苦行のはずの射精管理が気持ち良くて大好き!射精管理は苦しいのにハマるのはナゼ?

M男の心得

自分の性欲を他人に支配されることについてみなさんはどう思いますか?

人間の三大欲求のうちの一つである性欲のコントロールを失うことを好む方は意外と多いです。

その中の一つが射精管理。その名の通り射精を管理されることです。

射精管理をされることが好き、されたいという願望がある方もやり方がわからない…なんでハマるの?と思う方はたくさんいらっしゃると思います。

なので今日はそんな射精管理についてお話しをしていきたいと思います。

【射精管理って?】

文字通り射精を管理されることですがどう管理されるかによって楽しみ方は無限大です。

熟練の女王様はもちろん初心者の女王様も行いやすい調教の1つです。

射精管理にはその場の状況や定期的に会うパートナーや会う頻度が不定期だったり離れているところに住んでいてなかなか会えない環境によって射精管理の方法がたくさんあるので、今日はその中のいくつかを紹介していきます。

-オナニー禁止による射精管理-

オナニーを禁止されることも射精管理の一つです。

オナニーを禁止されるのは男性にとっては相当辛いですよね。

数日間のことでもあれば数週間に渡るオナニー禁止をご主人様から言い渡されることもあります。

いわば自分との戦い…そしてどれだけご主人様を満足させられるかが肝となっている射精管理になります。

ご主人様はM男性が苦しんでいる姿を見るのが好きですから自分の思っている気持ちや状態を事細かにご主人様に伝えましょう。

そうすればご主人様も喜んで次の司令やお褒めの言葉などをくれるでしょう。

-セックス中の射精管理-

セックスや愛撫の最中にご主人様からペニスをしごかれている時、イキそうになった時に寸止めされることもあります。

何度も何度も寸止めを繰り返されるうちにパンパンになった自分のペニス、もどかしい気持ちに、欲にまみれた自分の表情…そんなものを全てご主人様にさらけ出しましょう。

「お願いします。ご主人様、私をイカせてください」

優しい女王様であればそのままイカせてくれると思いますが、なかなかイカせてくれない女王様には精一杯の奉仕をして射精の許可をいただきましょう。

-玩具による射精管理-

ご主人様と一緒に住んでいない場合、もしくは住んでいる場合でも本当に勝手に射精をしないという証拠はどこにもありません。

そんな時に用いるのが「貞操帯」と呼ばれる道具です。

貞操帯は女性のイメージの方が強いのではないでしょうか?

元々貞操帯とは戦時中に兵隊になった夫が、妻や愛人が勝手に他の男性と性交したりしないように使用された道具です。

それが最近ではM男性の増加とともに男性用の貞操帯の販売数が増加しています。