M男が金蹴りを嗜んで究極の責めを楽しむために

SMプレイ解説

金蹴り…M男の苦痛系プレイの中でも最上位に当たると個人的には思う、恐ろしいプレイです。

何が恐ろしいかというと、男として子供を作るための精子を生み出す睾丸を損失してしまう恐れもあるからです。

もちろんそんな事になれば、今後一切自分の子供は作る事が出来なくなってしまいます。

ある程度年を重ねててすでに子供がいる場合か、もう絶対今後子供を作る機会はない、奴隷M男として生きていく、と心に決めたかでもない限りはなかなか踏み出すことのできない領域でしょう。

そして、基本的には激しい痛みが伴います。

普通にぶつけたことがある方は判ると思いますが男なら悶絶ものの、しばらくまともに動く事も出来ないような痛みです。

あの痛みを故意に、しかも狙って与えられる…しかし男としてあれ以上の苦痛を安心して安全に(完全に安全ではないけど)簡単に気軽に受けることができる。

これこそが金蹴りの魅力と言えるのではないでしょうか?

もし興味がある、女王様に玉をけられて苦痛を受けてみたい、痛いのが好きで試してみたいという方がいたら本日の記事を呼んで金蹴りをたしなめるM男奴隷になりましょう。

金蹴りを嗜むのなら①

最初に書いた通り金蹴りをしてみたい場合にきちんと考えておかないといけないのが『万が一』の場合です。

プレイを希望して行ったにもかかわらず、何かあった時に相手の責任になったりするのではお互い心からプレイを楽しむことができません。

また、金蹴りを受けて悶絶した場合言葉が発せなくなる状況もあると思いますがそんなときのいわゆるギブアップ方法は絶対決めておきましょう。

そうでないと女王様はエスカレートしてもっと苦痛の表情を見せるように責めてくれますので、止めどころが判らないもしくは止められないといった事態になると思います。

金蹴りを楽しむという事は、当然痛みを楽しむ事なのですがプレイ上のトラブルとか心配事や揉め事が怒ってしまいますとパートナーとして今後楽しんでいく事が出来なくなってしまいます。

そういった事態を避けるためにも『万が一』が起こらないようにするにはどうするか、『万が一』が怒ってしまった場合にはどうするかはきちんと前もって相談しておいたほうが良いでしょう。

金蹴りを嗜むのなら②

金蹴りをたしなみたいと思ったら、まずはどの程度から入るのかを考えてみましょう。

というのも、ある程度苦痛になれているM男奴隷でないと先にあまりに悶絶級の苦痛を感じてしまうとその後が及び腰になってしまうからです。

まあ、男性諸君ならあの味わった事のある痛みを自分から受けたいって思うかどうかと言えば、変態M男奴隷でもない限り自分から味わいたいとはなかなか考えないかもしれない。