知ってるつもりで意外と多い胸とアナルの性感帯!

SMを楽しむための情報

人間には人の数ほど性感帯がありますが、胸周りやアナルの性感帯は女性も男性も自覚していないだけで数多く存在しています。
乳首や前立腺だけじゃない性感帯を知って、開発してみましょう!

アナルの性感帯

アナルセックスやアナニーなどで気持ちよくなる部分としては前立腺の刺激で得られることが大半で、アナルでの性感帯はそれ以外に無いと思っている方も多いと思います。
ところが前立腺以外にも実に様々な性感帯がアナルにはあり、アナルを通して開発していく事で新たな快感を得られるポテンシャルを秘めているのです。

肛門

肛門の適度な刺激も性感帯になりえます。
指をアナルの中に挿入するのではなく、指圧するようにぐーっと押すだけで早い人ならすぐに快感を感じることが出来ます。
肛門の快感がメインになることはほとんどありませんが、前戯や焦らしの効果もあるため、中々あなどれない要素です。アナルなだけに。

会陰(えいん)

玉(陰嚢)と肛門の間を会陰(えいん)と呼び、女性同様に男性もここが性感帯となっています。
「蟻の戸渡り」という呼び方で昔から快楽を感じる事が出来るポイントとして認知されていました。
アナニー用の専用ディルドやグッズなどでも、この会陰を刺激する突起がついていたりします。

直腸壁

傷付きやすいデリケートな箇所ではありますが、指やディルドなどがずんずんと入っていく圧迫感から、快楽を感じる事も可能です。
最終的には前立腺への刺激に移行しますが、肛門同様に直腸内での焦らし効果が期待できます。

膀胱

前立腺のさらに向こう側にあるおしっこを溜めておく器官が膀胱です。
こちらも開発によって前立腺とは違った性感帯へと開花させることが可能ですが、
さらに奥の方にあるため愛撫する事自体がそれなりに熟練度が要る行為です。

精嚢

膀胱の近くにある、精液を作る器官。精嚢への刺激がトコロテン射精へとつながります。

S字結腸

S字結腸とは、直腸と大腸を結んでいる箇所の事を呼びます。
こちらは他と比べて直腸のさらに奥の方にある部分なので難易度が高くディルドも長めの物を用意しないとなかなか達しません。
双頭のアナルプラグでS字結腸まで到達すると内側からお腹辺りに刺激を感じるぐらい深部にあるので無理な開発は腸内を傷つけてしまいます。

胸周りの性感帯

特に女性は胸全体が性感帯になりえるポテンシャルを秘めています。
胸と言ってもその範囲や箇所は幅広く、代表的な乳首に関しても右か左か・乳輪か乳頭かなど、多岐にわたります。
自分の胸のどこが性感帯なのかまだ分からない人も、今まで全く意識していないトコロが開発次第で十分に開花する可能性を秘めているとすれば、ぜひとも探ってみて欲しいですね。

乳房

女性の乳房はただの脂肪だと思いきや重要な性感帯として開花させる事が出来ます。
単純に、乳首には触れないまま鷲掴みにして揉みしだくだけでも濡れてしまったり乳首が勃ってしまうほど反応が出る人もいます。
男性も同じく、アンダーバストから脂肪を中心に集めるような要領でもみほぐすと自然と興奮して勃起してしまう人もいます。
乳首を刺激する前準備感は否めませんが、性感帯としてじっくり開発していく事で前戯の幅が広がります。

アンダーバスト

アンダーバストとは乳房の付け根の部分。男性には無縁のパーツですが肥満体系の方ならば無くはない部分です。
乳房全体を掴まずに、この付け根部分をグリップし、左右にプルプルと震わせることで快感を感じられるようになります。
アンダーバストを指でなぞるのも効果的。個人差はありますが、カップの大きな女性は性感帯開花の可能性は高い傾向にあります。

スペンス乳腺

脇の下よりももう少し下にある、乳房の付け根部分にはスペンス乳腺という器官が密集しており、ここを刺激する事で快感を得られます。
おっぱいのGスポットとも呼ばれており、開発までには十分な時間が必要ですが、ここが開花すると女性はかなりの快楽と安心感を得られるのだといいます。
男性にもこのスペンス乳腺があるのか無いのかはネットで調べた限り目ぼしい情報は見つかりませんでしたが、普段責められ慣れていない男性の脇腹辺りは十分開発の余地があります。
スペンス乳腺の性感帯開発には、強い刺激を与えずに優しく指でなぞったり舐めたりするのが効果的だそうで、一人でできるためゆっくりじっくり開発していきましょう。

乳首

性別問わず、胸周りの中で最も快楽を感じやすいのが乳首です。
個人差はあっても、ほとんどの人が他の部位よりも敏感に刺激を感じる部位になっています。
開発の方法も人それぞれ違いいますが、共通して言えるのは自分にあった刺激の強度で、自分にあったペースで行っていくのが重要です。
元々乳首の感度が低いという方でも性感帯になりうるポテンシャルは秘めており、感じ辛いからといって乱暴に扱わないように注意しながらゆっくりと気長に行いましょう。

注意すること

今回紹介した性感帯すべてに言えますが、快感を得られる箇所を増やそうと無理な開発は思わぬケガや事故につながるので慎重に、
時間をかけて行ってください。