギャップでむしろますますAちゃんに堕ちていきました。

僕は思うんですけど、SMって体をどうこうするのが重要なんじゃなくて、心をいかに支配する、されるかが一番大事だと思うんです。最初に精神的な支配があるから、肉体的に支配されて悦ぶ体になる。そんな風に感じます。

僕が奴隷堕ちした瞬間

Aちゃんと個人的な関係になってしばらくは僕は彼氏だと思ってました。Aちゃんに見初められて、お客さんから個人的な関係になった事で彼氏に昇格したのだと思い込んでいたのです。でもそれは僕の思い上がりでした。

ある日、僕はAちゃんに言いました。

「そろそろお店を辞めてほしい」

Aちゃんは僕と個人的な関係を持ちながらもお店は続けていたのがずっと不満だったのです。

僕はAちゃんの彼女なんだからと言ったら、何言ってんの?と嗤われて。

「とりあえず服脱いで」

と言われた僕は言われるがままに脱いでしまいます。もうこの時点で主従関係がハッキリしてますよね。

服を脱いだ僕にAちゃんは手鏡を持って言います。

「アンタの乳首、こんなにデカくなってみっともないよね?」

「ほら、触っただけでいやらしい声、すぐ出ちゃうじゃん」

「そもそもアンタのチンコを私の中に入れた事ある?」

Posted by mazotown