簡単に出来る自縛講座!!

M初心者向け

まずは緊縛プレイについて簡単に説明したいと思います。
緊縛プレイはSMの種類の1つで縄を使った特殊なSEXと言えます。
緊縛プレイと言っても初心者でも楽しめるソフト系からハード系まで様々です。ソフト系の緊縛プレイであれば、ノーマルSEXしかしたことがない男女でもマネしやすいです。また、縛り方の種類によって楽しみ方が変わるのも緊縛プレイの魅力の1つです。縛り上げられた姿を見ているだけでウットリする人もいるでしょう。

◎自縛、緊縛に使用する縄の種類
自縛をするのに欠かせないのが縄です。
縄にもいくつかの種類があります。
自縛、緊縛に使える縄は大きくわけると4種類(麻縄・綿ロープ・シリコンロープ・ゴムロープ)あり、それぞれ質感や使用感が違ってきます。次に自縛、緊縛プレイに使える縄の種類を見ていきましょう。

Skype_Picture_2020_01_24T03_27_20_631Z

Skype_Picture_2020_01_24T03_28_19_609Z

Skype_Picture_2020_01_24T03_28_23_947Z

4種類ある縄の中で、王道と言えるのが『麻縄』です。ただ、麻縄の中にも種類は色々あります。例を挙げると、ジュート麻・ヘンプ麻・マニラ麻・本麻・亜麻などです。ジュートとヘンプの麻縄は伸縮性がほとんどありませんが、他の種類の麻縄は硬さにバラつきあるのと伸縮性もあります。
麻縄の次によく使われるのが『綿ロープ』です。綿ロープは麻縄よりも肌への負担が軽く扱いやすいです。その一方で、滑りがいい為に強く縛りすぎてしまう可能性があり、力加減を注意する必要があります。
『シリコンロープ』を使う人もいます。麻縄や綿ロープと違い、肌への密着感がある事と約2倍~6倍伸びるのが特徴です。また自縛、緊縛プレイに使う縄には『ゴムロープ』もありますが、これは素材がゴム製であるだけでシリコンロープの特徴とほぼ同じです。



縄選びに困った時はまず『麻縄』を使うことをお勧めします。麻縄の中でもジュートやヘンプの麻縄は強度や安定感があることから特にお勧めします。
縄には色々な種類の太さがあり、自縛、緊縛プレイでは6mm~8mmを選びます。そして、縄の長さは7m~8m×3本が基本で全身を縛る場合は5本必要です。

◎縄の扱い方
まず基本的なこととして、縄は半分にたたんだ状態で縛ることがほとんどです。何故たたんだ状態が良いかというと、1本だけで縛るよりも安定感が増すという事と、身体への負担も1本で縛るよりも2本で縛ったほうが掛かる力が分散することで、強く食い込んでしまうことを防ぐ事が出来るという目的もあります。
ちなみに、縄を保管する際はざっくりと束ねた状態をオススメします。
さっと持ち出せて、すぐに外すことのできる単純な束ね方で保存しておくのがベストでしょう。また、きちんとした麻縄などであれば保管する場所にも気をつける必要があります。
素材がアクリルの合成繊維等の場合、そこまで気を使わなくてもいいですが、植物由来の麻縄などは要注意です。高温多湿の場所ではカビが生えたり、湿気を吸って変質してしまうことも考えられます。変質しないためにも、適度に陰干しするなどの手入れを怠らないようにしましょう。

◎ 手首と足首の縛り方

手首、足首の縛りは基本中の基本になります。
人間の行動と自由を奪う手首と足首の縛りは「お前は俺の支配下にあるんだぞ」というSとMの主従関係をより色濃く感じさせてくれる緊縛プレイです。
注意点として、どちらも「首」という字がついているように、きつく締めるような縛り方はしてはいけません。
まずは、手首の縛り方からです。

Posted by mazotown