Twitterで・Instagramで、SNS公開調教

SMを楽しむための情報

今まではSMに興味があった比較的若い年齢層の女性たちは、独特の怖い・痛いと言ったイメージからSMの世界に足を踏み出せずにいました。
しかしTwitterやInstagramなどで、素人によるSMプレイの様子を撮ったきわどい写真などが手軽に見られるようになり、身近なアダルトコンテンツになりつつあります。
それに加え、少し前まではSMクラブなどは会員制で一見お断りという店舗が多かった情勢が、近年では誰でも受け入れてくれて一緒に楽しもうというスタンスの店舗も増えました。
このことも、興味があっても手が出せなかったユーザーでも手を出しやすくなり、SMの世界に対するハードルは下がってきています。
そして、これらの状況が入り交ざり、SNS界隈ではSMプレイのパートナー募集や、画像や動画など自身のSMプレイを共有したりして一つの盛り上がりを見せています。
さらに女の子がSMプレイの様子をSNSに上げると、それに触発された女の子が自分もSMの世界に手を出していく。
今の時代は、そんな素人のSMプレイ好きな女の子が量産されている状態にあると言えます。

そんなSNSを活用する彼女らとSMプレイをしてみたいオッサンや、SMプレイじゃなくても単純にセックスできるチャンスと思ったおじさんが、この波に乗ろうと切磋琢磨しているのだそう。
そういったオッサンたちはSNS内のダイレクトメールで口説き文句を添えたお誘いのアプローチメッセージをバンバン送り、1人でも多く釣れるように日々奮闘している中で、引く手数多の彼女たちは実際に会ってプレイする事は少ないといいます。
本当にSMプレイを熟知した男性であれば、本当にSMプレイのパートナーを募集している女性とSNS上でパートナーの関係になる事もありますが、それは少数派でしょう。
大抵の場合は性欲を処理したい下心しかないようなオッサンがワンチャン狙ってナンパしているという現実。
ところが、出会い厨ばかりの混沌とした世界が渦巻いていると思いきや、SNS上で完結するSMプレイが密かなブームとなっているようです。
“SNS上で完結するSMプレイ”とは、実際に会わずにSNSのメッセージやコメントで調教の指示をしたり、指示を受けて実行すると言った遠隔で行うプレイの事。
S側であれば、M側に対してさせたい調教を指示・命令を送り、M側はそれに従って結果やリアクションを共有する。
それは公開設定されたすべてのユーザーが見れる場でも行われており、まさにSNS上の公開調教と言った具合です。
Instagramでは、規約にぎりぎり引っ掛からないような際どさで、パートナーとのSMプレイの様子や一人でプレイしている様子の写真をアップし、どこからともなく現れたSっ気の強いユーザーが勝手に次の写真の指示を出すという流れがよく見られます。
新型コロナウイルスで外出もままならない今の情勢。
こういったSNSを利用した遠隔でのSMプレイや公開調教も、プレイヤーに残された数少ない娯楽として、今後も人気が高まっていくのだと感じますね。