新しい女王様と契約した時に剃毛プレイされた体験談

SMプレイ解説

現在、僕は専属奴隷として女王様に仕えている身です。そんな僕が女王様と主従契約を結んだ時に奴隷の証として剃毛していただいた時の体験談をお話します。

女王様とはマッチングアプリで知り合った間柄だった。名前はリサという。最初から話が弾み、一週間後に初対面を迎える事となった。

初めて見たリサ女王様は長い黒髪が印象的なスレンダー美人という印象だった。こんな女王様に調教してもらえるなんて、と思うと胸も股間も高鳴った。

リサ女王様との初めての調教は緊張したものの奉仕や服従の姿勢が気に入ってもらえたようで、次回も会ってもらえる事になった。そして、二回目の調教の際に専属奴隷として主従関係を結ばないかと提案された。

僕にとって主従関係を結ぶというのは初めてだったけれど、憧れもあったので二つ返事でOKした。

そして三回目の調教。事前にリサ女王様が作ってくださった主従契約書に目を通し僕はサインをした。その中には当然、奴隷の証として剃毛を施すという項目も入っていた。

契約書へのサインの後、三度目の調教に移る。

僕は全裸になり、リサ女王様の足下へ跪き、調教の挨拶をした。

「じゃあ早速主従契約の証として剃毛を始めるわよ」

リサ女王様は軽く笑みを浮かべながらそう言った。

剃毛したら僕はもうリサ女王様の完全なる奴隷であって後戻りはできない。そう思うと少しの不安はあったけれど、それよりもリサ女王様に認めてもらえる、傍に置いてもらえるという歓びの方が大きかった。

「よろしくお願いします」

僕がそう言うとリサ女王様はポーチを手に持ち、浴室へと僕を促した。

pn064_190621_001[1]

「そこの椅子に座って足を広げなさい」

「はい」

リサ女王様は浴室に置いてある椅子を指し座るように言った。僕は素直に従う。

「毛が濃いからまずは切った方が良さそうね」

リサ女王様はポーチからハサミを取り出し、手際よく陰毛を切りはじめた。ジャングルのような陰毛があっという間にサバンナ状態となった。

「これで剃りやすくなったわね」

リサ女王様は続いてポーチからシェービングクリームを取り出した。

シューっとシェービングクリームがリサ女王様の手のひらに取り出される音が浴室内に響く。そして手のひらにこんもりと出された泡は僕の股間に塗りたくられた。クリームの冷たい感触の後に女王様の温かい手の感触が股間全体にじんわりと広がり、少しペニスが反応してしまう。