【M男性体験談】尿道責めされて尿道オナニーに目覚めるまで

SMプレイ解説

マゾカスタム

今、自分尿道オナニーにめちゃくちゃハマっているわけだが、きっかけはこうだ。
普段飲食店で働いていて、そこの先輩(仮名:あやな)との出来事が始まりだった。
先輩は噂によると結構なヤリマンで有名で、たまに風俗で働いているみたいな話でたまに俺にもちょっかいかけてくる人。

あ「くぼりん(俺)!今日もかわいいね~♪セックスしたくなっちゃうよ(笑)」
俺「はいはい。いつものノリあざーっす(笑)」
といった感じでいつも軽く受け流している。
先輩は気にする事なくそのまま話してくるんだが、今日は俺もちょっと乗ってみようかな?という気分だった。
あ「生理前だからムラムラしちゃってやばいよーくぼりんっ!」
俺「じゃあこの際、一度やってみます?(笑)」
そう俺がいうと、いつもと違う反応がかえってきた事に先輩が驚いていてちょっと可愛かった。
見た目は、モデルやってそうなレベルの顔面で胸もあるから普段も可愛い事には変わりない。
あ「あれっ?冗談なのか本気なのかわかんないんですけどー(笑)どっち?」
俺「まじです(笑)仕事終わりあいてるんでホテルいってもいいっすよ」
あ「やった!後で嘘でしたーとかだったらまじ怒るからね?じゃああと少し仕事がんばる(笑)」

仕事が終わって職場近くのコンビニで先輩を待ってると、5分後くらいに私服に着替えた先輩登場。
先輩には失礼だがヤリマンで有名なだけに、服装も胸元がざっくり開いたトップスに黒レースのミニスカでまさにって感じだった。
これからホテルに行くわけだし、そんな先輩の服装を見てかなりムラムラしてた俺。
考えてみれば付き合ってもない職場の先輩とこれからセックスするとか普通にやばい(笑)

あ「くぼりん♪じゃホテルいこっかー!タクシーよぶねっ」
さすがの先輩は手際が良く、すぐにタクシーを呼んであっという間にホテル到着。

部屋についてベッドに座っていると、すぐさま先輩がキスしてきた。
ちょっと話でもするのと思ったから、この時はまじでびっくりした(笑)
俺「せんぱっ、はやいっすね(笑)」
あ「あっ飛ばしすぎちゃった?でも待てないんだもん(笑)いいでしょっ」
先輩はかなりグイグイタイプらしくて、その後も喋る隙を与えてくれないくらいキスしてきた。
これがまたキスが上手くて、徐々にズボンがもっこりしてきて先輩に当たった。
あ「当たってるよ?くぼりん(笑)脱がしちゃおーっと」
慣れた手つきでズボンとパンツを脱がした先輩は、吸い付くようにペニスを頬張った。
俺「んんっ・・・あっ」
じゅぽじゅぽ・・・そんな音が部屋中に響き渡り、気分は更に高まる。
あ「くぼりんのちんちん、すごくいいねっ。すきだよぉ」
先輩はそう言うと次に進むわけでもなく、ずっとペニスを頬張りつづけてフェラだけで俺も逝きそうになった。

1

俺「せ、先輩っ。これじゃあフェラだけで逝っちゃうんで(笑)ヤりません?」
あ「ヤりたいんだけどぉーでもそれよりもやりたい事があって(笑)尿道責めって知ってる?」
俺「尿道責めっていたそーなやつっすよね。俺、痛いこと苦手なんすよ(笑)」
あ「下手なやつとやったら痛いけど私となら大丈夫!お願い!やってみない?」
こんなやりとりを3回程繰り返して、終わりが見えないなら俺が折れる事に。

俺「痛くないなら。無理と思ったらやめてくださいよ?それが条件ってことで」
あ「大丈夫!よっしゃ♪ってか、くぼりん尿道責めってワード知ってたんだね(笑)」
俺「俺、童貞とかじゃないんで知ってますよ(笑)それくらい」
あ「私の中じゃ結構ピュアなイメージあったからさ。よしよし、くぼりんのちんちんリラックスしてきたね♪じゃあ、あのイスに座ってくれる?」

全裸のままイスに座ると、いつの間にか先輩は手にカテーテルを持っていた。
あ「こんな事もあろうかと鞄に色々詰めてて(笑)じゃあくぼりんもっとリラックスしてねー」
さっきまで勃起してたペニスも今から未経験な事にチャレンジする事もあってふにゃふにゃ状態。
そんなふにゃふにゃペニスを先輩は掴むと、手に持っていたカテーテルをゆっくりと入れていった。

2

ローションがついているからか、そこまで痛くなく少しの違和感だけがあった。
小刻みに動かされると、今までない刺激が襲った。
あ「ちょっと痛かった?ごめんね。けど慣れるから安心してね?」
先輩はそういうと手を動かながらキスをしてきて、そのお蔭でだいぶリラックス出来た。
さっきあった違和感もだいぶなくなり、気持ちよいかも?と思えるようになってきた。

あ「気持ちよくなってきたみたいだねっ。うれしい(笑)じゃあ少しだけペースあげるね?」
手の動きがさっきより少しだけ早くなる。
ここからは結構時間がかかった気がするが、腰がヒクヒクしはじめてきて自分自身も驚いた。

俺「先輩、尿道責め気持ちいいっすね(笑)なんか逝きそうっす・・・」
あ「あっ本当?じゃあ次逝きそうになったら教えてくれる?」
先輩の手がより俺を刺激してきて、あの射精しそうな感覚に襲われた。
俺「先輩、いっ、イクっっっ」
その瞬間に先輩はゆっくりとカテーテルを抜いていたみたいで、ドロッとペニスからは精子が出ていた。
初めての体験に力が抜けてしまって放心状態の俺を見て、先輩は軽くキスした。
あ「そんなに気持ちよかった?(笑)くぼりんにフェラした時、どうしても尿道責めしたくなっちゃってさーやってよかった(笑)」
俺「なんすか、それ(笑)それにしても尿道責めってやばいっすね・・・」
あ「じゃあ二回戦いってみよー!次はベッドにしよーっと」

ベッドに押し倒されると先輩が覆いかぶさる形でこっちにきて、俺の手足を縛った。
俺「えっ?!痛いことはやめてくださいよっ(笑)まじで」
あ「大丈夫だからー(笑)くぼりんは黙って身体を預けるがよし!」
身動きが出来ない状態にされ、一息つく間もなくプスリとカテーテルがペニスの中に入ってくる。
さっきよりも感度が良くなっているのか、入ってきた瞬間に身体がゾクっとしてしまう。
そしてなんだかおしっこしたくなる感覚に襲われて、ちょっとビビる。
俺「あっ先輩。すんませんおしっ・・・こがでそうで(笑)」
あ「ほんと?(笑)多分おしっこじゃないと思うからもうちょっと我慢しててね?」
にやりと先輩は笑いながら手を動かすのをやめてくれなくて、俺はおしっこしたくてたまらなかった。
これがおしっこじゃなくてなんなんだ!と思っていたが、それがすぐに快感が来る前触れだというのが分かった。
腰の奥からキューンとするような感じがあって、脚がガクガク震え始めた。
俺「もっうっ・・・だめっっつっ!あっっ」
カテーテルを抜かれたペニスからはさっきよりも大量精子が出ていて力尽きた感じだった。
俺はというとまだ脚の震えがとまらないし、放心状態。
あ「かなりたくさんでたね♪ハマっちゃった?もしよかったらまたやってあげるからいつでも誘ってね(笑)」

先輩はそういうと、予定があるからとそそくさと帰って行った。
律儀にホテルのお金まで置いて行ってくれたから、俺はそのまま一人で一泊する事にした(笑)
そのまま寝るわけもなく、ネットで「尿道責め オナニー」と、一人でも尿道で気持ちよくなれるか調べていた。
ホテルを出る頃にはすっかり尿道マスターになっていて、その日から尿道オナニーに目覚めてしまった(笑)
もちろんその後も先輩とはちょくちょく会っていて、そのたびに尿道責めをしてもらっている。

M男, SM体験談

Posted by mazotown