催眠オナニーで攻められる快感と大量射精の爽快感

SMプレイ解説

皆さんは催眠オナニーなるものをご存じですか?
読んで字のごとく催眠状態でオナニーをする事ですが、普通のオナニーとは比べものにならないくらいの快感で、一度成功すると催眠オナニーでなければ満たされなくなる人もいるほど。

この催眠オナニー。実は現在、オナニーの最先端として多くのマニアに注目を浴びているのです。となると、試さないわけにはいきませんよね。

という事で今回は催眠オナニーについて徹底解説していきます。

催眠オナニーはセックスより気持ちイイ!人類が味わえる究極の性感!

催眠オナニーという存在を初めて聞いた時、僕は以前出会った女王様との事を思い出しました。

pn064_190905_001
彼女には専属の奴隷がいたのですが、その奴隷に他の男とまぐわっているところを見せつけてやりたいという事で僕が誘われたのです。まあ、言ってみれば当て馬要員というわけです。

それでも女王様に気持ちイイ事をしてもらえるなら役得だと、誘われるがままに調教場所へ赴きました。そこでは既に専属奴隷が全裸で縛られ天井から吊されていました。

計画通り、僕は女王様からキスや愛撫を受けます。そんな僕たちを奴隷は妬ましそうに見ていました。ひとしきり前戯が終わり次はいよいよ挿入へ…という時です。

「ここから先はお前ごとき奴隷が見る権利はないよ」

と、女王様は奴隷に目隠しを施したのです。

そして女王様は僕の上にまたがり、騎乗位のセックスに突入しました。
女王様はまるで海外のAV女優のように激しく、大きく、それでいて艶めかしく喘ぎます。それに加えて、ピストンする時の肌と肌がぶつかり合う音、チンコとマンコが擦れ合う音が合わさり、エロティックなアンサンブルを奏でているようでした。

情事が終わり、放置状態だった奴隷に目をやると、チンコはビンビンにそそり立ち、我慢汁まで垂らしています。

女王様は奴隷の目隠しを外しこう言いました。

「お前もイキたいの?じゃあイッてもいいわよ。ほら、イキなさい」

その瞬間です。

なんと!奴隷のチンコから大量の精液が噴き出てきたのです!!!

当然ですが女王様は奴隷の体に全く触れていません。奴隷自身も手を拘束されているため、自分で触る事もできません。

彼は肉体への刺激は一切なしで女王様の「イキなさい」の命令だけで射精してしまったのです。

しかも、一度の射精にとどまらず、腰を震わせながら二度三度と射精を繰り返しています。

その表情は恍惚としていて、射精が治まった後もまだその余韻に浸りながら快感に酔いしれているようでした。

「コイツ、いつもこうなの。ペニスを触らずに何度もイクとかどうしようもない変態でしょ?普通のオナニーやセックスより気持ちイイらしいわよ」

女王様があきれ顔でこのように話していたのが印象的でした。

M男性向け情報, SMプレイ

Posted by mazotown