S女からM男が貞操帯を取り付けてもらう際の注意点

M男の心得

女王様とチャットで調教

貞操帯といえば中世の頃から存在する由緒正しい避妊具として知られていますね。
なんでも当時は軍役に就く男性のほとんどが結婚したばかりの妻を村に置いて出ていくことが多かったそうで、その際に妻の貞操を案じて取り付けさせたのが貞操帯の始まり、などと言われています。

しかしそんな話も最近では大嘘で、実際は最初から性的快感を得るため、つまりは一種の拷問プレイを楽しむためにだけ生まれたものではないかという説まで出てきています。
そんな出所や歴史に謎が多い器具である貞操帯ですが、これを用いるSMプレイはご存知のように今現在もとても人気があります。

特に貞操帯といえばやはり射精管理であり、自分が信頼する美しい女性に貞操帯を取り付けられて射精管理されたいなどと考えている男性も今はとても多いみたいです。
射精管理といえば貞操帯と言われるくらいには実際に貞操帯はマゾ男たちに大人気で、そんなニーズに応えるかのように射精管理が特に上手い素人女王様なども最近は増加傾向にあるようです。

ここではそんな最近のSM業界を見つつ、M男が実際にS女から貞操帯を着けてもらう際の注意点とはなにかについて書いていきたいと思います。

貞操帯の種類を選びましょう

男性が取り付ける貞操帯といえば、あのペニスを包んで拘束するためだけに作られた、あの独特な形状をした貞操帯をすぐに頭に浮かべることでしょう。
しかしそんな貞操帯の各部の名称を皆さんはご存知でしょうか?ペニスを包むあの鎖やプラスチックで出来た部分はなんと呼ぶのか知ってますか?

答えはかんたんで、あれはその見た目通りにペニスチューブという名が付けられています。
このペニスチューブは金属製だろうとプレスチック製だろうと、ほぼ必ず亀頭が下に向くような形をしています。

この理由は単にペニスが普段は下を向いているからだということもありますが、毎日欠かせない排せつを簡単に処理できるように意図されたものと言うこともできます。
といってもいわゆる立ちションというものができないため、貞操帯を着けた男性はほぼ必ず便座に座って用を足すようになります。

ここまで解説した部分は男性用の貞操帯ではほとんどすべて共通している部分ですが、ここから細かいながらも重要な違いについて解説しなければなりません。
その重要な違いとして一番最初に挙げられるのは、なんといってもペニスチューブのサイズです。

要はM男のペニスのサイズがどの程度の大きさなのか?という部分と、それに対してどの程度のサイズのペニスチューブを合わせるのか?という点がとても重要なのです。
基本的にペニスチューブはフル勃起しているペニスのサイズよりほんの少し小さい程度が理想とされています。

なぜならそのサイズはペニスが勃起してしまってもあまりに強い苦痛を与えることにはなりませんし、同時にペニスが外に飛び出てしまうことも抑えることができるからです。
なので市販の貞操帯のほとんどは平均的な日本人男性のペニスが勃起した状態からほんの少し小さい程度のサイズを持った製品が多くなっていると理解しておけばいいでしょう。

そして実際自分と女王様がどのサイズの男性用貞操帯を選ぶのかは千差万別、価値観次第ではありますが、SM上級者としてのおすすめはなんといっても極小サイズのものでしょう。
小さな檻に入った大型犬がただそこに居るだけで可哀そうに思えてくるのと同じように、凶暴なペニスが小さなペニスチューブに収まっていると、それだけで見た目上かなり奴隷らしいものとなります。

さらに実際ペニスが勃起した時がとても大変なことになります。なにせ極小サイズのチューブの中で無意識にペニスが大きくなるのですから、勃起を始めた瞬間に締め付けられる強い痛みを感じることになるのです。
そして強制的に勃起を押さえつけられるということが何度もあると、男性器は段々とその痛みを快楽と捉えるようになってしまうのです。

痛みを快楽に変えてしまった男性器はどんな刺激を受けても快感として捉えてしまうことになるため、当然ですがそれを突如貞操帯から解放すると、普段の何倍も感じる性器に化けてしまうのです。
貞操帯を着けて行う射精管理によって得られる最終的な快楽は、まさにこの流れで作られるものであって、この快感をマスターしてしまえばSM射精管理の良さを十分に知ったと言っても良いかもしれません。

射精管理期間を定めましょう

SM射精管理調教は特に初心者のマゾ男性にとってはかなり過酷なプレイとなる場合が多いです。
なぜなら射精だけではなく実質排せつさえも管理されてしまうことになるため、いろいろな生理現象を我慢しなければならないことが多いからです。

そのため初心者であれば女王様に貞操帯を着けてもらう際に、必ずそれを外す時期について明確に問い合わせておく必要があるでしょう。
そうしておかないと女王様側もこの男は限界ギリギリまで射精管理して良いのだなと勝手に解釈してしまい、最悪の場合は体調を崩すまで管理を続けてしまう場合があるからです。

通常初心者の男性の射精管理というのはたった一日で終わるものが多く、どれだけ長くても丸まる一週間くらいが限度だと思います。
期限無視で射精管理を受けても良いとは思いますが、さやはり自分が受ける快感がどの程度のものかは出来る限り把握しておかなければ安全性にもかかわる場合があるということは覚えておいたほうがいいでしょう。

何度も射精管理責めを受けた結果、最終的には一か月も我慢可能などという猛者も実際居るようですし、あまり焦ることなくじっくりと自分らしい射精管理を見つけていくといいのではないでしょうか?

笑い話になりそうでならない貞操帯の鍵紛失

貞操帯は何度か言っているように檻のようなものであって、これに囚われたままのペニスはより不潔により凶暴になっていくばかりです。
なので体調を崩したりしない程度の期間で普通は解放するのが自然なことなのですが、それを女王様自身でさえできなくなるという最悪の展開があります。

その展開を生むのはずばり鍵の紛失で、笑い話に聞こえますが実際なくしてしまうとこれは大ごとです。
なにせそうなると股間の自由を奪う堅い檻から解放されるためには、特殊な切断機器を持つ業者や機関などから援助を受ける必要が出てくるからです。

そのような展開となると、たとえばあなたが社会人として普段は暮らしながらも、その裏で秘密のマゾ男体験をしていても、その痴態が周りの人々に一瞬で知られてしまう場合があります。
もはやここまでくると体の心配どころか自分の将来設計すべてに関わってくる大問題として、自分の頭も心も悩ませてしまうことになるでしょう。

このように貞操帯を使ったうえでの射精管理における鍵の紛失は、とても危険かつ辛いことばかり引き起こしてしまうため、くれぐれも装着の前後では鍵の在処をよくよく確認しておいてほしいと思います。
と、ここまでの解説で貞操帯の鍵は大切という当たり前のことを確認しましたが、それではそのカギはどのように扱うことができるのかというと、それはドッキリに使えるということです。

たとえばあなたが今すでに一週間の射精管理を終えて、欲望を今すぐ爆発させてしまいそうな状態にあったとしましょう。
そんな時に元気がないように見える女王様から小声で鍵を無くした、という言葉を聞くとどうなるでしょうか?当然マゾ男はパニック状態になってしまうことでしょう。

もちろんここで実は嘘でしたと明かせば問題ないですが、実際に貞操帯でマゾ男を完全支配したいと考えている女王様なら、あえてこういったドッキリをやっておいて良いかもしれません。
結局は信頼関係です
ここまでいろいろな方法で貞操帯を扱ったプレイのやり方や注意点を述べてきましたが、結局貞操帯を使った射精管理においても大切なのは信頼関係です。

SM調教というのはそのコンセプト自体が激しい分、自分や相手をとことん信頼することが必要で、同時にSM自体への興味や情熱を共に高めていけるようにならなければいけません。
本気のSM調教の凄みを味わい、本物の貞操帯で最高の射精管理を美人から受けたいなら、まずは実際にS女が多いサイトをフル活用していってほしいと思います。

近頃は自ら進んで自分好みな男性を誘ったり、マゾ男性を疑似飼育することに快感を覚える人なども居るため、たとえ今なかなか理想の相手が見つからなくてもあまり焦る必要はありません。
むしろ今はもはやマゾ男はサドで容赦のない女性たちにとってはなかなかに需要がある存在なので、あまり殻に閉じこもらずに、自らいろんな女性と出会いに行けば良いと思います。

もちろんその際には自分好みの貞操帯なども実物で持っていけば、話のタネも増えますしいろいろなことができて便利ではないかと思います。