緊縛、ピアス、アナル。SM初心者にお勧めできない危険プレイBEST3

SMを楽しむための情報

マゾカスタム

SM業界ではもはや常識となっていますが、いわゆるSM調教と呼ばれる数々のプレイの中には、SM初心者にお勧めできない危険なプレイというものが存在します。
それらは他の業界と比較して、お勧めできないという表現にはより強い真剣味があるということを理解しておかなければなりません。

なぜならSMもまた他の業界と同じく趣味の延長線上に存在すると定義できる余地がありながらも、実はその特徴ゆえに単なる趣味としては完結できないようになっている部分があるからです。
それはSM調教というものがサドとマゾの深い信頼関係と、お互いの教養を必要とするほどに、お互いの身体と心に大きなリスクを抱える行為だからと言えます。

実際、今もなおSMプレイに関して間違った知識を持ち、明らかに危険な行為をしているのにそれに無自覚なまま暴走し、普通ならあり得ない事故をSMプレイの最中に引き起こす人たちが居るのです。
しかもそういった事故は本人たちが考えている以上に深刻な影響をSMパートナー両方に与えてしまうものであり、実際SMプレイの最中に起きた死亡事故なども多数存在するのです。

ですからSMに関してまだ知識も経験も浅いと自覚がある人はもちろんのこと、自覚がなくて自分はSMプレイについて大体理解があると考えている人も、今回ご紹介するSM初心者にお勧めできない危険なプレイベスト3をぜひ一度把握してみてほしいと思います。

人気だけど危険も多いアナルプレイ

当たり前ですがアヌスというのは出口であって入り口ではなく、性器でもなくてあくまで排泄器官です。
そのためこの部位を使ったプレイ全般は基本的に排泄器官、つまり肛門や腸に関してある程度知識を持っている人以外はあまり実践すべきではありません。

実際のところこのアナルプレイに関する事故というのはかなり多いもので、ここ数年はインターネット上の複数のwebメディアでもそのてのニュースが取り上げられていたりします。
中でも特に多いのがアナルを使った自慰プレイ、いわゆるアナルオナニーと呼ばれる行為を行っている最中の事故です。

たとえば自分で自分のお尻の穴になんらかの物を挿入してみたものの、その挿入物の限度や性質が理解できず、直腸を傷つけたり挿入したものを取り出せなくなる事故が多発しています。
こういった場合、特にひどいのは後者の方で、こちらは多くの医療関係者に迷惑をかける場合が多いと共に、多くの人に自分の痴態や変態性癖を知られてしまうというリスクまで発生します。

実際アナニーの失敗一つでこれまで築いてきた社会的な信用全てを失った人たちも多数居るようですから、くれぐれもアナルを使ったプレイを一人で楽しもうとする際は、事前によくよく知識や経験を積めるようにしてほしいと思います。
そして実際にアヌスや腸に関して知識や経験を積む方法としては、SM調教に詳しい女王様などと出会って本物のSMプレイについて経験と知識を積んでいく必要があるのではないかと思います。

痛いだけじゃなくて危険でもあるピアッシングプレイ

ピアッシングプレイとはピアスを身体の各部位、好みの場所に取り付けるプレイのことですが、これを行う場合に起こる痛みというのが耐えられないくらいに強いものだという話はよく聞く話です。
特にハードSM調教に慣れていない人はスパンキングプレイなどで肌に受ける刺激にすら慣れていないわけですから、肌を削り肉を引き裂くピアッシングプレイはさらに耐えるのが難しいものだと言えるでしょう。

ただそれなら痛みにさえ耐えることができれば、ピアッシングは初心者にもおすすめじゃないかと思われがちですが、実のところ痛みだけがピアッシングの問題ではないのです。
むしろ痛みを越えた先で重要になってくるのは、ピアッシングを施した部位のアフターケアになります。

いわば健康な肌を傷つけて穴を空けたのがピアッシングですから、そのあとのケアもとても重要なものになるのは間違いありません。
もしもこのケアを適当なやり方で済ませていると、ピアスで空けた穴の周囲が化膿したり、何らかの病の原因になる場合があります。

さらにはそれらの症状が治まったあとでも、傷口を中心とした部位が歪な形になってしまったりと、様々に不都合な現象が起こる場合があります。
そういったことが起こらないようにするためには傷口を衛生的に保つ努力とそのための専門知識が必要です。

さらにピアッシングというのはそもそもそういった身体のケアに関して知識が豊富な人が行うべきことであるため、SM初心者はピアッシングを受けるだけでなくピアッシングを行う立場にもむやみにならないように気を付けておいた方が良いでしょう。
軽いファッション感覚でポピュラーな耳以外の部位にピアスを取り付けることは、無用な痛みだけでなく深刻な病やSMパートナー同士の関係破綻を招いてしまう危険性をよく理解しておきましょう。

吊り緊縛ほど怖いものはない

縄で全身を縛り、そのまま天井に吊るという行為は極めて危険です。
よくAVやマンガなどで軽々と人を吊り上げている光景が描かれていますが、実際にそのような行為をした場合、吊られている人物の身体にどのような負担がかかるのかを一度想像してみてください。

まず適切な部位に縄がかかっていれば、浮遊感が味わえてなかなか楽しそうに思えると思います。しかしただじっとしているだけで常に縛られた部位に負荷がかかることになるということをもっとよく考えてみるといいでしょう。
たとえ適切な部位に負荷がかかっていても、時間が経てばそこは痛くなり、無意識に体が縄をずらそうとします。そしてずれてきた縄はどこを強く締め付けるかというと、当然適切な部位からずれた部位、つまり不適切な部位です。

不適切な部位に全身の重みがかかるとどうなるでしょう?筋肉に痛みを感じたり、身体に痺れを感じて、むしろ縛られている部位からは何の感触も感じられなくなるかもしれません。
実を言うと何も感じられなくなった状態こそもっとも恐れるべきことで、実際この痺れに気づかぬ間に腕の神経を修復が難しいほどに傷めていた、という事故が過去に多々ありました。

このような話だけでも十分に危険だと分かると思いますが、もっと恐ろしいのは首の近くに縄をかけたまま吊るという、もはやあり得ないほど危険な行為をしてしまう馬鹿な緊縛師も居るということです。
こういったあり得ない縛りをする調教師と出会った場合は、全力で走って逃げた方が良いでしょう。また、一度でも吊り緊縛で何らかの事故をしでかした人物は、長くSM業界で悪い評価や噂が流れてしまうという点も覚悟しなければならないでしょう。

緊縛自体が危険ですから、その最上級である吊り緊縛の実践が難しいのは至極当たり前のことであり、この当たり前をまず理解し、SM初心者はくれぐれも吊り緊縛には手を出さないでおいてほしいと思います。
ここまでに書いたように、SM初心者にお勧めできない危険なプレイをベスト3でまとめるなら、3位はアナルプレイ、2位はピアッシング、そして1位は吊り緊縛であると言えるでしょう。

どのプレイもSM初心者がいきなり行うことはないと考えられますが、くれぐれもこういったプレイを何の知識もなしに始めて、事故に遭ったりしないように気を付けておいてください。

アナニー, 事故

Posted by mazotown