【乳首開発】なかなかイケない乳首に試してほしいコツ

SMを楽しむための情報

乳首でイキたくて開発を続けているのに、なかなか兆しが見えない方へ。
型にはまれば劇的に開発が進展する手法のコツをご紹介します。
さらに開発中に躓きがちなポイントも抑えて、足踏みしていた乳首イキと言う目標を明確にしていきましょう!

開発すべき場所

乳首開発の方法としては、いくつかの身体の部位を刺激するのが基本となります。
ただ乳首の先をいじるだけでなく、開発のポイントとなる身体の箇所を抑えることで、段々と乳首の快感は目覚めていきます。
もしなかなか感度も上がらず開発に進展を感じれない場合は、ここで紹介する場所を意識して刺激出来ていないのかも知れません。
以下にそのポイントとなる場所を見ていきましょう。

スペンス乳腺

男性の場合どこにあるのか分かり辛いと思いますが、脇腹から下乳にかけてのラインには「スペンス乳腺」があります。
女性は胸のふくらみがある分、スペンス乳腺の位置を把握しやすいです。
男性でもピンポイントにココ、という位置は無いため大体の位置を広範囲に行えばOK。
ここを刺激すると胸全体の感度を上げる事ができ、乳首開発の基礎を構築するためにもやっておきましょう。
刺激の仕方は、スペンス乳腺のあるラインをゆっくり圧迫するように押します。
強く押すと痛くなり、やさしくなぞるだけだとくすぐったいので加減が大事。
脇の部分を手で刺激するだけなのでおかしな仕草には見えない分、いつでもどこでも行う事が出来ます。

パチニ小体

乳首の根元にあり、圧覚に対して敏感に反応する神経と言われています。
刺激する方法は吸引が一番効果的で、乳頭をいじっているだけでは効果が出づらいです。
また乳頭をつまんで引っ張るよりも、吸引の方が根元のパチニ小体には効果的。
一人で行う場合はニップルポンプで吸い上げるのが一番ですが、パートナーに口で吸いついてもらうのも良いですね。

オナニーの時にいじる

オナニーでチンコをしごきながら乳首を触るのも効果があります。
乳首の刺激とオナニーの気持ちよさをリンクさせる事で、ぐっと開発は進むと言われています。
イメージとしては、脳に「乳首をいじったからチンコも気持ちよくなっている」と覚えさせるニュアンス。
たまにいじるのではなく、今後はオナニーするときには毎回いじるようにしてみましょう。

スポールバンを張る

簡易的な針治療具のスポールバンを乳首に貼り、24時間体制で開発するのもコツ。
ニップルポンプのような大きくてゴツい物をずっと付けていると邪魔だし外に出る事もできませんが、
スポールバンはシールタイプで厚みも数ミリ程度などで服を着れば付けている事もわかりません。
仕事中や移動中など、堂々と乳首をいじれない時でも貼っておくだけで継続して開発が可能な優れ物なのです。
また、寝ている時でも付ける事が可能なのでまさに24時間開発が可能ですね。
長時間貼り続けたり、普段の乳首いじりでも乳首自体にダメージがあるため定期的にクールダウンの時間も設けましょう。

M男, 乳首, 乳首開発

Posted by mazotown