女装好きの僕が魅縛道で出会った妖艶なお姉様と緊縛プレイに興じた体験談

S女・女王様と出会う方法

「もう許してください…お姉様…」
「何言ってるの?まだまだこれからよ」

pn064_191122_001

これは女装緊縛が好きな僕が、妖艶な美人お姉様に念願の女装レズ緊縛プレイを叶えていただいた話です。


女の子になりたい。そんな願望が芽生えたのは30代の頃でした。
このような性癖は普通幼少期や思春期の頃に芽生えるのではないの?と思われるかもしれませんが、それは多分『体は男、心は女』といったタイプの人だと思います。
僕の場合はあくまでも『体も心も男』であり、恋愛対象も女性です。むしろ普通の男性より、女性に対する興味が旺盛な方だと思います。女性という存在が好きすぎて僕も女性になってみたい、そんな同一視的な思いから女の子になってみたいと思うようになった、と自分では分析しています。

もっと具体的にいうと、キッカケは30代の頃に付き合っていた恋人でした。
元々美意識が高かったのか、それとも僕のために身だしなみに気をつけてくれていたのか、今となってはわからないですが、下着はいつもレース使いの美しいものを身につけていました。淡いピンクや白のような清楚なものが多かったですが、時には赤や黒といったセクシーな下着を身にまとう事もあり、その姿を見るだけで僕は勃起してしまう程でした。
ある日、僕はそんな彼女の下着を自分も身につけてみたい、という衝動に駆られてしまいます。何故かと言われたら分かりません。多分、上で書いたような女性への好奇心が無意識に働いたのだと思います。
僕は寝ている彼女を見計らって、ベッドの脇に脱いだままの下着をこっそり身につけてみたのです。そしてそんな自分の姿を鏡に映してみました。鏡に映る赤い下着姿の自分自身を見て、僕は今までバラバラだったパズルのピースがピッタリとはまった時のような爽快感にも似た衝撃を覚えました。
自分が求めていたのは自らが女の子となって女性と一体化する事なのだと、気づいた瞬間でした。

その日から僕は、彼女の目を盗んでは彼女の下着を拝借して女装をするようになりました。しかし、半年も経たないうちに彼女に気づかれてしまいました。僕の性癖は彼女には到底理解できないものだったようで、僕はフラれてしまいます。
別れは悲しいものでしたが、それ以上にこれからは彼女に隠れてコソコソするのではなく、堂々と自らの性癖を満たす事ができるという喜びの方が大きかったように思います。

それから僕は誰に遠慮する事もなく、女装に励みます。ネットで購入した好みの下着を身につけて悦に浸る日々。
それと同時に女装緊縛というプレイがある事を知り、興味を抱きました。これまでは僕が男性として、女性をリードするばかりでしたが、女装緊縛では僕が女性となって緊縛され、なすがままにリードされるというシチュエーションでより女性に近づけるのではないかという気がしたからです。

とはいえ、僕の恋愛対象は女性なので、僕の性癖を理解し付き合ってくれる女性でなければ成り立ちません。
そんな女性と出会うにはどうすればいいだろうか、と考えていた時にネットで見つけたのが『魅縛道』というサイトでした。




緊縛プレイが好きな男女が集まるコミュニティサイトで、気に入った者同士は実際に会ってプレイに興じるという流れです。
ここなら女装姿で緊縛されたいという僕の願望を理解してくれる女性がいるかもしれない、そんな思いで早速利用してみました。

『女装緊縛希望の初心者です。下着姿の僕を緊縛して、女性のように扱ってくれる女性を探しています』

このようなプロフィールを載せたところ、メグミという女性から一通のメッセージが届きました。これが後のお姉様でした。

『私の妹奴隷としてレズ調教はどう?初心者でも大歓迎』

妹奴隷というのがよくわからなかったものの、初心者でも大丈夫、そしてレズ調教という言葉に惹かれた僕はすぐに返信しました。

その後、何度かのやりとりを交わし、僕とお姉様が会ったのは初めてのコンタクトから一週間後の事です。

「貴方が純子ね、はじめまして」
「はじめまして、メグミさん。よろしくお願いします」

165cmという女性にしては少し高めでありながら、なおかつヒールのある靴を履いていたメグミさんはスラリとしたスタイルからまるでモデルさながらです。その上、長い黒髪が妖艶さを引き立ており、第一印象から素敵な女性だなという印象でした。

僕は純子という名前を名乗っていたので、待ち合わせ場所で呼ばれるのは少し恥ずかしくもありましたが、これから僕は純子という名前で調教されるのだと思うとドキドキしました。

とりあえず、近くのカフェに入りお茶をする事数十分。改めて互いの自己紹介やとりとめのない話をして、過ごした後ホテルへ向かいました。

メグミさんが選んだホテルの部屋は大きな鏡がある部屋です。

「じゃあ、今から貴方は妹奴隷ね。服、脱いでくれる?」

部屋に入ると早速メグミさんのスイッチが入ったようです。僕は素直に服を脱ぎました。

服の下にはあらかじめお気に入りの下着を身につけていた僕。この日は朝からブラジャーやパンティの締め付けをいつも以上に意識してしまっていました。

「可愛い下着ね、似合ってるわよ」
「ありがとうございます」

下着を褒められると何だか僕まで綺麗だと言われているようで嬉しくなります。そして、そんな様子を自ら鏡で見るのは少し気恥ずかしくもありました。

「じゃあ早速縄をかけていくわね」
「お願いします」

メグミさんは慣れた手つきで下着姿の僕を縛っていきます。鏡の中の僕は美しく縄化粧され、あっと言う間に手も足も動けない状態となってしまいました。
慣れない感覚に少し身じろぎすると、縄はより肌へと食い込んでいくようで、より縄の存在感を感じます。

「いい格好になったわね。これからもっと女の子らしくしてあげるわ」

メグミさんはそういって鞄の中から化粧ポーチを取り出しました。そして僕にメイクを施してくれました。手際のいいメイクに圧倒される僕。十数分で僕の顔は本物の女性のようになり、仕上げのウィッグを着けると、もう僕が僕ではなく、リアルな女性が鏡の向こうにいるようでした。
しかし、それは間違いなく僕です。

僕は今この瞬間、本物の女性となった。

そう思うと、今まで感じた中で最も大きな興奮を覚えました。

「これでより妹奴隷らしくなったわね、今からが本番よ」

メグミさんはそう言うと、僕の股間を弄り始めました。女性そのものとなった自分の姿を見た僕の股間はもう既に勃起しています。
その上で触られると、より一層の快感が股間に集中しました。

「純子は本当にクリトリスが大きいわね。しかも濡れちゃってるわよ。どうして?」

メグミさんが僕の耳元で囁きます。

「気持ちイイ…からです…」
「気持ちイイと濡れちゃうの?もっと気持ちよくなったらどうなるのかしら?」

メグミさんの手の動きは股間のより性感的な場所を重点的に刺激します。そんなにされたらすぐイキたくなっちゃう…
僕は思わず体をくねらせしまいました。縛れている手足が不自由な分、よりもどかしさを感じてしまいます。

「クリトリスが大きくなりすぎて下着から出てきちゃったじゃない。本当にいやらしい妹ね」

メグミさんの指摘通り、下着からペニスの先端が顔を覗かせています。見た目は完璧な女性なのに、股間には恥ずかしいペニスが生えている。そのアンバランスさにとてつもない羞恥心と惨めさ、そして妙な高揚感を覚えました。

『そうです、私は女の子なのに下着からはみ出す程の大きなクリトリスを持つ恥ずかしい妹です…!!』

こんな思いがこみ上げてくる僕。けれど、このまま言葉にする事はまだ恥ずかしくて…

「もう許してください…お姉様…」

と、口にするのが精一杯で…

「何言ってるの?まだまだこれからよ」

メグミさんは鏡の中の僕に向かって不敵な笑みを浮かべました。

「あっ…あぁぁあぁぁあっあっ…!!!!」
「いやらしい妹はこれくらいしないと満足しないでしょう?」

メグミさんが持ち出したのは大きな電気マッサージ器。それを僕の股間に押しつけ、サディスティックな表情を浮かべています。
既に下着からはみ出る程勃起している僕にとってはすぐにイッてしまう程の刺激で…
数十秒も持たない内に射精してしまいました。

しかし、それでもなお続く、電気マッサージ器での股間責め。
くすぐったさを通り越してビリビリとした刺激に襲われます。あまりに強烈な刺激に逃げ出したくても手足を縛られている僕は逃げる術もなく…

その後立て続けに無理矢理2回イカされて解放された僕。この時の達成感や開放感は今まで味わった事のない快感でした。



この日から僕はメグミさんと定期的に妹奴隷としてレズ女装緊縛プレイに興じています。
普通の生活をしていたら、メグミさんのような女性とは出会えなかったでしょう。

そう思うと、魅縛道は僕にとって最高の出会いを与えてくれる場となりました。
もし、僕のように女装緊縛されてみたいと考えている男性は、『魅縛道』を活用してみてはいかがでしょうか。