プレイ研究/緊縛の注意点、緊縛のメリット

SMプレイ解説

普通のプレイに飽きてきた、マンネリ…そんな貴方には緊縛プレイがおススメです!
…と、いきなり言っても。
緊縛というと縄でパートナーを縛って楽しむ、というイメージしか湧かないよっという方も多いのではないでしょうか?
そんな貴方に向けて、今回は緊縛プレイをする事の楽しさ(メリット)と注意点に焦点を当てて解説して行きます♪

①そもそも緊縛プレイって何?

縄「など」でパートナーの体を拘束するプレイの事です。縛り方ひとつ取っても、後手縛り、高手小手縛り等様々な縛り方があります。
縄の種類も麻縄、綿縄等あり、各々の特性を考慮し充分に手入れした上で使用します。
でも…詳しくは後述しますが、実は縄以外の物で縛るプレイも緊縛プレイの内に入るんです!
ご存知でしたか?

②緊縛の楽しみとは?

そもそも緊縛って何が楽しいの?と思っている方も少なくないでしょう。
そこでちょっと考えてみて欲しいのですが、例えばパートナーとプレイする際、ちょっと強引に抑えつけたり抑えられたりして興奮した経験はありませんか?
緊縛プレイはその感覚をより楽しめるものなんです。
とは言っても正直、縄を準備したり拘束の仕方を調べたりしなければいけないの?と思ってしまいますよね。
未経験の方にとってはハードルが高そうに思える緊縛プレイですが、でも実は、意外と気軽に楽しむ事が可能なんです。
どうしても縄を使うイメージが強い緊縛プレイですが、家にあるようなタオル、ネクタイ等で手首を軽く拘束するようなソフトな物からスタート出来ちゃうんです。
それだけで非日常感が味わえてしまうので、まずはそういった、簡単に準備出来るものからスタートするのがいいかもしれません。
さぁ、ここで、自由に身動きが取れなくなったご自身、もしくはパートナーを想像してみて下さい。
もし貴方がSなら、身動きの取れないパートナーを自分の思うがままに責める事が出来る、つまり支配下における…何をしても相手は逃げられず自由を奪われて、貴方の責めを受け入れるのみなのです。
また、相手は縛られている事により反応に誤魔化しが利きません。
相手の反応を楽しみながら、思うがままに攻める事が出来てしまいます。
普通なら相手が身を捩って逃げるような場面でも、逃げる事なんて出来ないので、乱れる相手を存分に可愛がる事が出来てしまうんです。
相手がもう許して、と嘆願するのを無視して気の赴くままに責め続ける事が出来るので、普通のプレイでは見る事の出来ないような、あられもない姿を見る事が出来てしまうんですよね。
そう考えると、加虐心をそそられてワクワクして来ませんか?

逆に貴方がMなら…身動きが取れないというシーンそのものに興奮してしまいますよね。
しかもただ緊縛されるだけでなく、恥ずかしい格好で縛られてしまうわけですから。
その上相手にされるがまま、何一つ抵抗出来ないという状況であれば、いつも以上に興奮してしまう事間違いなしです。
まさにMの願望である「支配されたい」をとことん満たしてくれるプレイと言っても過言ではないでしょう。
普段なら耐えられないような恥ずかしい事をされても受け入れなければならないので、そのまま快感にのめり込んで我を忘れて気持ち良くなれちゃうんです!

③緊縛プレイをもっと楽しむために

でも、ただ単に緊縛して責めたり責められたりだけじゃ物足りない!
そう感じでむずがゆくなる事もあるでしょう。
そこで緊縛プレイにひとさじ、スパイスを付け加えてみましょう。
(ひとさじと言わず、山盛りでもOKですがw)
具体的には他のプレイと組み合わせてみる、ということです♪
どんなプレイがあるのか?見てみましょう!

1)鏡を正面に持って来た状態で責めてみる

普通にプレイしていても、鏡を正面に持ってきた状態のまま見せつけるようにプレイするというのはM側の羞恥心を煽るものです。
恥ずかしい姿をまざまざと見せつけながら、抵抗出来ない状態でなすがままになっている自分の姿を見てとても興奮してしまうことでしょう。
併せて言葉責めをしてあげると余計興奮しますよ♪

2)目隠しをして責めてみる
先ほど挙げた鏡の前での拘束プレイとは逆に、今度は視界を奪った状態で拘束・責めてみましょう!
何も見えないなら面白くないのでは?と思うかもしれませんが、実は違うんです。
視界を奪われると他の感覚、特に触覚が敏感になります。
目隠しをされて、「これから何をされるんだろう?」M側はそんな気持ちで期待しながらS側が責めるのを待っています。
その時点で既に、普通のプレイよりも全身が敏感になっているんです。
加えて体の自由を奪われているので、自分でもびっくりしてしまう位興奮しちゃうんです。
加えて言葉責めをしてあげると、目隠ししていない状態よりも敏感な状態になっている一層言葉が体と心に響きます。
言葉責めをしない場合、いっそ耳栓をして聴覚も奪ってしまって責める、感じる事が出来るのはS側の責めのみ…というのもアリなのですが、そこまでしてしまうと本能的に恐怖を感じてしまう可能性も。
そうなると快楽より恐怖が勝ってしまうんですよね…。
そのため、慣れない内は視覚だけ奪うに留めた方が良いでしょう。

3)おもちゃを使ってあげる
バイブやローター等、おもちゃも使ってあげましょう♪
どれだけ責めたところでM側は拘束をされていて逃げられない状態ですし、M自身「許して」等言いながらも限界まで責められる事を期待しているものです。
ここぞとばかりにおもちゃを駆使して、とことん乱れさせてあげましょう。
1,2で挙げたプレイと併せて乳首をおもむろにクリップでつまんだり、鞭でお尻をスパンキングしてあげるのもおススメですよ。
猿轡を使って、嘆願すら出来ない状態にしてしまうのも良いですね♪

4)ベッドに拘束する
身体だけ拘束する事に飽きたらベッドに拘束してしまいましょう!
ベッドに手足を拘束するんです、大の字に拘束した様はまさに圧巻ですよ。
専用の器具が売られているので、興味があれば是非探してみて下さいね♪
ちなみに、ベッドに拘束した状態でプレイ前に写真を撮ってM側に見せつけるのもイチオシです。
恥ずかしそうに目を逸らすMの顔をじっくり見つめながら責めあげて下さいね♪

④緊縛の注意点

ここまで読んで貰って、縄を使わずとも身の回りの物を使って軽い気持ちで始められ、手軽に非日常感を味わう事が出来るのが緊縛プレイ♪
…という事がお分かり頂けたと思います。
ですが、そんな魅力的な緊縛にもいくつか気を付けるべき事があります。
とは言っても、これさえ気を付けておけばより緊縛プレイを楽しめるので気負わず足を崩して読んで貰えたら幸いです♪

1)痕の処理に気を付ける
緊縛する際に、タオルやネクタイを使う場合は問題無いのですが縄を使う際には要注意です。
食い込み易く痕が残り易いので、目に見える所に使う際には必ず双方の同意の下に行いましょう。
もしくは、タオルの上から縄を使って緊縛を行うと痕が残り難いですよ♪

2)血流に気を付ける
身体を長時間縛り続けていると、縛っている箇所から先端に向けて茶色くうっ血する場合があります。
こんな時には要注意!血流が悪くなっているので、無理にプレイを続けず一旦中止しましょう。
緊縛においては手首、足首等の関節部分を縛る事が多いので、特にその箇所に留意しましょう。
また首や胸部、呼吸器官への過度な圧迫もNGです。
仮に無理に続けてしまった場合どうなるか…最悪細胞が壊死してしまい、その部分を切断せざるを得なくなってしまいます。
首や胸部、呼吸器官に関しては言わずもがな、です。
そうなってしまうのは避けたいですよね?(一生Mを飼い殺しにする予定の一部の方々は除く)
その為にも、いくらエキサイトしてもその点だけ忘れずにプレイを行いましょう。
特に縄等の身体に食い込み易い物を使用する場合、最初からギッチギチに緊縛するのではなく多少の遊びを持たせましょう。
具体的には体の太い部分(胴体、太もも等)は少しきつめに縛ってもOKですが、細い部分(腕等)に関してはゆとりを持たせると良いです♪
Mを強く縛り上げたい、拘束したい…という気持ちをお持ちなら物足りなく感じてしまうかもしれませんが、ちょっと物足りない位が慣れない内は丁度良いですし、何より取り返しのつかない事故を未然に防ぐという意味でも気を付けすぎるに越した事はないと言えますよね。
また、最初から数時間緊縛し続けるのではなく、短時間(1hほど)で区切って様子を見ながら楽しむと良いですよ♪

3)初心者は特に注意!神経麻痺とは?
神経麻痺って何となく分かるけど、つまり…?とお思いでしょう。
これは神経が長時間圧迫されて、体が電流を細目に流しているかのようにピリピリしてしまう感じが続く事を指します。
一時的な物でしょ、と思うかもしれませんが、圧迫し過ぎると数週間麻痺が続く場合もあるんです。(そこまでするのは相当稀ではありますが…)
特に起こりやすいのは、手や脚を上、もしくは体の下にした状態で長時間プレイしていると起こりやすいです。
つまり同じ体勢でずっとプレイするのはNG、という事です。
縄等自分で縛ったものならばまだ緊縛具合を把握出来るものですが、他の器具
で行ってしまうと(枷など)、どうしてもどの程度きつく緊縛されているのか分からないものです。
特に、天井から吊るすプレイを行う場合は要注意。
自重で相当の負担が掛かるため、慣れないうちは必ず短時間で切り上げるようにしましょう!

4)ハサミ等、万一の時に備えての道具を準備する
これはどういう事かと言うと、緊縛するにあたって万一縄や拘束具が解けなくなった場合に備えて準備しよう!という事です。
慣れない内は勿論の事、慣れてからも準備を怠らないようにしましょう。

いかがでしたか?
今回は緊縛プレイを実施するメリット、注意点について紹介しました♪
どうにもハードルが高く思える緊縛プレイですが、案外簡単に出来るかも、と思われた方も多いのではないでしょうか?
具体的なやり方(どう拘束するか等)にについては様々なサイトで紹介されていますので省きましたが、色んな緊縛の仕方があって面白いですよ♪
是非チャレンジしてみて下さいね!

Posted by mazotown