【緊縛特集】SMプレイに最適な緊縛方法と合わせてやりたいSMプレイ5選

M奴隷調教

マゾカスタム

緊縛といえばSMプレイを盛り上げる調教のひとつですね。ですが難しいというイメージが強く好きでもなかなかうまく調教に取り入れられないという人も多いです。
そこで初心者でも結びやすくベテラン層にも人気の緊縛の種類と合わせてやりたいSMプレイの人気5選をご紹介します。

手足を縛る

もっとも簡単な緊縛とされる結び方です。また、結ぶものが縄意外のタオルなどで代用できるとして初めてのSM体験者や何の準備もしていないがちょっと刺激的なセックスをしたいという男女まで幅広く好まれています。
手だけ、足だけを縛るだけでも身動きが取れなくなり、縛る先をベッドや柱にすれば完全に固定することもできます。動きが取れない不自由さと自由に弄ばれる無様さにマゾは酔いしれるのではないでしょうか。

縛り方は簡単。手首を内側にし、縄を手首にまわしたあと交差するように手首を固定します。足の場合はベッドや柱などに固定。

詳しくはコチラ→緊縛シリーズ~手首くくり~

合わせてやりたいプレイ

どんなプレイとも合わせやすい手足を縛る緊縛。手を後ろにまわして縛る、前で縛るだけでも全然違う効果になります。

前の手で縛るなら
・四つん這いでアナルプレイ
・椅子に座らせて顔面調教
・縛った手をバンザイさせて全身をくすぐる
・縛った手を何かに固定させ下半身を責める

後ろ手でしなるなら
・後ろ手に正座。奴隷の服従ポーズ
・バックから責める
・性処理道具として扱う。後ろ手縛りに首輪は支配と服従感が強く感じられるため調教が盛り上がります

手足の縛りは奴隷や服従させたいときによく使われます。他にも手を上に上げて体の動きを制限するなど体のバランスを取るプレイ意外のものならどんなプレイでも相性がいいと思います。

股縄

主に女性に縛る時に行われる縛り方ですが男性を縛るのもOK。簡単にできるのとそれでいて縛られている方にダメージや快楽をしっかり味わってもらえる方法。
縛り方は簡単。腰にまわした縄を結び下にまわして腰の紐に結ぶだけ。女性の場合は性器に当たるので締めすぎに注意して程よい食い込み具合で固定するようにします。

詳しくはコチラ→股縄(またなわ)の縛り方

合わせてやりたいプレイ

股縄とは少し違いますが綱渡りというものがあります。いくつかの結び目を付けたコブを作った長い縄を部屋の端から端に結んでその縄の上を歩くというもの。性器にポコポコあたる縄が擦れて痛みを感じつつも気持ちいいマゾ虐めの綱渡り。
股縄は食い込ませるのがいいのでそれで感じてしまう変態マゾには綱渡りはたまりません。
・奴隷としてパンツの代わりに過ごさせる
・縄に道具を固定して縛る

食い込ませるのが楽しい股縄です。とくにパイパンに食い込ませるのが好きな人が多くS側を存分に楽しませてくれます。

また性器やアナルに道具が当たるように固定し刺激を与え続けてもがいてる様を遠目で眺めて見るのも楽しそうです。

亀甲縛り

一番よく目にする緊縛です。縛ったことがない人からすると見るからに難しそうなイメージを持つかもしれません。確かに縛りの練習は必要ですが宙吊りや逆さ吊りの他もっとがんじがらめの縛り方と比べたら簡単で見ごたえのある縛り方です。縛り方のコツを掴めばあとは同じ作業の繰り返しになるので縛り方を学んで実際の調教ではスルスルと縛れるようにしておくとカッコよく決まります。

少し難易度が高いので練習が必要ですが体の中心を通した縄を左右にまわしながら結んでいく縛り方です。難しそうに見えても同じ作業の繰り返しなので慣れてしまえば簡単な作業になります。

詳しくはコチラ→菱縄縛り(亀甲縛り)の縛り方

合わせてやりたいプレイ

基本的に手足は自由なので動かせる手足を使って何かを命令したり、逆に他の緊縛と組み合わせて手も足も縛ることが多いです。

この縛り方をマスターすれば股縄やたすき縛りも同時に縛れたことになる(胸元を縛る・下半身を縛るという効果が同じ)なので緊縛プレイをやってみたいという方はマスターしておきたい縛り方です。
・オナニー鑑賞
・蝋燭プレイ
・道具責め

ハードよりのプレイがピッタリな亀甲縛りは愛玩具として調教したい時にはおすすめ。

たすき縛り

こちらもよく目にする緊縛のひとつです。胸を強調する縛り方でふくよかな女性を縛る時には見応えがあり服従している感を味わえる縛り方です。
後ろ手に縛ったり、手は縛らず胴体だけを縛ったりします。胸を絞り出すようにグッと締めるのが特徴でおっぱい好きにはたまらない縛り方です。

たすきという名の通り着物で袖をまくる時のように縛ります。胸元はキツイくらいでも大丈夫ですが腕も入れて縛る場合は関節や腕の曲げられる範囲が人によって違うので注意が必要です。肩から先は力を少し緩めるなど部分ごとに締め付ける力加減をコントロールすると縛られる側は受け入れやすいでしょう。

詳しくはコチラ→緊縛シリーズ~たすき縛り~

合わせてやりたいプレイ

・乳首責め
・上下の口責め

お腹や腕を縛るよりキツさを感じないこともあるので対象者に行動してもらうようなプレイもおすすめ。

部分吊り

緊縛の中で人を吊るという作業は危険を伴うため見よう見まねで安易にやるものではないですが、部分的に吊り上げるなら危険度は下がります。またいろんなプレイと合わせて調教するのに一番楽しさを感じるのではないかと思うので是非挑戦してほしい緊縛となります。

体は自由に縛りたい縛り方で縛り片手か片脚もしくは片手と片脚両方を縛り上げます。宙吊りは高度な緊縛ですが部分吊りならば体の一部は地面についているので安全面も保てます。足ならば広げられる範囲、姿勢は無茶すぎないかということに注意をして縛っていきます。

詳しくはコチラ→緊縛シリーズ~雄犬縛り~

合わせてやりたいプレイ

・道具責め
・異物挿入
・浣腸・スカトロ
・おしっこ

部分宙吊りは縛られている人物が高い位置(目線)にいるので責め側としてはとても調教のしやすい緊縛です。また固定されて身動きが出来ないので責めるられる部分が丸見えで調教のしやすいのも特徴です。
長時間の姿勢は重力の影響で出来ないのでうっ血度合いがひどくなる前に解除してあげましょう。

緊縛を楽しむために

緊縛は縛る側の技術や知識も必要ですが、縛られる側も体の柔軟性が必要なプレイです。技術が高くても縛られる側の体が硬くてやりたい縛りができない、長時間その姿勢を保っていられないとあってはせっかくの緊縛プレイも存分に楽しむことはできません。

縛る側が縛りの練習をしているのと同じように縛られる側もどんな縛り方も対応できるような体のしなやかさと柔軟性を保つのが鉄則です。体は動かさないと年齢と共に硬くなり可動域が狭まっていくので日ごろから柔軟体操をすることをすすめます。

体の柔軟性が高いとSMプレイだけではなく日常生活でも怪我防止・基礎体力向上というメリットがたくさんあります。

終わりに

難易度の高いものは当然ですが簡単に出来るといっても実際の人で試す前に練習は必要です。ある程度練習が終わって結び方をマスターしたら今度は人を縛ってみましょう。その際いきなり裸ではなく服の上もしくは下着の上から縛ってみます。いきなり裸だと実際の人を縛ることに慣れていない分キツすぎる、関節や筋など当たり具合がうまくいっていないなど出てくるので衣服を身に着けた状態で練習します。
相手に違和感なく縛れて自分でも納得出来たら裸で縛る調教に移れることになります。
練習期間はカッコ悪く思うかもしれませんが相手を気持ちよくさせるため、S側としては当然の努力です。出来るようになっても日々練習して鍛錬を怠ってはいけないのが緊縛です。他のSMプレイとはちょっと違う難しさと楽しさがあるプレイなので上記を参考に緊縛プレイを楽しんでください。

Posted by mazotown