メスイキ・女装子・SM出会い体験専門

全身性感帯にされて真性Mとなった僕の調教体験談

M奴隷調教

pn065_200806_001
僕は彼女と出会うまで、自分がMだなんて考えた事もありませんでした。

かといってSかと言えばそういうわけでもないのですが、とにかく僕はSMとは無縁な日々を送っていました。

そんな僕が彼女と出会ったのは1年前の事。
たまたま入ったバーのカウンターで一人飲んでいたのが彼女でした。店内にはボックス席やテーブル席に数組の複数客がいましたが、一人客は僕と彼女の二人だけ。自然と世間話が始まり、最終的に連絡先を交換する流れになりました。
それから数回一緒に食事に出かけ、お互い好意的な印象を抱いているのを感じたのでそのまま付き合う事に。

このように、僕と彼女の出会いはごくありふれた男女の出会いと言えるものでした。
けれど、この出会いが僕の性癖を一変させるものとなったのです。

彼女との初セックスは付き合ったその日、食事の後に流れ着いたラブホテルで。
それまでセックスの経験はあれど、やっぱり初めての相手との初セックスは多少なりとも緊張するもの。そんな心の内を悟られないようにするも、どちらかというと彼女の方が積極的で、自分よりも経験豊富な印象を感じました。
そうなると主導権も彼女に握られるのは必然で。

「もうこんなに大きくなってる」
「こうされると気持ちいいの?」
「ねぇ、どうされたいか言ってみて」

僕の上に跨がりながら、こんな言葉と共にチンコや金玉、会陰を愛撫する彼女。

今まで付き合った彼女とは僕の方がリードする側だっただけに、これはこれで新鮮でした。というか、金玉舐めや会陰マッサージなど、今までされた事のない愛撫に僕の体は大興奮でした。

最終的には騎乗位でイカされた僕はこの日初めて、受け身だけでイカされる快感に目覚めたのです。

二回目のセックスはそれから約10日後。二人でショッピングをして食事をして、といったごくありふれたデートの後の事でした。

前回と同じようにベッドに寝かされた僕は、彼女からの愛撫を受け入れます。
彼女の舌が僕の舌を絡め取っての濃厚キスから始まり、首筋や乳首、脇腹へと彼女の舌と唇が這う感触にくすぐったさを感じながらも、既に股間は期待でビンビンに。
彼女の舌が下腹部を這い、次はいよいよフェラチオか…という時でした。

「ねぇ。今日は使いたいものがあるの」

と、彼女がベッド脇に置いていたバッグから取り出したのは一枚のスカーフ。
それを何に使うか分からないという不安はあったものの、それ以上に好奇心の方が勝った僕は彼女の提案を受け入れました。
すると彼女はそのスカーフで手際よく僕の両手首を縛ったのです。
人間、いきなり手を縛られて動きを封じられると途端に不安が襲うもの。僕は咄嗟に手を捩ってみましたが、固く結ばれているであろうそれはびくともしませんでした。

「大丈夫、危ない事はしないから」

という彼女が次にバッグから取り出したのはクリップ状の道具。これも何に使うかすぐにはピンときませんでしたが、アダルト玩具だというのは予想がつきました。
彼女はそのクリップを僕の乳首に挟むとスイッチを入れます。

「あぁっ!んっ…」

いきなりの刺激に僕は思わず恥ずかしい声を漏らしてしまいました。その刺激は気持ちいいというよりもくすぐったくて、すぐにでも逃れたい気持ちでいっぱいでした。でも僕の手はスカーフで縛られていて、クリップを外す事はできません。

「ちょっと…くすぐったいから外してよ」
「大丈夫、だんだん気持ちよくなってくるから」

彼女にお願いするも軽くあしらわれ、僕はただただ身じろぎするしかありませんでした。
そうするうちに彼女は僕のチンコを咥えてフェラチオを始めます。

乳首はくすぐったいのに、チンコは気持ちいい…

今まで味わった事のない感覚でした。
フェラチオでイキそうになる少し手前まで上り詰めるも、あと少しという所で唇が離れ金玉舐めに移行。チンコが少し落ち着くとまたフェラチオされて…が繰り返されます。
その間、同時に会陰マッサージもなされ、乳首はずっと玩具で刺激されっぱなしです。

SM体験談

Posted by mazotown

この記事を読んだ人にオススメ!