拘束・緊縛される事で感じられる幸福感って何だろうか

SMプレイ解説

自分の意志に反して縛られ自由を奪われたら誰だって窮屈さ、息苦しさを感じ不快感を覚えるのではないでしょうか。また行動を制限されるので一気に緊張感が高まります。
行動範囲と心の自由さはは比例します。体の不自由だけではなく精神的な圧迫が大きいです。
それなのに快楽を感じる・幸福を感じるとはどういうことなのだろうか。
マゾだとみんな感じるのだろうか。
この幸福感ってなんだろうか。という素朴な疑問を心に問いかけてみました。

緊縛には縄酔いというものがある

縄酔いとは、緊縛をされると酔ったような感覚になることと言います。縄酔いになりやすい条件は緊縛に慣れて気持ちよさを感じ始めたころ、上手な人に緊縛をされたり、(恋愛とかじゃなくても)相手にとても好意がある人、緊縛されるのが大好きで仕方ない人はなりやすいイメージがあります。

条件が合えば全員縄酔いするというものではないようですが、顔を赤らめ体は火照りぐったりしたり、気持ちよさそうな表情を浮かべたり、まさに酔った状態になります。男性よりも女性の方が縄酔いしやすい傾向にあります。

女性は敏感なうえ、感情の生き物なので体から受ける刺激、視覚から得る情報に緊縛という世界に入り込んでしまい、縛られている快楽に身を任せてしまう女性が多い。その状況に酔いしれていいます。

男性も縄酔いをしますが、女性を綺麗に縛るのとは違いギチギチに縛り上げたり、縛ったうえで打撃系のキツイ調教があったりともっと肉体重視の調教で酔う人が多いようです。妄想しながら酔うというよりハッキリとわかりやすい方が感情に刺さるからでしょうか。

拘束されるのは支配してほしい感情がある

ほとんどの人が行動の自由を求めますが中には縛られたい願望の人もいます。

拘束, 緊縛

Posted by mazotown